スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 大きなイワシ

小豆島沖で、熱帯・亜熱帯の海に生息する「カライワシ」が見つかったのだそうです。
これは、新聞記事に載っていました。

体長は93センチの大物で、蚊がわけんん水産試験場などによると、県内で確認された
のは初めてなのだそうです。黒潮に乗って流されてきたらしいのです。

地元の漁師さんが、1月8日の朝に、小豆島町の橘漁港の沖合東約2キロで仕掛けていた
刺し網に、カレイなどに交じってかかっているのを見つけたのだそうです。
漁師さんは、最初はスズキだと思ったそうです。が、イワシだったのでびっくりしたとの
ことです。30年漁師をしていて初めて見たようですよ。
そして、塩焼きにして食べたところ、サバのような味がしたそうです。

高松市にある水族館によると、国内では沖縄県付近で生息していて体長1メートルにまで
成長するようです。「カタクチイワシ」をそのまま巨大化させたような形なのですが、
「カライワシ目」に属していて、別に種類になります。市場にはほとんど出回らないのだ
そうです。

この冬の海水温は例年よりも数度高い状態が続いてるようです。そのために、真冬のこの
時期にまで生きていたとみられています。
新聞に載っていた写真を見ると、確かに大きいというイメージがありました。
サバのような味・・・というのですから、おそらく「食べられない」というものでは
なかったようですね。市場には出回らないというのが少し残念ですが、出回ったとしたら
どれくらいの値段がつくのでしょうか・・・。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。