スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 中山秀征、日曜朝番組の司会に決定

なんだか最近、タレントの中山秀征さんがみのもんたさん化しているような気がするのは、気のせいでしょうか?!中山さん、今年の4月からスタートする日本テレビ系の情報バラエティー番組「シューイチ」という番組の司会を務めることが明らかになったそうですよ。この番組は毎週日曜日に放送されるそうで、中山さんの顔を見ない日はなくなるのではというくらいの活躍ぶりですよね。ちなみに現在中山さんは、平日の昼間の情報番組「DON!」にも出ていますから、忙しくなりそうですね~。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナル 取材
スポンサーサイト

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 雇用氷河期の改善につながるか?

このところ厳しい雇用情勢も続いていますが、そのような状況の中で、東北電力
が、新たな動きを見せています。これは2012年春に入社する新卒者 の採用
枠の対象者を、卒業後3年以内の大学、大学院、高専の既卒者にも広げるという
内容です。これは若い人にとっては歓迎するべきニュースだと言 えますね。採
用枠は310人程度との事です。このような動きは、他の大企業にも広がってい
くのか、今後の動きを注目してみたいと思います。日本の 雇用改善に役立って
欲しいところです。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルの取材・・
現代画報 | 現代画報社 | クリックジャックという名の詐欺

月刊誌・現代画報 インターネットが変えるテレビの役割

インターネットは個人の情報を発信するのにとても便利なツールです。国際
ジャーナルなどでも、インターネットの可能性についてはよく話題になっていま
す。最近はミュージシャンが自分のプロモーションのためにインターネットを活
用するケースが増えています。特に動画配信が最近の流行みたいです。これはア
マチュアミュージシャンだけではなく、プロのミュージシャンも同様です。双方
向のコミュニケーションが可能となるため、テレビなどマスコミを活用するより
は、もっとファンに近くなれるところがいいみたいです。インターネットだけで
なく、携帯電話を使って、手軽に動画配信をすることも一般的になってきていま
す。ですから、一般市民がマスメディアの代わりとして、ニュースを配信するこ
とも可能になっていると思います。さらに、マスメディアではなかなか取り上げ
られないテーマや、ローカルな話題にとっては、とても便利ではないかと思いま
す。こうなってくると、ローカルのテレビ局などの役割については、改めて考え
てみていく必要がでていくかもしれません。単なる中央からの放送を配信するだ
けの地元テレビ局については、これからはなくなっていく可能性もあるといえま
すね。







大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社
報道ニッポン再発見

月刊誌・現代画報 分析には最長6か月

今、毎日のようにテレビや新聞で大きく取り上げられているのが、大相撲の
八百長問題ではないでしょうか。メールでのやり取りについても報道されて
います。削除したメールなどを分析するには最長6か月かかる見込みだとい
うことが、先日報道されていました。そうなると、9月の秋場所まで本場所
が中止になるのでは・・・という声もあるようです。
昨年から騒がれている相撲会。今後、どのようになるのでしょうか。
大きく騒がれていても、相撲ファンは多いのです。ファンの気持ちも大切に
してあげていただきたいものですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2009年3月号のご案内 | 報道通信社
国際・報道通信社のつぶやき

月刊国際ジャーナル CAの謝り方

 先日、テレビで映画「ハッピーフライト」を観ました。

 ANAの航空機内、CAが乗客の一人を怒らせ、チーフパーサーが毅然としながらあ
くまで謙虚に謝罪する場面で、思い出したことがあります。

 スキー旅行でANAに乗った時、頼んだ飲み物が来なかったのです。
 催促しなかったのですが、不機嫌な顔に乗務員が気づき、どうかしましたか、
と尋ねてきました。
 理由を言うとCAはすぐ謝り、「すぐお持ちします」と言ってくれました。
 
