スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 原発賠償は国も負担となります

政府が福島原発の問題で、周辺住民に対する損害賠償について、国も負担する方向で
検討に入ったことを発表。



原発事故の際の賠償責任などを定めている、「原子力損害賠償法」に基づき、国が1
200億~2400億円を負担。

また、東京電力の支払い能力を上回る部分についても、国が支援を行う方向で被害額
の算定作業に入ったそう。

今回の被害額は、相当な額に及ぶと思われますし、今すぐではない被害というのも、
今後発生するのではないでしょうか。



しかし、計画停電による営業自粛などで、福島周辺以外でも多大な被害を被っている
はずですが、そちらは損害賠償はやはり適応しないですよね。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。