スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 旨し国

そろそろ鍋が恋しくなってくる季節です。秋冬の我が家の鍋率は1週間に2回くらい。土日家族が揃うと鍋、というパターンです。そういうお家は多いでしょう。何しろ支度が楽(笑)主婦の味方、鍋なのです。でもね~、家族から「また鍋?」と言われるのもまた真なりで、なかなかレパートリーが増えていかないメニューでもあります。定番の水炊き、しゃぶしゃぶ、豆乳鍋、うどんすき、味噌鍋、すき焼き(登場回数は少ない)、キムチ鍋とモツ鍋はまだ子どもが小さいからちょっと敬遠してて・・あと、カレー鍋もやってみましたが、家族には不評でした。そうそう、蒸ししゃぶは結構美味しかったので、今年は頻繁にやりそうです。
個人的に好きなのはチーズフォンデュ。でも絡める具材がマンネリ化してきているなと思って、フォンデュで検索してみたら。。。「焦がし醤油フォンデュ」なるものを発見しました。フォンデュの範疇に入るのかな?とも思いましたが、焦がし醤油・・・かなりそそられますよね?町田の醤油料理店「天忠」のオリジナルメニューで、焦がした醤油をベースにしたソースに肉や魚介、野菜を絡めて食べるのだそうです。〆はもちろんご飯!俵のご飯を絡めて・・ああ それは美味
しそうだなあ~。300年も続く醤油醸造元が開いたお店だけあって、醤油へのこだわりと醤油を使っていかに食材の旨みを引き出すかを追求している感じです。
国際通信社の雑誌は美食・体を中から美しくするための粗食にスポットを当てて、お店の取材をしてますね。こちらのお店なんか正にドンピシャだなと思いますが。
他にも味噌フォンデュや抹茶フォンデュ、伊豆大島では名産の椿油を使った椿フォンデュが名物だそうですよ!椿油でオイルフォンデュって、どんだけ贅沢なんだ!
きっと、フランス語圏でフォンデュを食べている人たちは、こんな風にフォンデュが変身しているなんて思いもしないでしょうね。日本は本当に他国料理を上手くとり入れる旨し国なんだなあと感心してしまいます。自動車や半導体、アニメもいいけど、日本食の美しさと柔軟さを誇りにしてもいいですよね~。





経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。