 私は、CAが気づいて素早く謝ってくれたのでもう気が済んでいました。人間の
心理ってこんなもんです。短い飛行時間、もう着きそうでしたし。

 飲み物はすぐ来て、更に別のCAが謝罪に来ました。この辺から、申し訳なくな
ってきます。そんなに怒ってないのに…。

 さらに三人目がキャンデーの袋詰めを二袋も持ってきました。他の乗客にクレ
ーマーに映ってないか、こちらが気恥ずかしくなる始末。

 サービス側の失敗で、ここまで丁寧に対応して貰ったことはそうそうありませ
ん。
 
 この時のCAの態度が、漠然と、私の謝罪のお手本になっています。
 
 さて、日本航空のサービスはこの先どうなるでしょう。
 
 「現代画報」2010年1月号に、日本の空港行政についての記事があり、空港会社
の体力低下に触れていました。

 経営再建を目指すフラッグシップ・キャリア、日本航空はこれからどうなるの
でしょうね。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルの取材で・・
報道通信社|報道ニッポン

月刊国際ジャーナル 低価格のゲストハウス

新聞に載っていた記事なのですが、「ゲストハウス」という低価格の宿泊施設
が、京都市内で増えているそうなのです。
格安の航空会社の日本乗り入れ拡大で節約はの外国人観光客の利用の増加が
見込まれること、そして空き家になった京町家の再生策として注目されている
ことが背景にあるようです。古都の風情を楽しもうという日本の若者にも人気が
あるようです。
京都という町は本当に素敵な町で、今の時代からタイムスリップしたような
感じになりますね。心が落ち着く町ですし、日本古来のものがたくさん残っている
ような気もします。そんな町で1日でも過ごすと、落ち着いた気持ちになって
帰ることができるのではないでしょうか。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い

月刊国際ジャーナル 教員の意見

今年の4月から小学校英語が必須化されるということです。以前にもテレビや
新聞で目にしたような気がします。
ある通信教育大手企業が、英語必須化について調査を行ったそうです。
その結果、教員の6割が指導に負担を感じているということが分かったそうです。
「英語指導に負担を感じる」「英語専門教員が教えるべき」などの意見が
あがっているようです。教員がそのような考えでは、生徒たちはついてくるでしょう
か。私の個人的な意見としては「小学校ではまだ英語は必要ないのでは」という
考えを持っています。ですが、今の時代は英語ができて当たり前なのでしょうか。
教員が後ろ向きな考えでは、保護者としても不安になりますね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルの願い
国際ジャーナル/報道ニッポン/現代画報

月刊国際ジャーナル メタボリックの基準

以前、雑誌「国際ジャーナル」で「メタボリック」に関する記事が取り上げられていたように
思うのですが、先日の新聞記事で「メタボリックシンドローム」の適正な診断基準を検証して
いた厚生労働省研究班が2月9日に、診断の必須項目の腹囲の数値によって、心筋梗塞や脳梗塞
の発症の危険性を明確に判断できないとする大規模調査の結果をまとめたと、取り上げられて
いました。

現在の腹囲基準は男性85センチ以上、女性90センチ以上となっているようです。が、この基準
の科学的根拠を覆すもので、診断基準の見直しに影響しそうだということなのです。

そして、現在の診断基準は、腹囲に加えて血糖、脂質、血圧の3項目のうち2つ以上で異常があっ
た場合、「メタボリック」と診断されて、保健指導の対象となるそうです。しかし、他の先進国
に比べて男性の腹囲基準は厳しすぎる、女性の基準は逆に甘いと批判されていました。


研究班は、全国12か所の40~74歳の男女約3万1000人について、心筋梗塞、脳梗塞の発症と腹囲の
関連を調べたそうです。その結果、腹囲が大きくなるほど発症の危険性は増加しましたが、特定
の腹囲を超えると危険性が球に高まるという線引きは困難であることがわかったのだそうです。

ただ、今回の研究でも肥満の人ほど発症しやすい傾向に変わりないとのことです。現行の基準で
「メタボリック」と診断された人は、そうでない人に比べて発症の危険性は男性で1.44倍、女性
で1.53倍高かったそうです。
基準がどうであれ、「肥満」と診断された人は体に負担が大きいように私は思うのです。

人間健康が一番だと思います。健康診断で万が一、「メタボリック」と診断されたのであれば、
医師からのアドバイスを受ける必要があるかもしれませんね。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社
国際通信社のネタ

