スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 一括交付金が与える影響について

地方行政においては、その財源をどうするかが大きな ポイントではないかと思
います。その点から最近注目しているのが、地方が自由に使える資金を増やす方
法です。いま話題となっている一括交付金 がその役割を果たすのかもしれませ
ん。今後も気になる話題です。政府は2011年度予算案で約5千億円を都道府
県に配分する方針を明確にして います。2012年度からは市町村分約5千億
円を加え総額1兆円規模になるとの事です。これからの動きはどうなっていくの
でしょうか。国際 ジャーナルでも、この一括交付金の背景については解説をし
てほしいところです。この一括交付金に対する自治体の対応も重要だと思いま
す。各自 治体がどのように有効に使い道を考えるかによって、その結果は変
わってくると思います。住民にとっても、より充実した自治を実現してほしいと
考えるのではないでしょうか。これからの議論が必要になると思います。既得権
益に執着する中央省庁の抵抗は根強いものが予想されますから、こ の制度を真
に生かすためには今以上の改善が必要かもしれません。これからの政府の対応を
注目していきたいと思います。地方の活性化にどれだけ のインパクトを与える
のか気になりますね。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
商法総則 by 国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。