スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話で取材 国際ジャーナル 原発事故の工程表の見直しについて

福島原発の状況は未だ解決への道が見えてきませんが、東電が原発事故の収束に
向けた工程表を見直すのに合わせて、菅政権も、そのロードマップの見 通しを
国内外に示す事が重要です。今後は、被災者や事業者への支援が政権の工程表通
りに進むかどうかが焦点になると思います。原発については、日 本としても重
要なエネルギー源として推進してきましたが、これからの舵取りについては、改
めてその道筋を考えていく必要があるかもしれません。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルで扱う詐欺問題
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
スポンサーサイト

ザヒューマンのテレビ取材 避難地域の経済を考えると

震災による原発事故の影響を受けて全域が計画的避難区域になった福島県飯舘村
は大変な状況だと思います。ここで営業している比較的放射線量の低い 場所に
ある一部の会社などでは、今後の先行きに関して不安なところがあったと思いま
すが、避難の期限以降も、この区域に入って事業を続けることが 特別に認めら
れています。これによって、ある程度事業を継続することが可能となりました
が、原発事故の先行きを含めて楽観はできないと思います。





国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで読み解く

国際通信社 報道通信社 報道ニッポンとは 日本として資源政策を見直す時期かもしれない

これまでの日本において原子力政策は、資源の乏しい国が国策として進めてきた
ものであったと思います。その点から考えると、今回の原発事故による 被災者
は、いわば国策による被害者だと言えます。復興までの道のりが仮に長いもので
あったとしても、最後の最後まで国が前面に立ち、責任を持って 対応するのは
当然ではないかと感じます。菅内閣としては、賠償を東京電力任せではなく、国
として最後まで責任を持って対応して欲しいところです。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで読み解く

ビジネスマンの必須アイテム国際通信社の国際ジャーナル 文房具が被災地へ

「お気に入りの鉛筆や消しゴム、ノートを被災地の子供たちに使ってほしい」と、
小中学生の思いがぎっしり詰まった学用品が大阪府豊中市の学校から、宮城県、
福島県の学校に届けられたそうです。
市内の約50小中学校が協力して、各地から寄せられたのはアニメキャラクターの
書かれたノートや香りつきの消しゴムなどダンボール138箱分だということです。
やはり子供たちが欲しいものは、子供たちが一番よく知っているのですね。
「震災」に関する記事が以前、雑誌「現代画報」にも載っていたように思いますが、
自分の身にいつ降りかかるかわからない震災。大変な思いをしている地域に協力
するのは当然かもしれませんが、それを利用した悪質な犯罪が起きていることは
許せない話です。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
ぱんだの国際ジャーナル
報道ニッポン―草花からのシグナル・報道通信社

ビジネスシーンにザ・ヒューマン さすまたで刃物男を撃退

最近すごいなって思ったニュースが、5月17日の茨城で起きた刃物男に高校の先生が「さすまた」を使って撃退に成功したって記事です!なんでも、県立水戸第三高校の体育館に、刃物男が侵入し、110番通報をしてから、「刺股(さすまた)」を持った教員が取り囲んで威嚇したのだそう。そこに水戸署員が駆けつけ、建造物侵入と銃刀法違反容疑で住所不定、無職の男(60)を現行犯逮捕することになったんだそうですよ。ちなみにこの男の人は、精神がちょっとおかしい人みたいですが。。。あっぱれ!先生!!

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社
trip.bulog.jp

ビジネスに必須アイテム 国際ジャーナル サラリーマン川柳

今年も開催されたサラリーマン川柳、みなさんご覧になりましたかっ!?ググってみると、すぐに見ることができますが、中でもトップ10の川柳は本当に噴き出して笑ってしまうようなものが多かったですよ!私的には、「クレームも、社員じゃわからんパート出せ」「指舐めて、ページをめくる、ipad」が笑えました!