現代画報月刊 未来予想図

新年が明けたと思ったらもう2月ですよ。一年の内の一ヶ月が終わって既に10日経とうとしてるなんて。。今年もあっという間に過ぎていきそうで恐いです。一ヶ月を振り返ってどんな一ヶ月だったか思い出せるなら、まあ良い方です。昨日の晩ご飯が言えなくなったら、ちょっとキてるかも。今のところ、何があったかは覚えてますが、年始の目標を悉く無視したかのような生活態度は、我ながら「あんまりだ」と思います。でもね~、ダイエットはホントに難しい!(何だダイエットか、と冷たくあしらわれそうですが)正月からダイエットしようなんて所詮無理な話だった。でも、じゃあ2月から、と切り替えられないこの怠惰な性格が一番悪いのです。。
これはダイエットに限らず、生活のあらゆるシーン、人生の歩き方にも言えることですが、目標や未来予想図を何も持たずにノンベンダラリとやってみても、なかなか上手くいかないですね。計画通りに生きなくてもいいけれど、ある程度、先を見て動かないとただ時が流れていくばかり
になってしまいます。その場しのぎになってしまう。刹那主義では、豊かではあってもこの何が起きても不思議ではない時代を生き抜くことは出来ても、次の世代に豊かなままバタンタッチすることは出来ないでしょう。
報道ニッポン最新号でニッポンの未来予想図についての記事が載っていて、不況という津波の後でも未来予想図を描くことを止めてはいけないのだと改めて感じ入りました。雇用情勢とかを見るとお先真っ暗に思うかもしれないけど、先を見据えながら一歩一歩進むしか道はないです。





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報 ベッドからの取材 現代画報社
あんそにの国際ジャーナル

現代画報月刊 世界の中で日本がとるべき通商戦略について

最近はアジア地域が世界の経済の中心となってきた感 mがあります。中国を始
めとして、新興国と呼ばれる国の経済が、ものすごい勢いで膨らんでいます。菅
直人首相は、このような情勢をどのように 考えているのでしょうか。先日行わ
れた外交政策の演説では、貿易や投資を自由化する環太平洋経済連携協定
(TPP)について、6月をめどに交 渉参加の結論を出すという意思表明があ
りました。国際ジャーナルでも、TTPに対する日本の方向性については、深く
分析して欲しいと思いま す。TPPをめぐって、日米2国間でも協議が進めら
れていますが、アメリカやシンガポール、ベトナムなど現在9カ国が参加する
TPP交渉は、 日本が考えているより早く進んでいる様です。アメリカでは、
今年11月までに交渉を完了して、TTPを実行していきたいという考えが報道
され ています。日本としてもスピードが求められるところです。今後は投資や
サービス分野の提案も始まると報道されています。世界の経済のフレーム が、
大きく変わる年になりそうです。今後の動きについては、深く情勢を分析しなが
ら、日本のこれから取るべき戦略を、真剣に考えてみたいと思 います。今まで
以上に注目したいところです。






「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社のネタ
現代画報 広がる少子化問題 現代画報社

現代画報月刊 安全運転を・・・

昨年の全国の交通事故死者数は、前年より241人少ない4914人で、1952年以来57年ぶりに
5000日とを下回ったことが1月2日、警察庁のまとめで分かりました。
これは9年連続の減少で、マイカーが一般に普及する前の戦後復興期の水準に戻ったのだ
そうです。

昨年は、前年比2万9987件減の73万6160件。そして、負傷者も3万6630人減の90万8874人と
、いずれも5年連続で減少しました。
死者数が最も多かった地域は、愛知県が227人で5年連続ワースト1だったようです。これ
に北海道の218人、埼玉県の207人、東京と大阪はいずれも205人が続きました。
30都道府県で前年より減少しましたが、長崎県、宮崎県大阪府など17府県は残念ながら

増加したそうです。

また、65歳以上の高齢者の死者は2452人で、全体に占める割合は過去最高の49.9パーセン
トに達したそうです。
警察庁は「後部座席のシートベルト着用率が向上したことで死者数が減少した」と分析

