スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 ビンラディンは生きている?!

アメリカの9・11テロ以来世界的に有名になった人と言えば、ウサマ・ビンラディンではないでしょうか?国際テロ組織のアルカイダの指導者で、巨額の懸賞金が賭けられているにもかかわらず消息不明に近い状態のウサマ・ビンラディン、人々は密かに、ビンラディンは死んでしまっているのではないだろうかと噂している状態ですよね。ところが、ビンラディンの息子であるオマル・ビンラディンさんは「父はまだ生きてるはず」と述べていると言います!ニュースのインタビューに答えたオマル・ビンラディンさん、インターネット上で発表されるビンラディン容疑者の音声声明は本物だといい、声明は最新情勢について語っていて、父はまだ生きていると話しているのだそう。音声操作ってことは、ないのかな?なんて思ってしまいますが、オマル・ビンラディンさんは本物と指摘している様子。ちなみにビンラディンは19人の子供がいて、オマル・ビンラディンさんはその中の一人であり、2007年にイギリス人女性と結婚したことが騒がれたこともあったそう。オマルさんは2001年にアルカイダの拠点を離れて以来、お父さんとは連絡を取っていないようですが、暴力をやめるなら再開したいと言っているそう。うーむ、本当に生きているのかなあ。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルへの思い
国際ジャーナル オンライン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。