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年4月号のご案内 | 報道通信社
飛躍!報道通信社の日記

月刊誌国際ジャーナル 上原美優さんの葬儀・告別式

5月12日に自殺した上原美優さんの葬儀・告別式が5月15日に故郷の鹿児島県
種子島の葬祭場で営まれたそうです。テレビや新聞でも取り上げられていました。
喪主を務めたお父さんをはじめ、親族や友人の人々はとても悲しんだことでしょう。
上原さんからの最後の言葉が「お父さん早く寝なよ。おやすみ」だったそうです。
とてもつらいニュースで私も悲しくなりました。
上原さんの遺骨は、最愛のお母さんが眠る島内の墓地に納められるそうです。
上原さんの報道は、多くの人が大変驚いたのではないでしょうか。
テレビではとても素敵な笑顔で、また悔し涙を流す場面も見たことがありますが、
頑張っている姿を見て、私も勇気や元気をもらっていました。
本当に残念でなりません。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
続 国際通信社のブログ旅
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社

報道ニッポンから取材? お笑い芸人が仏教講座を

昨年のM-1グランプリを制したお笑いコンビ・笑い飯の哲夫さんが、芸能人史上
初めて東京大学で講義を行うことが5月16日に分かったそうです。
これはテレビや新聞でも報じられていました。
5月28日に東京都内のキャンパスで行われる「東京大学仏教青年会」主催の
「笑い飯・哲夫のおもしろ仏教講座」に登場するそうなのです。そして1時間講義を
行うということなのです。
仏教のことは私は詳しく分かりませんが、哲夫さんがどのような講座を開くのか
とても興味があります。笑いを交えた講座になるのでしょうか。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポンで楽しむ
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際ジャーナルの投稿サイト

ザヒューマン・バンド 班目委員長、格納容器破裂の可能性認識

原子力安全委員会の班目春樹委員長が、3月12日に菅直人首相と一緒に

福島第1原発を視察する前、すでに格納容器が破裂する可能性があると

認識していて、それを首相に助言していたそうです。

視察直後、午後におこった1号機での水素爆発については、視察前には

助言していないと・・・

助言したとか、助言しないとか、責任逃れですか?



最後に、もう少し早くにベントを実施していれば、ここまでの事態は

防げたと指摘。

指摘するならば、実行すればよかったのではないでしょうか。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
lua.weblog.am
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年2月号のご案内 | 現代画報社

月刊 国際ジャーナルで 震災後の住宅選びは、地盤 

東日本大震災後の影響でしょうか。

液状化現象を起こした東京湾岸エリアに代わり、武蔵野周辺や、国立市、国分寺市、

そして埼玉県新座市などのの住宅地が注目を集めはじめたそうで、また、マンション

であれば高層階より低層階、停電に弱いオール電化住宅が敬遠、職場から徒歩圏内
と、

震災時の生活を想定したという住宅選びが広がっているそうです。



どこでも災害はありえるとは思いますが、埋立地はやはり埋め立てでできた土地。

そこに高層マンションの建設はいかがなものでしょうか・・・


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
商法総則 by 国際ジャーナル

国際通信社の国際ジャーナルにて 児玉清さんがしばらくお休み

新聞に載っていた記事なのですが、体調不良で長寿クイズ番組「パネルクイズ
アタック25」の収録を休んでいた児玉清さんの番組への復帰が当面先送りと
なったのだそうです。
番組を制作するテレビ局の話では、5月12日に収録が予定されていたそうですが、
児玉さんの事務所から「しばらく休みたい」と連絡があったそうなのです。
以前からテレビや新聞などで体調が悪いということでお休みされているということ
は知っていました。まだ体調がすぐれないのかもしれませんね。
ゆっくり療養して、また元気に復帰していただきたいと思います。
「アタック25」の番組には児玉清さんなくては始まらないと思っています。
多くの人がそう思っているのではないでしょうか。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
partner.sphere.sc
経済情報誌 報道ニッポン 2009年2月号のご案内 | 報道通信社