しています。

事故が減少したのはいいことだと思います。が、ここ最近は高齢者のドライバー、また

無茶な運転をする人をよく見かけます。「自分は運転が上手だ」「自分は大丈夫」という
考えを持っていると大変なことにつながるかもしれません。常に初心を忘れず、注意して
車の運転を心がけていただきたいと思います。そして、歩行者や自転車も無理に道路を

渡ろうとしたり、無茶な自転車の運転をしている人も見かけるのです。
交通ルールを守るのは車だけではありません。歩行者も自転車もルールがあるのです。

自分だけの命ではありません。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い

月刊報道ニッポン ETC休日割引

 ETC休日使用1日1000円上限が実施されてから、あたりまえになっています。


 ばらまきだなんだと言われながらも、これを使わない手はないと、みなさん張
り切って方々へおでかけになったようですね。

 私の住まいは関西ですが、友達に長野のお土産を頂き、泊まりがけの旅行に行
ったのかと思いきや、休日1000円を利用して、日帰りで弾丸ドライブに出か
けたようです。みなさん、張り切ってお出かけですね。

 大渋滞が発生したり、フェリーの状況客が減って大赤字になる、などの問題も
起こった休日1000上限。

 考えてみれば自民党の政策として始まってもうすでに1年になろうというので
すから、使えるのはあとわずか、行きたい所があったら早く計画したほうがいい
かもしれません。

 2009年9月号の現代画報の巻頭特集は「高速道路の無料化から見えてくる
地域経済の可能性」というものでした。

 政権が民主党に変わり、マニフェストだった「高速道路無料化」も、鳩山首相
が見直しに言及がありました。結局どんな形に落ち着くのでしょうか。

 とりあえず休日1000円のうちに、私は広島の「メロンパン」という店のメ
ロンパンを買いに行こうかな、などと企んでいます。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルとの再会

月刊報道ニッポン 世界の梅公園

今年の冬は気味悪いほど暖かいと思うと、いきなり大
寒波がやってきたりと、体の方がびっくりしてしまいますね。
 
 しかし、寒いのは辛いとは言え、厳しい寒さは身が引き締まってさわやかでい
いものです。

 寒椿や水仙など、寒さに負けず凛として咲く花のすがすがしい美しさを感じら
れるのも、寒さあってのことでしょうか。

 冬に咲く花、といえば、何と言っても梅ですね。
 
 梅というのは満開よりも、蕾や少しほころびかけたところに風情があるようで
す。
 古来、桜とともに色んな詩歌に歌われている梅ですが、万葉集では、桜よりも
梅を詠んだ歌の方が多いのです。
 あの馥郁とした香りも、梅の最大の魅力ですね。桜の香、というのはあまり聞
きません。

 「現代画報」の表紙は、兵庫県たつの市の「世界の梅公園」
の写真でした。
 私は何度もここへ言っていますが、瀬戸内海を見下ろす山の上にこの公園があ
り、梅の向こうに青い海が広がっています。
 ここは、「ひと目二万本」と謳われる綾部山梅林と隣接しており、園内を走る
トロッコが、両方を行き来しています。

 園内にいると、漂ってくる梅の香りに、まさに酔いしれそうになります。遠く
から見ても、綾部山梅林の斜面に咲いている梅が、ぼうっと煙って、本当に春霞
のようです。

 空気はまだまだ凍りつくようでも、確実に春が近いことを感じさせてくれます



 



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルからの飛躍
fashiondc.xrea.jp

国際ジャーナル月刊誌 ごみのリサイクル率

以前、雑誌「国際ジャーナル」で「リサイクル」に関する記事が載っていたように思いますが、
先日の新聞記事にも「リサイクル」に関する記事が載っていたのです。

「ごみリサイクル率」というタイトルから始まっていた記事。このリサイクル率は、循環型社会を
目指したごみの減量、そして再利用。再利用の取り組みの進捗を測ることの出来る数字なのだそう
です。
「市町村で収集」「住民が直接焼却場などに持ち込む」「地域で集団回収」・・・これを合算した
ごみ総量のうち、ペットボトルや再生紙など再利用される量の比率を表しています。

