スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 児童が発案したラムネ

大阪市にある小学校の児童が発案したのが、炭酸飲料の「都島ラムネ」だそうです。
淡いピンク色をしたサクランボ風味だということです。
まだ試作品なのですが、自動は「将来、都島の特産品になればいいな」と夢を抱いて
いるのです。
この発案は、社会人に必要な力を身につけさせるという学校のキャリア教育の一環だ
そうです。6年生の4人が昨年の11月に学校近くにあるラムネ製造販売会社に
「一緒に作ってくれませんか」と手紙を持参したのが現実のものとなったのです。
子供たちにもとても貴重で、将来に役立つ技術が身についたのではないでしょうか。
学校の授業では学べないことが、たくさん学べたかもしれませんね。
このような活動は、本当に大切だと思っています。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報で読み解く
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。