スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ゆうパックが再開

新聞に載っていた記事なのですが、郵便事業会社は3月28日に、岩手、宮城の
両県で宅配便の「ゆうパック」の集配を再開したそうです。
宮城県は、新聞記事によると一部地域は除かれるそうです。
両県発着の荷物は、各支店では3月28日から受け付けを始めたということで、
29日からは各郵便局窓口でも受け付けるということです。
配達には1週間以上かかる場合もあるようです。そして保冷扱いの荷物は対象外
とするそうです。
ほんの少しずつであるものの、前進しつつあるのでしょうか。
ですが、まだまだ被災地では困っている人が多いのです。
なかなか物資が届かない避難場所もあります。テレビで放送されている避難場所は
ごく一部ですね。被爆などの理由で物資が届かない場所もあるようです。
全国から多くの人が協力しようと頑張っています。団結しようとしています。
その気持ちを決して無駄にしないでほしいと思います。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年10月号のご案内 | 現代画報社
sportsnews.geo.jp
スポンサーサイト

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 国際化、日本人の食事マナーの非常識

国際化がこれだけ進んでも、外国人と食事を共にしない限りは、なかなか身につかないのが各国固有の食事時のマナーです。ビジネス上は、相手に合わせることは最低限マナーとして必要ですが、パーソナルな立場でも海外旅行の際に周囲からは恥ずかしい目で見られている可能性があります。中国とは、これから、深い付き合いとなっていくでしょう。その中国人の食事時の乾杯のマナーは、グラスを右手で持ち、左手を添えて額まで掲げ、感謝の意を表して全て飲み干すことだと言います。飲み干したグラスは相手に見せることも必要だとか。お酒が飲めない人は、ポーズだけでも真似るのが主催者に対する礼儀となるそうです。
また、日本で行われる逆さ箸は厳禁、手のひらを小皿代わりにすることもいけないようです。更に、主賓より先に料理に手をつけることも駄目だそうです。欧米人とは、乾杯時、日本でよく行うグラス同士を当てることはしないで、目で挨拶して乾杯するようにします。これは映画でよく見るシーンですが、実際の行動では忘れがちになります。また、ナプキンはキレイにたたまないで置いて退席するのがマナーと言います。たたんで退席するのは、料理に不満があった場合ということです。これは特に欧米人の家庭に招かれたら要注意マナーと言えるでしょう。日本人と食事をする外国人がどれほど日本人に気を使っているのかを知る機会に恵まれたことが無いですが、我々、日本人は郷に入れば相手に合わせたマナーで対応したいものです。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内 | 報道通信社
trip.bulog.jp

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 原発賠償は国も負担となります

政府が福島原発の問題で、周辺住民に対する損害賠償について、国も負担する方向で
検討に入ったことを発表。



原発事故の際の賠償責任などを定めている、「原子力損害賠償法」に基づき、国が1
200億~2400億円を負担。

また、東京電力の支払い能力を上回る部分についても、国が支援を行う方向で被害額
の算定作業に入ったそう。

今回の被害額は、相当な額に及ぶと思われますし、今すぐではない被害というのも、
今後発生するのではないでしょうか。



しかし、計画停電による営業自粛などで、福島周辺以外でも多大な被害を被っている
はずですが、そちらは損害賠償はやはり適応しないですよね。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 話題の上野のパンダ、日本名決定

上野に来日した、パンダの名前が決まりました。

日本名は、オスが“力力(リーリー)”で、メスが“真真(シンシン)”だそうで
す。

日本名をわざわざつけなくても、と思ってしまうのですが・・・

結局は中国からレンタルされている、パンダであるということを忘れないよう、

中国名で良い気がします。

パンダが公開されたら上野界隈には、ものすごい経済効果があると言われています
が、

その中にはパンダを見に上野動物園にきて、上野周辺に宿泊した場合というものも

含まれていて、ちょっとそれはないかな~と思ってしまいました。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社
国際通信社のネタ

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 厳しい意見や惜しむ意見が・・・

テレビを見ていると「ニュース速報」が流れました。そして、その後は
ニュース番組や新聞でも大きく取り上げられたのが、前原外相の辞任でした。
様々な意見があちらこちらで飛び交っていたようですね。
厳しい意見もあれば、惜しむ意見もあり・・・。
中には「選挙に影響あり」などという地域もあるようです。
私には正直よく分からないところが多いのですが、以前、雑誌「現代画報」にも
載っていた「政権交代」から様々な出来事が起きてしまい、厳しい意見が聞こえる
ようになりましたね。今後、どのように立ち直っていくのでしょうか。
今後が気になるところですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
movies.weblog.tc
経済情報誌 報道ニッポン 2008年8月号のご案内 | 報道通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 日本の国際化と英語の勉強について考える



