スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 正念場が続く菅内閣の行方



選挙が終わって菅内閣の政策についてもこれから注目していきたいところです。
この内閣によって、ど のような政策が実現されるのか、国民にとっても興味深
いものがあります。政治主導による政策決定への取り組みは今後どうなっていく
ので しょうか。これからまた以前の様な官僚頼みの政治に戻るのではないかと
いう心配がちょっとあります。例えば、昨年9月に内閣官房に新設し た国家戦
略室の権限が大幅に縮小されています。このような政策については国際ジャーナ
ルでも分析をしっかり行って欲しいところです。菅直 人首相の考え方はどのよ
うになっているのでしょうか。各省にまたがる政策の総合調整という役割は少し
後退しているのかもしれません。今後 は中長期のビジョンなどを練る組織にな
るという報道がありまs。予算編成や税財政改革をめぐる調整など、これからの
政権運営にとって非常 に重要なものがあります。内閣として、早急に体制作り
をしていく必要があると言えるでしょう。政治家によって具体的な成果を出して
いくた めには、まだまだ時間がかかりそうです。官僚との関係についても、こ
れからの再構築が必要になってくると思います。菅内閣にとっては正念 場が続
くところではないかと思います。




keiba.bulog.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。