私の住んでいる地域は大阪府です。環境省の調査によると、府全体のリサイクル率は、2006年度は
10.6パーセントで、全国の都道府県の平均19.6パーセントの中でワーストワンという結果が出ている
ようです。全国の18県が、1999年度には皆無だった「20パーセント以上」を達成する中で、大阪府は
7.4パーセントから3.2ポイント増にとどまり、伸び悩みが目立ちます。

府内では、ある3町を除く40市町村で集団回収を行い、大半が回収量に応じた助成金や奨励金を支給し
て推進しているようですが、「新築マンションへの呼びかけなどで回収率アップを図るが、参加世帯
が減って取りやめるケースもある」「団体は増えているのに、予想していたほど率は伸びていない」
などの声もあり、苦戦している状況です。

リサイクルできるものも、捨ててしまえばただのごみ。しかし、そういったものでもリサイクルを
すると立派な商品に生まれ変わるのです。ごみを分けるのは、大変です。私も分けるのに「面倒くさ
い」と思うことが多々あるのですが、使えるものは、また利用できるのなら・・・と分別を心掛けて
います。スーパーなどでも回収する場所が設けられています。1人1人の心掛けでリサイクル率が高ま
るのではないでしょうか。




現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報 料金と価値 現代画報社
国際ジャーナル文芸批評

国際ジャーナル月刊誌 やせ形で糖尿病

ある新聞に「糖尿病」に関する記事が載っていました。
また、国際通信社から発行されている雑誌には「健康」に関する記事も紹介されていたように思います。

ある大学教授らのグループが、太っていない人が糖尿病を発症しやすくなる遺伝子変異を発見したそ
うです。
患者と健康な人、計3268人の遺伝子を分析した結果、この変異を持つ人は変異のない人に比べて
糖尿病になる危険性が1.75倍に上昇しました。特に肥満ではない人に限ると、危険性が2.51倍に跳ね
上がっていたそうです。

糖尿病につながる遺伝子は数多く見つかっているそうですが、非肥満型のリスク遺伝子は今回が初め
てだそうです。この内容は、米人類遺伝学会誌に1月8日に発表するようです。

この遺伝子は、「KCNJ15」と呼ばれていてすい臓の細胞でインスリンの分泌を抑えるたんぱく質を
作り出します。インスリンの分泌が減ると、筋肉や脂肪の細胞が血液中の等分を取り込まなくなる
ので、太りにくい反面、糖尿病になりやすくなるのだそうです。
新たに見つかった変異は、この遺伝子の働きを過剰に高めるためにインスリンが不足して、やせ形で
発症する危険を高めるとみられているそうです。
欧州の糖尿病患者には肥満が多いのに対し、アジア各国では肥満でない人の発症が多いということも
分かっているようです。

私の中で、糖尿病は失礼ながら「肥満と言われている人がなるもの」と思い込んでいました。が、
今回の記事を読んでそうではないことが分かり、驚きました。食生活などに気を配らなければならな
いのかもしれませんが、遺伝子が原因と言われるとどうしようもないのでしょうか・・・。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルとの再会
ベンチャージャーナル

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 中国代理教員の実態。

 中国は今上り調子で、豊かな人々が日本にもたくさん観光に訪れている。しかし、このニュースをみると、首を傾げてしまった。中国の地方都市では財政難から正規教員を雇えないところが多く、代理教員が多かったが、その人たちを解雇するというのだ。今までも代理教員の多くは正規教員と同じ仕事をしながらも給料は低く、劣悪な環境で働いてきた。子供たちを愛するがゆえに必死で続ける人や諦めてパートで生活している人もいるという。
 日本に来る中国人はとても豊かで、カードで買い物をバンバンして、お土産をたくさん抱えている。この札幌の狸小路などにもたくさんの中国人の方がいる。今の中国は日本のバブル時代と同じような状態だから、怖いもの知らずな感じがしていた。しかし、日本はバブルの頃、全国的にみんな豊かになったが、中国にはまだまだ貧富の差が強く残っており、辛い思いをしている人が多くいることを知った。これは本当の豊かさではない。
 日本よりとても大きな国で、人もたくさんいる国だから、全員が豊かになることは難しいのかもしれない。しかし、先日発表された幸福度を計った結果を見ると、北欧やヨーロッパの国々の多くは心の豊かさを感じている。日本も含め、中国や他のアジア諸国はまだまだ幸福には程遠い。バブルのときを思いだすが、金銭的な豊かさではなく、心の豊かさを本当の幸せと呼びたい。清貧の思想を大切にしていきたいものである。