国際ジャーナルから 6億円強奪、犯行わずか20分

東京都立川市の警備会社「日月警備保障」立川営業所から、約6億400万円が

奪われた強盗傷害事件。



毎週木曜日は現金の輸送量が多い、輸送前は多額の現金が保管されていたそうです。

また、犯行がわずか20分間でおこなわれたことから、内部事情に詳しい人物が

事件に関与している疑いもあるとみて調べています。



「日月警備保障」は、2003年と2008年も、現金輸送車から多額の現金が盗

まれる事件が起きている。
侵入した窓の鍵が、半年ほど前から壊れた状態であるとも、報道されています。

何度も現金が盗まれるのには、会社の危機管理が少ないのも原因ではないでしょう
か。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
bus.gob.jp
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社

国際ジャーナルから 余暇に関する情報の活用法

これから余暇を利用して旅行に行く場合、海外旅行にばかり目が行きがちかもし
れませんが、実は日本にも魅力的な観光地がたくさんあるのではないかと思いま
す。現代画報などでも、日本各地の魅力的な観光スポットの記事を読んだ記憶が
あります。ゴールデンウィークや夏休みなど、国内旅行を考えてみるのもいいア
イデアではないかと思います。また、スポーツや山登りなどを目的とした観光も
増えている様です。いままであまりスポーツをしたことがない人も、軽くウォー
ミングアップするつもりで、そのような余暇を過ごしてみてはどうでしょうか。
よく読んでいる日経新聞でも、観光や余暇について掲載された記事がたくさんあ
ります。そこに紹介されている記事から、自分にとって役に立つ情報をピック
アップしていくのは、とても愉しい作業だと思います。記事を読むときには、そ
の都度、まず自分の知っている情報を関連つけて考えてみるのがいいと思いま
す。自分がいままで体験した余暇の過ごし方などを下に、新しい情報を吸収して
いくのが、面白いのではないかと感じます。日本全国には様々なすばらしい場所
がありますから、ぜひともそのような場所で楽しい時間を過ごして活きたいとこ
ろですね。







国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
iceland.bex.jp

報道通信社 話題にあげるべき!ダンプ運転手募集、じつは原発で労働だったウソの求人発覚

大阪西成区のあいりん地区で東日本大震災後、宮城県での運転手の求人に

応募した男性が、福島第1原発での労働を強いられていました。

「宮城県女川町、10トンダンプ運転手、日当1万2000円、30日間」



業者からの依頼された財団法人「西成労働福祉センター」は3月17日ごろ、

この内容で求人情報を掲示。

そして採用された男性は東北に向かいましたが、実際は福島第1原発付近での

防護服を身に付けたがれき撤去作業。



東京電力は、なにをしているのでしょうか・・・

そしてこの件を、知らないとはいい訳もできないだろう。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
iceland.bex.jp

報道通信社 母の日を前にベストマザー賞受賞発表

第4回ベストマザー賞の授賞式が行われ、歌手部門では今井美樹さんが選ばれ、

芸能部門で女優の石田ひかりさんら4人が選ばれました。



この賞は、母親たちのあこがれや目標となる人を表彰するもので、日本マザーズ協会


全国で開催した子育て応援イベントでのアンケートや、インターネット投票で各部門


受賞者を決定するそうです。

す。

そういえば昨年、仕分けで一躍時の人となった人、政治部門から民主党の蓮舫参議院
議員

が受賞していましたよ!


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社を読む、続・取材
国際通信社

国際通信社の国際ジャーナルとは スーパーマン、アメリカ市民権放棄?!