最近は英語を社内の公用語にする企業がでてきました ので、ビジネスパーソン
にとっても、英語の勉強がより必要になってきているのかもしれません。そのた
めの方法として英検にチャレンジすること があります。英語力が客観的に把握
できるので、自分のキャリアアップにも良いと思います。英検では日常で使われ
る表現が多く試験にでてきま す。ですから、無理なく英語の力を伸ばすことが
できます。試験ですから、得意、不得意のポイントを明確にして、次からの学習
にフィードバック できます。国際ジャーナルでも、これからの日本人にとっ
て、どのような英語の勉強方法があるのかを特集してみてはどうでしょうか。ビ
ジネス パーソンにとっては役に立つ内容になると思います。その他、通訳案内
士という資格もあります。これは国家資格です。単に語学力が優秀というだ け
でなく、日本地理、日本歴史、更に産業、経済、政治及び文化といった分野に至
る幅広い知識が必要です。外国人から報酬をもらってガイドをす る場合は、こ
の資格が必要です。ガイドを目指している人だけではなくて、国際人としてビジ
ネスの世界で活躍したい人にとっては、日本の事も英 語で説明できるようにな
るので、とてもいいと思います。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルを求めて 国際通信社
国際ジャーナルで取材されました

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 自転車のススメ


都会に住んでいて一番便利な乗り物、それは自転車です。街の中で一番邪魔な乗り物、それも自転車です。車の免許が無くても乗れる自転車は、主婦の買い物の足であります。毎日毎日乗り続けている身としては、自転車の素晴らしさを力説したいところですが、放置自転車、駐輪場の不足からくる違法駐輪という問題がどうしても付きまとうのも事実。駅前の混雑の中で子ども二人を前後に乗せて自転車を押して歩くとき、周りからの痛い視線を感じるたび、もっと堂々と自転車に乗れたらいいのにといつも思ってしまいます。東京の一部地域では、乗り捨てられるレンタサイクルがあるんですよ。乗り捨て、というと語弊があるかな。要するに、借りた駅に戻さなくても着いた駅に置いておけば良いということなんですが。放置自転車を再利用しているところもあるし、本気で取り組めば、いろんなアイデアが出てくるんだなって思います。それに最近はおしゃれ~な自転車が増えてますよね。一時的なブームで終わらず、定番になって欲しいところです。
最新号の報道ニッポンで自転車利用を薦めてくれていますね。そうそう、もっと呼びかけて欲しい~!CO2削減に貢献し、通勤ダイエットにも効きますよ。駅前に駐輪場をもっと作ってくれたら、違法駐輪も放置自転車も減りますよ。とはいえ、自転車利用者も求めるばかりじゃなくてマナーを守らないとね。歩道の真ん中をチリンチリン言わせながら走っちゃまずいし、スピードを出し過ぎると本当に危ない。先日近くの道路でおばあさんが自転車に轢かれて亡くなったんですよ、恐いよ~。あ でも一つ言わせてもらいたいです。自転車のかごにゴミ捨てていくやつ!かごはゴミ箱じゃないぞ!




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
finance.awe.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年9月号のご案内 | 報道通信社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル あっという間に

雪も溶けていきました。
東京に雪が降ると、不慣れなためか、
交通麻痺が度々起きるのですが、今回はあまり
多発せず、良かったですね。

昨夜、夜半から降り出した今シーズン初の雪に、
方々の公園などでは、酔っ払いやら、子供やら、
雪を楽しんでいたみたい。
でも、雨まじりになってしまったから、びしょびしょになったかも
しれないですね。

子供の頃、田舎でよく雪遊びをしました。
手がかじかんで、熱いお湯につけてはじんじんさせてました。
思えばあの頃は雪の量も今よりずっと多かった。
竹の葉に雪がどっさり積もって、しなっていました。
最近では、そんな光景も滅多に見られません。
田舎の気候もずいぶん変わってきたこのごろ、
冬に田舎に帰っても風邪を引かなくなりました。

寒いのは苦手だけれど、四季の移ろいを感じられなくなるのは
嫌なものですね。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
ベンチャージャーナル
現代画報 取材

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル コンビニが救う、買い物難民ですが…

戦報道ニッポン 2011年2月号の記事で「方向転換を図るコンビニ業界の挑戦」

というものを見ました。

コンビニは今や、日本人にはなくてはならない存在のお店になっていますね。



そのコンビニが方向転換を図るとは・・・



最近よく言われているのに、「買い物難民」を救う、というのがあるようです。

コンビニのような地域密着型のお店ならではのサービスで、とても良いことだと

思います。



しかし、「買い物難民」という言葉はどうでしょうか・・・

“難民”という重大な言葉を、「買い物難民」に当てはめてしまっていいのでしょう
か?