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 非嫡出子。

 性同一性障害の女性が男性になって結婚して、その妻に実弟からの精子を人工授精して、子供をもうけた夫婦。その子供は非嫡出子として扱うように国から指示があったそうだ。確かに本当の子供ではないかもしれない。しかし子供ができない普通の男性と女性の夫婦が第三者の精子を使って人工授精した子は摘出子と認められているのだから、何かおかしい。
 その非摘出子と親が養子縁組をすれば、相続などの問題はないということだが、ご夫婦はさぞかし残念であろう。性同一性障害も病気の一つと考えれば、このようなおかしな状態にはならないはずで、法令の改正をするべきであろうと思う。もし改正が難しい場合は、このような例外の場合は特例を認めるという柔軟な姿勢を見せて欲しいものである。もう何十年も前に決められた法律があちこちでみられるが、時代は刻々と変化している。法改正は大変な作業であることは理解できるが、こまめに見直しをしていくようにするべきではないだろうか。
 子供ができない夫婦も増えているし、結婚しないで子供を産み育てる人もいる。これからもいろんなケースの問題が増えていくであろう。ケースバイケース。国も役所ももっと柔らかく柔軟な対応をお願いしたいものである。

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル 取材
rex.xrea.nu

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 痩せている女性が増加

新聞に載っていた記事なのですが、体格指数、よくいわれる「BMI」で「やせ」
に区分される30~40代の女性の割合が、20年前に比べて増加していたという
ことが、厚生労働省研究班の調査で分かったのだそうです。その年代よりも若い年代
よりも増加率が大きかったということでした。理由として20代から減量に励んでいる
人が習慣を保っていたり、成人女性全体で減量思考が高まっているということが
考えられると記事に載っていました。
「ダイエットは女性にとって永遠のテーマ」と、以前にテレビ番組でどなたかが
言っていたように記憶しているのですが、私も常に「痩せたい」と思っています。
世の女性の多くは「痩せたい」と思っているのではないでしょうか。ただ、「やせすぎ」
では体調にもよくないかもしれませんね。体調を考えて、行動すべきかもしれません。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社
tigers.ebb.jp

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン 子供のストレス

インターネット上の質問に子供が応えることで、ストレスを早期に発見できる心理検査を導入する
小中学校が増えつつあるそうです。
いじめなど、子供を取り巻く環境を改善するために、心の健康状態を客観的に把握するのが狙いだそ
うです。東京都のある市の教育委員会は市立の全小中学校に導入して、児童・生徒の指導に役立てて
いるといいます。

この検査は「CVCL(チャイルド・ボイス・チェック・リスト)」と呼ばれるものです。NPO法人・次世代
育成ネットワーク機構が大学や専門家らの監修で開発したそうです。
80の質問に回答した結果をコンピュータで分析します。積極性や判断力、学校や家庭などでのストレス、
いじめられやすさなど16項目について数値化したグラフやアドバイスを表示します。

2007年に運用を始め、2008年度に学習塾を含む約200校、翌年には約500校が導入しました。ある市では
小学5年生と中学2年生を対象に検査を実施しているそうです。結果は個人面談などに活用するなど、保
護者にも好評だったそうです。

生徒によっては「自分も気付かなかったストレスが見えてきた」という声もあったそうです。課題が
わかれば本人が回復力を発揮し、周囲も対処しやすいのでは・・・とある中学校の校長は話をしてい
ました。

「子供がストレスなんて」という大人もいるかもしれませんが、子供は子供なりにストレスが溜まって
しまうのです。それに周りが気付かないままでいると、そのストレス発散先を他人に向けてしまい、他
人を傷つけてしまうことも考えられるのではないかと思うのです。個人個人の内に秘めているこ
とが検査結果に出るならば、教師もきちんと把握してきちんと対応をしていただきたいと思います。




