スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 最後の企業説明会

新聞記事に載っていたものなのですが、今年の春卒業予定の大学生の
就職内定率が昨年10月1日現在で57.6パーセントと悪化する中で、
大学4年生と既卒者を対象にした合同企業説明会が、1月16日に
東京の江東区で開かれたそうです。
約1500人もの学生らが詰め掛けたということでした。
その様子は、新聞に写真が載っていました。

主催したのは、東京にある就職情報会社です。この会社によると、今春卒を
対象にした大規模な説明会は今回が最後だそうなのです。
参加した企業は85社だったようですが、85社のブースは立ち見が出るほど
の混雑ぶりだったということでした。

内定ゼロの学生の姿も目立っていて、茨城件から来た4年生の女子大生は、
「今回がラストチャンス。今月中に決まらなかったら就職留年する」という
話を新聞取材でしてくれたようです。
また、ある男子学生は70社受けて全敗中だそうです。「大学まで通わせてくれた
親に申し訳ない気持ち。」という気持ちを新聞取材で話してくれました。
「早く親を安心させたい」と、各ブースを回っていたようです。

国際通信社から発行されている雑誌にも「不景気」に関する雑誌が様々な内容で
載っていましたが、就職も決まらずつらい思いをしている人は大勢います。
この状況を政府はどのように感じ取っているでしょうか。まさか、他人事・・・
ではないですよね。
体調には気をつけて・・・就職活動をされている人、十分に自分をアピールして下さいね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報を再発見
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。