スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛読書、国際ジャーナルで考える

妊娠している方の未検診問題が深刻化している中、
報道画報(国際通信社発行)は、検診の大切さを伝えている。

医療技術の目覚しい進歩によって今や出産は安全だという
認識が多くの人の中であるとおもうが、実は安全とは言い切れない。
それは、医療技術云々の話ではなく、母胎や胎児がどのような状況か
ということやアレルギーなどを持っているか持っていないかは
一人一人違い、それに適応した処置をしていかないといけないのである。

どんなに医療が発達していようと、施すべき処置を施していなければ
危険な状態になりうる。そのために妊婦は妊娠期間中に何度も検診に
訪れなければならないのだ。妊娠期間は約10月10日といわれているが、
生まれてきた子供は60年70年80年と生きる。子供を生んだ母親も、子供と共に40年50年60年と生きる。
子供が何かしらの障害や、もしくは無事に生まれてこないなどといった被害を受けないためにも母は検診が必要なのだ。

安全な出産は検診があってこそ行なわれるものだということを
理解しなければならない。国際ジャーナル「学びの現場から」
国際ジャーナル誌(株式会社 国際通信社:発行)コンテンツ「学びの現場から」では、子供の幼児教育から、趣味の世界を楽しむスクール、伝統文化の伝承活動などさまざまな“学び”についてが紹介されています。

最近は、個別指導型塾が主流になりつつある、学校外教育の現場ですが、やはり“教える”立場が増えることにより懸念されるのが、教育者一人一人の人間性と学力レベルです。学びの現場(教育者と生徒)にもまた、一人として同じ人はいないだけに、平均的一般的な水準を保つことは難しいと思います。

そうなったとき、最も大切なのは団体としての理念や方針ではないかと思います。教育現場だけにいえることではないですが、組織や団体の中では、親を見て育つ子のようにトップが与える影響は大変大きく重要です。

そういった重要ポジションにいる人物の紹介ともいえる「学びの現場から」に登場する学びの世界のトップは、常に皆目標や夢がありとても輝いています。あといくつ寝るとお正月?
早くも今年の紅白歌合戦の出演者が発表されました。
このニュースを聞くと毎年、あ、もうそんな季節かと驚きます。
まだまだ秋を楽しみ始めたばかりだと思っていましたが、
気づけばクリスマスまであともう少し。
早く年賀状を書かなければ元旦の朝に挨拶ができない羽目になってしまいます。

こうして毎年そわそわとしながら慌しく新年をむかえているので、そろそろのんびりとお正月を迎えたいものだなと思っています。

テレビやネットから、詐欺や殺人や強姦の事件よりも、年賀状やお正月の特別番組、紅白歌合戦や初詣などの季節の話題が多くなる時期はとてもほっとします。どうか、今年もあと少し、こうしたたわいもないニュースや報道ばかりが耳にとどきますように。

国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報
報道ニッポン/報道通信社
国際通信社
国際通信社
現代通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。