国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社のネタ
報道ニッポン コミュニケーション能力を養う/報道通信社

国際ジャーナル現代画報報道ニッポン アースマラソン完走

あれからもう時間がかなり経ったでしょうか。
1月21日、「アースマラソン」に挑戦していた間寛平さんが無事に大阪ゴールを
果たしました。その様子は、テレビでも新聞でも大きく取り上げられていました。
ゴールの瞬間、私はテレビを見ていましたが本当に感動しました。
同じような気持ちでゴールの様子を見ていた人は多いのではないでしょうか。

その間寛平さんがゴールから数日たった1月24日に、毎日放送のレギュラー番組に
初めて復帰したそうです。その日は朝から東京、大阪の7番組に出演するなどの
鉄人ぶりを見せつけていました。

朝に放送している情報番組など5番組に出演後、飛行機で大阪に移動して昼の
情報番組などに出演、そしてレギュラー番組の収録に駆けつける、というかなりの
ハードスケジュールだったそうです。

アースマラソンスタート後、私は個人的に「ゴールした後、どんな感じになるんだろう」
と思っていました。が、マラソンの最中にも番組が取り上げ、間寛平さんの体調や
状況などを本人と中継でやりとりするなどの場面も見られました。
それくらい多くの人が注目していたマラソンだったのではないでしょうか。
多くの人に勇気と笑顔を与えてくれたマラソンだったのではないか、と私は思っています。
本当にすごい人・・・これにつきますね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
ジャーナルライフ

国際通信社 月刊 雪下ろし中に・・・

今年の冬は「厳しい寒さ」と感じている人は多いのではないでしょうか。
雪下ろし中に屋根から転落するなど、大雪に伴う今冬の死者が80人を
超えたことが総務省消防庁の調査で分かったのだそうです。
これは、新聞に載っていた記事からです。
そしてこのうち53人が65歳以上の高齢者だったといいます。
高齢者に関する記事が、以前に国際通信社から発行されている雑誌に載って
いたように思うのですが、高齢者の1人暮らしが増えてきていると
テレビや新聞で報道されていたように思います。
高齢者の1人暮らしから、大きな事故に巻き込まれる可能性が高いと
思います。身内や近所の人たちもぜひ協力が必要になってくるかもしれませんね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社

国際通信社 月刊 相撲界、携帯に八百長メール発覚! 

大相撲の八百長疑惑・・・



何度となく取り沙汰されてきた問題ですが、捜査当局が押収した現役力士の

携帯電話のメールのやりとりから、疑惑が明るみに出たそうで、もう逃れる

ことはできないでしょうね。



八百長とはインチキのこと。

真剣に争っているようにみせながら、じつは事前に示し合わせた通りに勝負を

つけることです。

由来は、八百屋の長兵衛、通称「八百長(やおちょう)」が大相撲の年寄であった伊
勢ノ海五太夫と、

囲碁の勝負をする際、実力が上のはずの長兵衛でしたが、八百屋の商品を買ってもら
う商売上の打算から、

囲碁の勝負にわざと負け、伊勢ノ海五太夫の機嫌をとっていたことが由来、なんと
も、「八百長」の語源は

相撲界ということですね。



相撲界はすべてゼロにして、心機一転しないと、国技なんて言わせたくないです!




大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道国際通信社の取材
現代画報 広がる少子化問題 現代画報社

国際通信社 月刊 霧島連山・新燃岳の噴火

先日から毎日のように報道されているのが、霧島連山・新燃岳の噴火です。
多くの人々が避難生活を送っているということです。
この噴火によって建物のガラスが割れてしまったり、大量の灰が降り積もったり
と街は大変な状況になっています。
テレビの情報では、小学校で給食を作ることができず、家庭からのお弁当を
持たせることもできず、パンと牛乳、果物で給食時間を過ごしているようです。
1日も早く沈静化してもらいたいですね。
避難生活を送っている人たちの精神的な疲れは大丈夫でしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
oscar.coresv.com
報道ニッポン | 報道通信社 | 詐欺に騙されやすい人とは

