スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の雑誌 これから国会での真剣な議論が続くのだろうか?

今日本の政治の中で焦点となっているのが、災害の復興財源ですが、これは次世
代に負担を先送りせず、基幹税を中心に臨時増税で確保する事が必要か もしれ
ません。消費税は社会保障財源との関連があるため所得、法人両税をあてる議論
が政府内では進んでいると思います。今、財源規模を見極めたう えで早期に税
種を決め、国民に理解を求める時期になっているのかもしれません。今後、国会
などでは、真剣な議論が続くことを期待したいと思いま す。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
国際ジャーナルとの巡り合い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に政治家の先生たちにはふんばってもらいたいですよね。権力闘争、駆け引きやっている場合じゃないですよね?


ストレス発散の方法、もしよかったら参考にしてください。
http://www.youtube.com/watch?v=r5McGB552Dc
お役に立てなかったら申し訳ないです。

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。