スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 フジテレビが不適切表現で謝罪

毎週日曜の深夜に放送されている情報番組「Mr.サンデー」で、

女性誌の特集については、あらかじめ取材した上で登場してもらった

愛読者であったにもかかわらず、偶然、街頭で見つけたような

演出していたそうです。



それについて不適切だったと、同番組内で司会の宮根誠司さんが

謝罪していましたね。



フジテレビによると、内容は女性誌の付録についての特集だったそうで、

8月8日と9月26日の2回放送、テーマは2回とも同じだが、

取材対象者は別で、それぞれの回で同じように演出をしていたことを認め、

今後の再発防止に努めるそうです。



こんなこと、今回に限ったことではないし、やらせはある程度、マスメディアには

つきものではないでしょうか。

「テレビの内容は、半々で見ておいた方がいい」、と言われたことがあったので、

100パーセント信用してみていません。

特に芸能人同士のやり取りは、特に・・・



しかし、最近の傾向ではマスメディアが報道すると、それを信じてしまう感じが、

その上、マスメディアの意見に、同調しちゃう傾向がないでしょうか。



報道は自由ですが、でも、嘘はいけませんよね。

テレビという巨大なマスメディアは特に、本当のことを伝えて欲しいです。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報への思い
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。