国際通信社 月刊 鳥インフルエンザ

最近、テレビや新聞では「鳥インフルエンザ」のニュースを大きく
取り上げているように思います。地域がかなり広がっているようです。
鳥インフルエンザに感染している鳥を「処分」ということを耳にすると
胸が痛みます。感染したままの状態で放置しておくのは良くないこと
かもしれません。他の鳥にも感染するのを防ぐためだと思います。
が、「処分」という言葉で片付けてしまうのがつらく感じます。
今まで世話をしてきた人たちは、どのような思いで処分を見ているの
でしょうか。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルから学んだ
rich.geo.jp

国際通信社 月刊 エコと癒やし、ヤギは「保線係」の一員です

埼玉県日高市の西武池袋線武蔵横手駅。



線路脇の空き地約5000平方メートルの

草刈り役としてヤギ2匹が活躍中!



「草刈りを人手によらずヤギに任せてはどうか」



線路の保守管理などを担当する同社工務部の社員から、提案された発言から実行されたそう。

群馬県内の農家で生まれた2匹を引き取り、手作りの小屋で飼育を始めましたが、従業員の中にヤギの飼育経験者がいなくて、

何もかもが手探り状態での飼育が昨年夏から始まっていますが・・・



今では、

ヤギの愛くるしい姿は、電車利用者の方々の心を和ませてくれているそうです♪



で、実際にヤギを飼い始めての成果の方はというと・・・

例年、夏場に人の腰くらいまで茂る雑草を、社員数人で年2回、数日かけて草刈り機で除草作業を行っていたのが・・・



昨年は一度も行わなかった!



というのだから、ヤギの食欲は恐るべし!

結果、草刈り機を使わないことで年間176kgのCO2排出

を減らすことができるという試算をあげているそうです。



確かに・・・

ヤギ飼育の話はたまに聞きます。

知っているところでは・・・



“小学校の校庭でヤギの飼育”

“広い自宅の庭でヤギの飼育”



小学校の方は、数年前に死んでしまいましたが、友人宅のヤギは飼い始めたばかりです。


ヤギ飼った話聞いた時、別にビックリはしませんでした!

だって、山ひとつ土地持っている友人ですから(笑)



ヤギに雑草を食べてもらう・・・

良い考えです!!!



では、自動車に変わるは馬かポニーですか(笑)

それも、面白いですよね~

自宅前に馬小屋。。



こうなったら・・・

番鳥にアヒルもいかがですか♪



しかし・・・

まずは、飼える土地の確保ですね。。

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルの詐欺に関する記事
国際ジャーナル 通信

国際通信社 月刊 ジョブカード制度は雇用改善につながるか?

雇用の問題は、日本にとって大きな問題となっていま す。経済状況の悪化によ
る失業者の増加や、若年層の就職が困難など、問題は山積しています。そのよう
な状況の中で厚生労働省が求職者の正社員 化を支援するジョブカードの見直し
に入っています。これはどのような背景があるのでしょうか。行政刷新会議によ
る昨年の事業仕分けで制度は いったん廃止と判定されています。その後、連合
などの要望を受けて、政府が新年度も存続させることを決めたという経緯があり
ます。国際ジャー ナルでも、このジョブカードをめぐる動きを分析して欲しい
と思います。いまや働く人の3人に1人が非正規労働者というデータを見たこと
があり ます。ジョブカード制度についても、その問題点を徹底的に洗い出し
て、正社員への転換促進に役立つような施策に改善して欲しいと思います。
ジョブカードとはどんな制度なのでしょうか。これは、フリーターなど正社員経
験の乏しい若者らを対象に、職業訓練歴や資格の有無、職務経歴な どをまとめ
て記載するというものです。そして就職活動やキャリア形成に生かす事を目的と
しています。いろいろと問題もあるかもしれませんが、 雇用状況の改善に向け
て政府も頑張って欲しいと感じます。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
yahoogoogleseo.awe.jp
現代画報 クリックジャックという名の詐欺 現代画報社
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。