スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 脱ガソリンが合言葉となってきた自動車産業






これからの環境問題や、日本の経済発展については、自動車産
業がいまだ鍵を握っています。ピーク時に比べると、200万近くも販売台数が減少している日本の自動車産業ですが、まだまだ、日本を支える基幹産業です。
また、従来のガソリン車から、電気自動車へのシフトのスピードは、CO2の25%
減を打ち出した、鳩山政権の目標達成のみならず、世界の温暖化防止という事に対しても、その重要性があると言えます。報道ニッポンなどでも、自動車産業に
ついてはよく話題になっていますが、これからの日本の自動車メーカーの行方を知る上で、先日開催となったモーターショウは、とても情報にあふれているので
はないでしょうか。今回のモーターショウには、主要な海外のメーカーは参加していません。これは、自動車の生産台数世界第一位となった中国が、影響してい
ると思います。一方、参加している日本メーカーの目玉は、やはり電気自動車などのエコ・カーです。アメリカの3大自動車メーカーが凋落を始めた中で、「脱
ガソリン」というキーワードは、これからの自動車産業の行方を表す、象徴的な言葉になっています。ちょうど石炭から石油へのエネルギー転換が世界を大きく
動かした様に、脱ガソリンも新しい世界の始まりになるかもしれません。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




国際ジャーナルの取材 報道ニッポンの取材 現代画報の取材 国際通信社の取材 報道通信社の取材 現代画報社の取材 リフォーム
国際ジャーナルの取材 報道ニッポンの取材 現代画報の取材 国際通信社の取材 報道通信社の取材 現代画報社の取材 リフォーム
国際ジャーナルの取材
報道ニッポンの取材
現代画報の取材
国際通信社の取材
報道通信社の取材
現代画報社の取材
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。