スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 日本の財政再建は実現可能なのか?

このところ、日本の財政再建についてはかなり注目を集めています。これからの
日本にとって財政再建は大きなテーマになってきているのかもしれません。国際
ジャーナルでも、この点については検討をしてほしいところです。財政健全化の
目標については世界的にどのようになっているのでしょうか。最近はギリシャで
の話題がニュースになっていますが、米欧諸国では、遅くとも3年後をメドに財
政赤字の比率をほぼ半減させる目標を掲げているそうです。これは実現可能な数
字なのでしょうか。金融危機による一時的な歳出増を減らせる米欧と日本の事情
は違うのでしょうか。日本でも消費税の税率アップが急に話題になってきまし
た。今まで日本は高水準の個人貯蓄で国債を円滑に消化してきましたが、この条
件が将来も続くかは誰にもわかりません。今の時点で債務残高がどんどんと10年
も増え続ける計画では、ちょっとあぶないのかもしれません。名目成長率が平均
1%台後半ですから、それほど大きな成長は望めません。高齢化に伴う社会保障
関係費の増加以外は政策的経費を抑制したとしても、10年後に大きく財源が足
りなくなるという計算もあります。どのように財政を立て直していくのか、これ
からの焦点になっていくと思います。




国際ジャーナル文芸批評
ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。