スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社の報道ニッポンで経済を読む 中国の政策を決定する全人代の行方

中国の政策を決定する全人代に注目しています。中国のこれからの民主化が始ま
るのでしょうか。東アジアの安定にむけて、中国の政治の安定が重要で す。中
国の国会にあたる全国人民代表大会の行方については、これからも分析してみた
いところです。最近中東や北アフリカで起きている民主化の波で すが、中国に
も及ぶ可能性がありそうです。そのため中国当局では厳戒態勢を敷いています。
昔の天安門事件の様に、民主化を求める動きが始まるかも しれません。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
tigers.ebb.jp
今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して
スポンサーサイト

報道通信社の報道ニッポンで経済を読む 保安院が核燃料溶融認める

昨日18日、経済産業省原子力安全保安院が、福島第1原発の1~3号機は核燃料の溶融
を認めました。

しかし、3月12日の時点で、中村審議官は炉心溶融が起きている可能性が高いと示唆
しています。

ところがその会見を受け、菅首相と枝野官房長官は「国民に不安を与えた」と、中村
審議官を更迭しました。

今、記者会見で毎日のように見かける西山審議官は、東大法学部卒ときいていますの
で、専門性は極めて薄い方。

やはり記者会見は、経験や知識のある中村審議官での対応をお願いします。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報
ますだの現代画報

報道通信社の報道ニッポンで経済を読む 国民の視点で打開の方策を探すべき

政局の迷走によって、2011年度予算案の執行に不可欠な関連法案の年度内成
立が厳しい状況になっています。今度の見通しもわからないのは、正直 なとこ
ろ困ります。民主党としては、これからの政権運営をどのように考えているのえ
でしょうか。衆院で可決された11年度予算は自然成立します が、関連法案に
めどが立たなければ国民生活に打撃が及ぶ事になるでしょう。自民党などの野党
側は、修正協議に応じないと報道されていますが、与野 党では国民の視点で打
開の方策を探ってほしいところです。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社
finance.awe.jp

月刊誌ザヒューマン 石原知事の4選について

統一地方選挙ですが、自粛ムードも手伝って論戦が低調になった印象がありま
す。正直なところ、投票率の低下も現実となりました。候補者の主張も有 権者
にしっかりと伝っていなかったかもしれません。話題となったのが東京都の知事
選挙です。東京都知事選は候補者の顔ぶれが二転三転していまし た。首都であ
る東京の知事選びですから知名度や人気ではなく、その実力を重要視してほしい
ところです。石原知事の4選という結果になりましたが、 今後の行方に注目です。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
trip.coresv.net
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年10月号のご案内 | 国際通信社

国際通信社の国際ジャーナル(月刊誌) 全日本男子バレーボールのコーチ

新聞に載っていた記事なのですが、日本バレーボール協会が4月8日に全日本男子
のコーチに元代表選手の中垣内祐一さんが就任すると発表したそうです。
中垣内さんは全日本のエースとして、1992年にバルセロナオリンピックに出場
した6位入賞という素晴らしい成績を残しています。
中垣内さんの現役時代の姿が、今もまだ記憶にあるという人も多いでしょう。
私もそのうちの1人です。ですから現役を引退すると発表した際にはとても驚き
ました。現役を引退したのが2004年だということです。
エースの中垣内さんが、再び全日本男子の舞台に戻ってきましたね。
選手とは違う立場になると思いますが、どうか多くの人の心に残る試合をして
いただきたいと願っています。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報
現代画報

国際通信社の国際ジャーナル(月刊誌) 石原都知事、自販機にパチ屋の話題発言

東京都石原都知事の”自動販売機撤去やパチンコ屋は要らない”と言った、

発言が大きな話題となっていますね。



どちらも必要がないと言えば、必要ありません。



営業している店の前や中に自動販売機は必要を感じませんので、

店がないなどの施設等、必要なところにだけ設置されればいいと思います。



パチンコ屋、商品を換金できるというシステムは、違法ですよね?

