スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルで噂の 復興に対する新しい需要を考える

先日の大震災による停電や交通障害によって節電に関連する商品などの販売は好
調の様です。しかしながら、全体的には東京電力福島第一原子力発電所 の事故
の収束に向けた先行きが不透明なことなどもあって、日本全体の消費は盛り上が
らない状況が続いています。この状況はどのように進んでいくの でしょうか。
今までのデフレ経済とは違って、震災の復興に対する新しい需要が生まれてこな
いと、なかなか回復するのは厳しいのかもしれません。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。