アメコミの元祖スーパーヒーローといえば、スーパーマンではないでしょうか?実写版の映画を小さいころに見た、という方も多くいらっしゃるのではないかと思いますが、そんなアメリカを代表するスーパーマンが、なんとアクション・コミックというコミック誌の最新号で、アメリカの市民権を放棄するのだとか!アメリカ人じゃなくなるってこと?!アメリカの市民権自体をよく理解していないとわかりませんが、とりあえずスーパーマンの最新号の行方が気になりますよね。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社
gourmet.gob.jp

報道通信社とは オセロが妊娠

オセロの松嶋尚美さんが、どうやら妊娠発覚のようです。本人が、結婚して3年目にして待望の第1子を妊娠中ということを明らかにしたそうです。松嶋さんの旦那様は、ロックバンド「MARSAS SOUND MACHINE」のボーカルの方。ちなみに今松嶋さんは、医者から5月下旬まで安静が必要と診断されたそうで、体調が安定するまで休養するのだとか。そりゃあ第1子だし、大事に越したことはないかもしれませんよね。けれどきっと頭の中は、ベビー服やらかわいい赤ちゃんのイメージでいっぱいなのでは?!

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報を再発見
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

報道通信社とは 斎藤投手が勝ち投手に

高校野球の頃から注目を集めていたのが、日本ハムの斎藤佑樹投手。
日本ハムに入団する際にも多くのマスコミが集まり、テレビでもかなりの時間を
使って報道されていました。
この斎藤投手が4月17日にロッテ戦に先発でプロ初登板しました。
5回を投げて、6安打4失点で勝ち投手になったのです。今年の新人投手では
白星1番乗りだそうです。
斎藤投手の勝ち投手のニュースで多くの人が喜んだことでしょう。
野球に興味がないという人でも、斎藤投手のファンだという人も多いそうです。
今後の斎藤投手の活躍、ますます期待されますね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年2月号のご案内 | 国際通信社
ponyo.cute.bz

報道通信社とは 全国ワースト2位

新聞に載っていた記事ですが、大阪府警や大阪府などでつくる府交通対策協議会は
4月18日に「交通死亡事故多発警報」を発令したそうです。
1月1日から4月15日の死者が65人だということで、この数字は前年と比べて
14人増えているのだそうです。これは全国ワースト2位だということです。
4月だけでも12人に上っているということです。
警報発令は1月に続いて今年で2回目なのです。年2回に発令するのは初めてだそ
うです。大阪府警は「異例の事態」と危機感を強めているようです。
自転車や車でも無茶な運転をする人が目立ちます。歩行者にもいえることだと
思います。「ワースト」という言葉が使われると、やはり残念な気持ちになりますね。
お互い気をつけながら行動しなくてはならないのではないでしょうか。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道ニッポンとの出会い
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト

国際通信社の国際ジャーナル 今回の大震災に対する菅首相の対応

民主党内部からは、今回の大震災に対する菅首相の対応について批判する声が上
がっています。これは鳩山前首相や小沢元代表からの声の様ですが、民 主党内
部の状況はどうなっているのでしょうか。正直なところ、党内で一致団結して、
今回の国難とも言える災害に対して取り組んで欲しいと思いま す。党内におけ
る派閥争いが国民の幻滅を買っているという事に、民主党内部の政治家は気がつ
いたほうがいいのではないかと、正直なところ思いま す。



「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am

ザ・ヒューマンで読む経済 原発のコストと安全性

これからの日本においては、エネルギーの問題が大きな焦点となりそうです。福
島の原発事故によって、日本だけでなく、世界中で原発に対する再評価 が行わ
れています。原子力発電のコストは、他の発電方法に比べると安くなっていると
言われていますが、今回の様にひとたび事故が発生すると、その コストは莫大
なものに膨れ上がることがわかってしまいました。また、安全性についても完璧
ではなかったというところから、これからどうなっていく のでしょうか。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く

ザ・ヒューマンで読む経済 受験戦争とネット社会

最近日本で話題になったカンニングのニュースですが、お隣の韓国では2004
年に、日本の大学入試センター試験に当たる大学修学能力試験で、携帯 電話の
メールを使った大規模な不正受験が発覚しています。日本と同じ様に韓国でも大
きな問題になったそうです。現代では、高校生でも携帯電話を持 つことは当た
り前です。ネットの利用も特別ではありません。韓国と同じように受験競争が激
しい日本で同様の問題が起きてしまったということでしょ うか。




国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト
国際ジャーナルからの誘惑
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。