スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 国会議事堂で禁煙

衆議院が禁煙対策で重い腰をあげたようです。

4月13日の議員運営委員会理事会で、参観者が通る国会議事堂2、3階の廊下部分を来週から
全面禁煙にすると決めたということです。本会議場の出入り口などに置かれた灰皿は撤去
されるということです。

厚生労働省が2月に、不特定多数が使う施設の原則禁煙化を都道府県などに通知したことを
受けた措置のようです。ただ、1階の喫煙スペースや議員食堂の喫煙席はそのままの状態だ
そうで、衆議院事務局は「愛煙家の議員もいる中で、全面禁煙の流れに向けた大きな一歩」
と理解を求めています。

衆参両院とも本会議場は以前から禁煙になっています。参議院はさらに、分煙スペースを
議事堂内に設けるなどの対応をとっていて、衆議院の取り組みが遅れていたといいます。

ここ最近、「禁煙」に関するニュースがテレビや新聞で取り上げられています。
今まで喫煙ができていた場所で、「全面禁煙」という規則を作るところが増えています。
たばこを吸わない人にとっては、たばこの煙が不愉快だという意見もあります。
ですが、愛煙家にとっては本当に肩身の狭い状況になってきました。
今、禁煙する人が増えてきているようです。健康のためでもあり、節約のためでもあり、
理由は様々だと思います。このように言っていますが、実は私も愛煙家です。
ですが、雑誌「現代画報」でも取り上げられていた「不景気」の影響を受け、家計が厳しく
なってきました。いよいよ、私も禁煙しなければならないのです。


国際ジャーナルで扱う詐欺問題
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社 報道通信社 就活、安定志向 - 報道ニッポンの塞翁が馬 報道通信社 現代画報 国際ジャーナル 国際通信社の国際ジャーナル 企業・団体・教育機関向けフラダンス出張レッスン・教室のご案内ビジネス ... 現代画報は現代画報社から出版されています セラミック印刷のことなら - こめや陶堂 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報のグラビア雑誌 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルの掲載企業 wiki
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。