スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 不況が原因の事件

国際通信社が発行する国際ジャーナルでも「不況」に関しての記事が取り上げられているかと記憶しています。

先日、その不況のあおりを受けた50代男性がとあるスーパーで逮捕されたニュースがありました。
内容は、男性はあるスーパーで小学校5年生の男の子が楽しそうにしていたのを見かけたようです。
すると、男性はその男の子をトイレの個室に閉じこめ、説教をしたそうです。
男の子は怖くなって泣き出したようで、その泣き声を聞いた友達が店員に状況を伝えたそうです。
そして「監禁」の疑いで逮捕されたようなのです。
閉じ込められた男の子に怪我はなかったようです。

テレビからの情報によると、その50代男性は仕事が減ってきてむしゃくしゃしていたようです。
そんな時にスーパー内で子供が楽しそうにしているところを見かけて「腹がだった」という供述
をしているそうなのです。テレビでそのスーパーが映っていましたが、大きな建物で名の知れた
スーパーなのです。そのような大きなスーパーへ行けば子供は楽しそうにするでしょう。

それを見かけただけで事件を起こすとは・・・と思うと正直私は呆れてしまいました。


しかし、この「不況」が原因で数多くの事件が発生しています。テレビニュースで頻繁に見かける
のは「仕事がなく、金に困った」という内容です。
「不況」でなくとも、強盗事件などは多発しているでしょう。ただ「仕事がなくイライラしていた」
「仕事が減って、思うようにいかずにイライラした」などの理由で何の罪もない、また顔見知りで
もない「誰でもよかった」という人の命を奪ったり、重傷を負わせたりする事件が増えている
ように私は思うのです。

なんと恐ろしい国になってしまったのでしょう。「不況」でなくとも、ちょっとしたことから
殺人につながる場合もあるでしょう。
「安心して外を歩けない」と思っている方も少なくはないのではないでしょうか。
私も表には出しませんが、「何があるかわからない」と思っているうちの1人です。
まして子供を連れて外出することが多いので、安心できる国になってもらいたいものです。



国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。