スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 一般家庭でとりくむ環境への対応



これからの日本では環境というテーマが重要になって きている気がします。こ
の環境については、企業だけではなくて一般家庭でも気にすることが必要です。
特に太陽光発電を一般家庭で導入すること が、これからの日本にとっては、新
しい産業を生み出すことにつながるかもしれません。まだまだ高価な太陽光発電
の仕組みですが、価格が安くな れば、もっと普及していくのでしょうか。一般
家庭に対する太陽光発電の動向については、国際ジャーナルでも深く取り上げて
もらいたいところで す。実際のところ、再生可能エネルギーである太陽光を直
接電気に変換し、発電時に全くCO2を排出しない、という仕組みは、とても環境
にやさしい発電方法ではないかと感じます。 家庭で電気を作るので、必然的に
購入する電気の量は少なくなり、光熱費を低く抑えることができます。まさに新
しい時代の新しい発電システムで はないかと思います。菅内閣も環境を新しい
成長産業としてとらえていると思いますから、これからは太陽光発電をより一般
的に見る機会がふえて くるのではないかと思います。資源の少ない日本にとっ
て、ちょっと楽しみなテーマではないかと思います。これからも環境の動向につ
いては注目 していきたいと思います。




cars.ebb.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。