パチンコ会社で換金できないから、外に店を作って換金させているはず。

パチンコを経営するのは構いませんが、違法ギャンブルともいわれている

部分は、法律で禁止にするべきです。



国が動かないのであれば、国民が動けばいい!

自動販売機で物を買わない、パチンコ屋にいかない。

そうすれば一目了然ではないでしょうか・・・


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
国際ジャーナルからの誘惑

報道通信社・報道・ザ・ヒューマン 小学生にランドセル

新聞に載っていた記事なのですが、東日本大震災の被災地にと、イオンが
義援金として30億円を贈るそうです。
イオングループで拠出した25億円を自治体の対策本部に届けるほかに、
役員が賞与を減額するなどして集めた5億円を被災した従業員の生活支援に
充てるそうです。これとは別に、イオン店頭などで行っている募金があり
今後も続けるということです。また、被災地の小学生にランドセルを1万2000個
贈るということです。
4月から小学校入学で、すでに新しいランドセルを買って楽しみにしていた子供も
いるでしょう。あっという間に津波に流された・・・という声をテレビでも聞いた
ことがあります。様々なところから送られる物資が、ちゃんと被災されたみなさん全員
に届くことを祈っています。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルとの巡り合い
ベンチャージャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

報道通信社・報道・ザ・ヒューマン 上野動物園のジャイアントパンダ

4月1日に上野動物園で、ジャイアントパンダの「リーリー」と「シンシン」の
一般公開が始まりました。当日は約2000人が開園前から並んでいたそうです。
東日本大震災の被災者は4月10日まで無料で入園ができるそうです。
開園から1時間くらいで約300人の被災者が訪れたのだそうです。
被災者からは「元気づけられた」「また明日から頑張りたい」などと明るい声が
聞こえたそうです。国際通信社から発行されている雑誌にも「動物」に関する記事が
載っているように思うのですが、動物というのは人の心を癒すものなのですね。
今回、地震の影響を受けていないという人もパンダのほんの少しのしぐさにも
顔がほころんだのではないでしょうか。
これからも多くの人を楽しませて、そして心を癒してほしいですね。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン再発見
国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社

報道通信社・報道・ザ・ヒューマン テレビの取材。

 先日初めてテレビの取材をうけることになった。一人で営業している店だし、テレビの反響がどれほどあるのかわからないので、とても不安だったし、自分の店にそこまでの自信もない。初めはお断りさせていただこうかと思ったのだが、ディレクターさんが店に来てくださって、細かく取材してくださった。ただ売れるものを出すのではなく、私の紅茶に対する気持ちなども細かく聞いてくださって、こだわりも話させていただけた。それだけで嬉しくて、喜んで取材をお受けすることにした。
 取材の当日。なんとなくテレビというのは冷たい印象があって、売り上げだけを重視しているようなイメージがあった。しかし、スタッフのみなさまもリポーターの方も優しくて、とても気を使ってくださって、一緒に仕事をさせていただけて、幸せな気持ちにさせていただけた。
 3時間も費やし、細かくいろんなところを撮影したのに、放映時間は4分。テレビの世界というのは見えない努力がとても多くあるのだと初めて知った。テレビを見る見方も変わった。何より温かい人たちが作っていることを知ることができた。いろんな事件もある。メディアのひどい報道に胸を痛めることも多々ある。しかし、こうして血の通ったテレビマンたちもいるのだ。北海道内に流れるローカル番組でもあるが、これからも温かい作品作りをしてほしいものだと思った。そしてこの番組のファンになった。これからも応援していきたい。

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
seoseo.geo.jp
今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して