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
子育てジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルから学んだ

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 迷惑広告の貼り付けをストップ

新聞に載っていた記事なのですが東京都昭島市は、迷惑広告の貼り付けをストップ
させるために、警察のシンボルマーク「旭日章」を付けた標識プレート100枚を
製作して3月11日から市内の電柱や街路灯に設置するのだそうです。
このプレートは、プラスチック製です。黒字で「迷惑広告貼付禁止」と書かれていて
上からビラを貼ろうとしても滑り落ちてしまうという特殊加工がされているそうです。
以前に、私の家の近所の電柱に迷惑広告を貼り付けて逃げるように去っていく男性の
姿を見かけたことがあります。電柱に色々と貼りつけられるのは非常に迷惑ですし、
見栄えが悪いですね。今回新聞に載っていた地域だけではなく、全国的に広まって
ほしいと思いました。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
経済がわかる報道通信社の報道ニッポンは経済誌
現代画報との出会い

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 児童が発案したラムネ

大阪市にある小学校の児童が発案したのが、炭酸飲料の「都島ラムネ」だそうです。
淡いピンク色をしたサクランボ風味だということです。
まだ試作品なのですが、自動は「将来、都島の特産品になればいいな」と夢を抱いて
いるのです。
この発案は、社会人に必要な力を身につけさせるという学校のキャリア教育の一環だ
そうです。6年生の4人が昨年の11月に学校近くにあるラムネ製造販売会社に
「一緒に作ってくれませんか」と手紙を持参したのが現実のものとなったのです。
子供たちにもとても貴重で、将来に役立つ技術が身についたのではないでしょうか。
学校の授業では学べないことが、たくさん学べたかもしれませんね。
このような活動は、本当に大切だと思っています。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報で読み解く
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル ウェンディーズ、日本再上陸決定!

一昨年の年末、2009年12月31日を最後に、日本から撤退をしたウェンディー
ズですが、

日本に再上陸が決定しました。



都内に再上陸1号店を今年の後半にオープンをさせ、その後、数年をかけて全国に出
店をするのだそう。

再出店をするぐらいならば、前回撤退する時、もう少し吟味しても良かったのではな
いでしょうか?



たしかに、前回と今回の提携会社が違うので、そうは上手くはいかなったかもしれま
せんが、

これから一からやり直して、果たしてどこまで盛り上げていかれるのか・・・高みの
見物を行きますかね!


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社
報道ニッポンを求めて

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 有料老人ホームの利用増加

以前、雑誌「現代画報」にも「高齢化」に関する記事が載ってたように思います。
今、日本は「高齢化社会」といわれています。それだけ健康で元気な人が増えてきて
いると思っているのですが、その高齢化が進む中、「有料老人ホーム」は施設数・
在所者数ともに増加しているのだそうです。その一方で、契約に関するトラブルも
増加しているそうです。新聞に載っていた記事です。
高齢化が進む中、身内が近くにいないとなるとやはり安心してもらうには、そのような
場所で生活していただく人が増えているのかもしれません。が、トラブル等が発生
しているというのはやはり残念な話だと思います。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
yahoogoogleseo.awe.jp
現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル こども手当、どうなる?

こども手当に頼り気味だった家庭には、不安なニュースなのが、こども手当がどうやらなくなりそうな気配というニュースです。なんでも、2011年度の法案である、3歳から中学卒業までの子どもに1人当たり月1万3000円、3歳未満のみ7000円上乗せして2万円を支給するという法案だったそうですが、その法案の趣旨説明と質疑が2月24日に衆院本会議で行われて審議入りしたそう。3月末までの成立を目指しているようですが、自民党などが反対していることから参院で否決されることは確実だそう。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
gourmet.gob.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 1月の有効求人倍率

テレビのニュースでも放送されていたのですが、2月28日に大阪労働局が、
府内の1月の有効求人倍率が前の月と比べて0.02ポイント増の0.61倍と
なったと発表しました。1年11か月ぶりに0.6倍台を回復したということです。
このようなニュースを耳にすると、少し明るく感じるのは私だけでしょうか。
ですが、現実はまだまだ厳しい状況が続いていると思います。以前にも国際通信社
から発行されている雑誌に「不景気」に関する記事が載っていました。
まだまだその状況から抜けることができていないように思います。
1日も早く安心できる生活が来ることを祈るばかりです。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを求めて
国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 民主党の派閥争いと小沢氏の意見

民主党の小沢一郎元代表が、党内の争いの中で焦点になっていますが、今後の動
きはどうなるでしょうか。小沢氏ですが、このまま解散・総選挙になれ ば、ま
さに一昨年とは全く逆の風の中で選挙戦を戦うことになりかねないという見解を
述べています。このまま菅政権で衆院選に臨めば、民主党が大惨 敗する事にな
るのでしょうか。小沢氏から菅首相への政権交代への意思表示かもしれません。
今後の動きについては、日本の将来を考える上で重要にな りそうです。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報との戦い
世界規模で禁煙の動き 国際通信社|国際ジャーナル

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 線路沿いで火災

朝早い時間からテレビでも取り上げられていたのですが、2月18日の午前2時
すぎに、兵庫県尼崎市塚口町の「塚口中央市場」から出火し、木造2階建ての建物
のべ約2000平方メートルを全焼して、約6時間後に消し止められたそうです。
これが原因で阪急電車が一時運転を見合わせたそうです。
この日の午前中のニュースでは、原因を調査している段階だということでしたが、
今年は「乾燥」がひどい季節になっています。よく消防車のサイレンを耳にする
のですが、乾燥状態もあって火災が起きやすいのでしょうか。
火の確認はきちんとしなければなりませんね。
今回の火災でけが人は出なかったようです。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
keiba.bulog.jp
国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 報道通信社
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。