スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 出会いない出会い系サイト

出会い系サイトにはサクラがいるのは常識になっているようです。このサイトは利用料搾取を徹底するために少しシステムを変更したのがいけなかったのでしょうか? ニュースではそこの理由が曖昧で突っ込
み切れておらず中途半端です。このような詐欺に徹した出会い系サイトもあれば、多少のサクラが暗躍するサイトもあります。そして、このようなサイト等で実際に結婚にまで至ったケースも話に聞いたり、実際に自分の周囲にいたりすることを考えると、新聞の使命としてはもう少し、切り口を変えた記事の書き方が望まれます。出会い系サイトは犯罪の温床にもなっているので、良くこんなところで出会って結婚しようと思う気になるのか信じられないと思う人は古い人間なのでしょう。人を見る目があれば、危険な目にも合わずに出会いを楽しめるのかも知れません。そして、それを若者は楽しんでいるかもしれません。古い世代は全くついていけない世界です。その昔は、家出した女性が騙されて転落していったなどと女性の被害者が多かったような気がしますが、最近は、中年女連続殺人疑惑などをはじめ、男性が被害者になるような事件が増えているのは何故でしょう



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

事件研究会(名前検討中

サクラもいるんですね いい世の中に できないのだろうか?

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。