報道通信社・現代画報社・国際ジャーナル 染井の名水

2003年11月の「現代画報」の表紙は、紅葉がまっさかりの京都、法然院で
した。

その名の通り、法然にゆかりのある古刹で、墓地には谷崎潤一郎や河上肇などの
お墓もあります。

また、ここには名水で名高い、「善気水」が湧き出していることでも知られてい
ます。春秋の特別公開の折には、この水で淹れたお茶が訪れて人々に振舞われる
そうです。

ここのみならず、京都には「名水」スポットがたくさんあります。京都の名物の
一つはお豆腐ですが、このお豆腐が美味しいのは水がいいから、といわれていま
す。

京都の伏見も酒造りで有名ですが、酒造りにもいい水は欠かせませんね。

京都御所の東に隣接する梨木神社。ここには京都三名水とうたわれ
る「染井の名水」があり、無料で汲むことができます。しかし、「おひとり5リ
ットルまででお願いします」という貼り紙がされていますが、言われるまでもな
く、こういうお水は自主的に節度を持っていただきたいものですよね。

何せ、染井、醒ヶ井、県井の三名水のうち、現存するのはこの染井だけだそうで
すから。

私も訪れたことがありますが、よく無料の湧水スポットに見られるように、ポリ
タンクをいくつも持参して独占しているという不心得者もなく、まことに静かな
雰囲気の中でお水を汲むことができました。

さすがに神域ではあつかましいことができかねるのか、それとも京都の方々のお
人柄のあらわれなのでしょうか。






大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル経済白書
ペットジャーナル

報道通信社・現代画報社・国際ジャーナル 自己啓発。

 学生の頃の私はとてもネガティブで、なんとか前向きになろうと自己啓発本を山ほど読んでいた。「生きるのが楽になる本」とか「前向きに生きる方法」とか。そんな本を積み上げて読んで、自分を慰めながら生きていた。
 年をとるごとに次第に前向きになり、今でも愚痴はよく垂れているが、落ち込んで立ち上がれなくなるようなことはなくなってきた。鬱の経験もあるので、いろいろ若い
ときの方がつらいことが多かった。
 最近は違った種類の自己啓発本を読むようになってきた。「仕事が出来る人の時間管理術」などである。前向きに仕事が出来る人やすぐれた社長などの本を読むようにしている。私も一応一国一城の主であって、店の繁栄をさらに追及したいと欲も出てきたのかもしれない。最近積極的にやっているのは早起き、やることリストの作成、前向きの言葉を出すということだ。とても簡単なことではあるのだが、意識してやってみると意外とできなかったりする。早起きなどはまだ寒い朝はつらくて、ついついあと五分と自分を甘やかす。でもスキッと朝目覚めると仕事のはかどり方が全然違う。仕込みを終えて、紅茶やコーヒーを飲みながらゆっくりメールのチェックなどをして、早めに返信したりできる。やることリストも常にやるべきことをメモして、できたらチェックを入れて、消していく。また新しいものをどんどん追加してもいく。そうすると時間の無駄がない。そして常に前向きな言葉を自分に発している。「お前はできる。」とか「すごいね!」とか恥ずかしいが、自分に言い聞かせている。これもなかなかの効果だ。もっともっと大きな人間になるために、諦めず毎日続けていきたいものである。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル 取材
weblog.cms.am

ザヒューマン・月刊誌 体重の増減。

 中年期以降に体重が5キロ以上増減した人は変化が小さい人に比べて死亡の危険が1.3~1・7倍高まることが厚生労働省の調査でわかったそうだ。体重の増減は病気の前兆や代謝機能の変化があうと考えられ、長寿のためにはある程度体重を維持することが必要となりそうだ。
 若い人がひどいダイエットなどをする場合はどうなのだろうか。1ヶ月に10キロ減らしたなどという友人もいた。毎日りんごしか食べないなどのダイエットだった。その子は生理が止まってしまったが、今は結婚して子供も産むことができたからよかったが、若いころのそのようなダイエットはきっと年をとってから悪影響がでるのではないかと思う。
 幸いというか、私は20歳くらいからほとんど体重が変わっていない。ダイエットをしても2,3キロですぐに元に戻ったりする。人より太いのであるが、多分これが私のベスト体重なのだろうと諦めてもいる。両親くらいの年齢の人が急に痩せたりすると驚くことがある。病気ではないかと心配になる。最近父が細くなっているので、実は心配しているのだ。毎日ゴルフをやって、おいしいものをたくさん食べているから安心かとは思うのだが、やはり頬がこけたりしているので、心配だ。このニュースを父にもつたえておこうと思う。なにせ病院が嫌いな人だから。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
国際ジャーナルからの誘惑

