スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 国際化、日本人の食事マナーの非常識

国際化がこれだけ進んでも、外国人と食事を共にしない限りは、なかなか身につかないのが各国固有の食事時のマナーです。ビジネス上は、相手に合わせることは最低限マナーとして必要ですが、パーソナルな立場でも海外旅行の際に周囲からは恥ずかしい目で見られている可能性があります。中国とは、これから、深い付き合いとなっていくでしょう。その中国人の食事時の乾杯のマナーは、グラスを右手で持ち、左手を添えて額まで掲げ、感謝の意を表して全て飲み干すことだと言います。飲み干したグラスは相手に見せることも必要だとか。お酒が飲めない人は、ポーズだけでも真似るのが主催者に対する礼儀となるそうです。
また、日本で行われる逆さ箸は厳禁、手のひらを小皿代わりにすることもいけないようです。更に、主賓より先に料理に手をつけることも駄目だそうです。欧米人とは、乾杯時、日本でよく行うグラス同士を当てることはしないで、目で挨拶して乾杯するようにします。これは映画でよく見るシーンですが、実際の行動では忘れがちになります。また、ナプキンはキレイにたたまないで置いて退席するのがマナーと言います。たたんで退席するのは、料理に不満があった場合ということです。これは特に欧米人の家庭に招かれたら要注意マナーと言えるでしょう。日本人と食事をする外国人がどれほど日本人に気を使っているのかを知る機会に恵まれたことが無いですが、我々、日本人は郷に入れば相手に合わせたマナーで対応したいものです。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社
trip.bulog.jp
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。