スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 ごみ収集車の火災事故

家庭が出された「ごみ」。このごみは、地域のごみ収集車が回収に来ると思うのですが、
小田原市では、ごみ収集車の火災事故が後を絶たないそうなのです。
新聞記事に載っていたものです。

11月にも1件発生して、本年度は12月9日の時点で4件にも上るそうです。
卓上ガスコンロやライターなど、可燃性の高い危険物が指定された収集日以外に
捨てられていることが原因とみられているようです。
市は、「ごみ出しルール」の徹底を呼びかけているということです。

小田原市によると、2006年から2009年度の火災は年間5~9件とほぼ横ばいで、
11月と1月の発生が目立つそうです。
担当者の話では、寒くなって鍋料理などで卓上ガスコンロを使う機会が増えるためでは・・・
と推測しているようです。
今のところ、火災によるけが人は出ていないということですが、いつ大きな事故に
つながるかわかりません。

カズボンベやスプレー缶などの危険物は、中身を使い切ってから・・・というのがルール
なのではないでしょうか。地域によって分別方法などは異なってくるとは思うのですが、
そのルールのいうのは統一されているように私は感じます。
事故が起きてからでは遅いのです。
ごみ収集車に乗ってごみを収集するのも人間なのです。
命を落とす危険性もあるわけです。ルールをきちんと守ってごみを出す必要がありますね。
私自身もこの記事を読んで「当然のこと」とは思わずに、確認をして捨てるように
心がけるつもりです。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
cyber.sphere.sc
経済情報誌 報道ニッポン 2009年4月号のご案内 | 報道通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。