国際通信社・国際ジャーナル・報道ニッポン 採用氷河期。

 報道ニッポンの三月号、報道特集で「採用氷河期ー人材確保難時代における中小企業の採用戦略とは」というものがあった。大学4年生になったばかりの就職活動真っ最中の友人に聞くと、彼らが選んでいるのはどこも名前を聞いたことのある大手企業ばかり。この不況下で簡単に受かるとも思えない。
 しかし彼らはいまだに「週休二日で、給料が良くて、福利厚生がしっかりしていて・・・」と理想的な会社を求めている。確かにそうである。学生の頃なんて、楽して稼ぐことしか考えていないのだから。バイトの仕事ぶりを見ていると痛感する。社会に出てもはや10年以上経っている私はそんな彼らの愚痴を聞いていて、「社会に出て痛い目にあってこい。」と心の中で思っている。実際自分がとてつもなく痛い目にあったからだ。痛い目にあって、やっと親のありがたさや周りの人への感謝の気持ちが生まれる。
 中小企業だからこそ、今の不況下で業績を伸ばしているところもたくさんある。とても難しいことではあるが、やりがいを求めるのであればそれを見極めて、仕事に没頭するのも一つの生き方である。給料が安くても、保険などが完備してあれば上々だ。社員になることすら難しいのである。アルバイトで荒稼ぎ、というご時勢でももはやない。堅実に少なくても給料がもらえるところをみつけて、真面目に働くことが今は大事なのではないだろうか。再就職できない人たちもたくさんいるのだから、新卒でそこそこ安定した職場を探すことが一番だと思う。

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年6月号のご案内
国際ジャーナルとの巡り合い

国際ジャーナル・ザ・ヒューマン アメリカの中東における考え方とは?

リビアのカダフィ政権による徹底抗戦の決意は、ますます流血を増やす結果にな
りそうです。反体制側も戦う構えは崩さず、カダフィ大佐による治安部 隊を
使ったデモ隊への無差別の発砲で多数の死傷者が出ています。これからのリビア
情勢が本当に気になるところです。アメリカとしてもイラクやアフ ガニスタン
に派兵している点から、これ以上の展開は難しいかもしれません。そうなると、
これからの軍事作戦も予断を許さないものになりそうです。



「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年11月号のご案内 | 現代画報社
realestate.ebb.jp

ザヒューマン 予防接種が再開?

新聞に載っていた記事なのですが、細菌性髄膜炎を予防する小児用肺炎球菌
ワクチンやヒブワクチンなどを同時接種した乳幼児が死亡した、という報道が
テレビや新聞でも取り上げられていました。この問題について厚生労働省の
検討会が、接種後数日間に死亡した7人について「接種と死亡との間に明確な
因果関係は認められない」と結論づけたそうです。早ければ4月1日にも接種
再開の見通しとなったようです。
ひょっとしたら多くのお母さん方が待っていたかもしれませんね。自分の子供を
病気から守るために予防接種を受けようと思っているわけですから・・・。
中には複雑な気持ちを持つお母さんもいるかもしれません。一度、テレビで報道
されたということは、自分の気持ちの中で引っかかる部分も出てきていることで
しょう。幼いお子さんを育てているお母さん方、どうされますか?


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルからの誘惑
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。