スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 取材を受ける。

店を始めてから取材を受けることが多くなる。それまでは経験したことのないことであるから、緊張もするし、気も使う。しかし、多くのライターさんやカメラマンさんと接するうちに、いろいろなこともわかってくる。結構いい加減に書いているんだなぁと思うこともあったりする。逆にとても店に興味を持ってくださって、あれこれ聞いてくださる方も多い。全然違う話をしていた、ということもよくあることだ。それもまた出会いで、とても楽しい。
取材、というとなんだか気構えてしまうが、大切なのは店を愛する気持ちと人とのご縁を大切にすることだということに最近気づいた。社会人としては当たり前のことであるが、取材に来てくださった方にもお客様と同様のおもてなしをする。また、取材を終えたあとにきちんとお礼状などで感謝の気持ちを伝えること。
同じように自営業をしている人に聞くと、私の店はとても取材が多いそうだ。なぜかと聞かれたこともある。しかし私はただ普通におもてなしをしただけだと思っているので、返答のしようがなかった。まぁ、かといって、それがすぐに集客に繋がるとも限らず、相変わらずきつきつの生活ではあるのだが・・・。
雑誌などに出ることによって、少しでも人の心に残り、いつか機会があれば寄ってみようと思っていただけることを願ってやまない。取材の依頼があるたびに、そう思う。

nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。