スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 偽2000円札で逮捕された男性

愛知県警は、同じ愛知県に住む無職の73歳男性を偽造通貨行使の疑いで緊急逮捕し、
4月23日に名古屋地検豊橋支部に送検したそうです。これは新聞で取り上げられていました。

警察の発表によると、この73歳容疑者は4月15日の午後6時過ぎ、愛知県豊川市の服仕立て業の
65歳女性方で、偽造した2000円札を5枚渡して、1万円に両替した疑いがあるということです。

調べに対して、男性容疑者は「自宅のパソコンのプリンターで作った。生活費が欲しかった」
などと容疑を認めているといいます。

男性容疑者は逮捕時に、偽2000円札約40枚を所持していたほか、自宅からも70枚~80枚が見つ
かったそうです。愛知県豊橋、豊川、そして岡崎市では今年の2月頃から、20数件、約40枚の
偽2000円札が見つかっていて、県警が関連を調べているということです。

この記事を読んで私は思ったのですが、2000円札をここ何年も見ていないのです。みなさんの
財布の中には2000円札が入っているでしょうか。ちなみに、私は見かけていないので入って
いません。
何年前にこの2000円札が発行されたでしょうか・・・。果たして、この2000円札は必要だった
のか、今でも疑問に思います。確か、「世の中には1980円で販売されている商品が多い。1000
円札を2枚出すよりは、2000円札があれば便利」ということを聞いたことがあるのです。
発行された当初は財布の中にも入っていたのですが、店頭で2000円札を出した時に店員に嫌な
顔をされた記憶があります。1000円以下の買い物を2000円札でやったのだと思います。
2000円札を出す私も、なぜか申し訳ない気持ちになりました。その2000円札を偽造する今回
のニュース、なぜか面白く感じました。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社
dragon.bex.jp ocn.ne.jp/~y.seikou/mass_com/... 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナル 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際ジャーナルの求人 国際通信社の国際ジャーナル 国際ジャーナルで掲載 報道通信社|芸能界にも新型インフルエンザが・・・ 国際ジャーナルの掲載企業 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報のグラビア雑誌 報道ニッポンの詐欺に関する記事 : 報道ニッポン 2010年手帳
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。