スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 高齢者の冬対策

先日、新聞に「高齢者の冬対策」という記事が載っていました。

冬に多いのが感染症です。子供も大人も気をつけなければならない時期です。
免疫力が低下している高齢者は、余計に気をつけなければならないようです。
では、高齢者のために本人や家族は家庭で何に注意すべきなのでしょうか。

在宅医療に詳しい訪問看護ステーションの所長は「訪問看護の利用者に、インフルエンザの発症は
それほど見られない。最も多いのは、風邪」と話しています。
しかし、高齢者は風邪により、菌を含んだ痰などが肺に入り、肺炎を起こす恐れも高くなるのだそう
です。そのために、単なる風邪と侮れないということなのです。
家族は帰宅の際に、手洗いとうがいの徹底が必須なのだそうです。もちろん、家族本人の予防にも
これはいいかもしれません。

介護を必要とする高齢者は、オムツを使用している人も多いでしょう。風邪をひいてしまった場合、
介護する側は手袋をはめてオムツを替えて、その後は必ず石鹸で手洗いをすべきなのだそうです。
使用済みのオムツはビニール袋に入れて密封して捨てなければならないのだそうです。

介護する側で手袋を使用するには抵抗感を持つ家族も少なくはないようです。が、愛情がないとは
思わないようにすべきなのだそうです。他の家族に感染を広げないようにすることも大切だという
ことなのです。

最後に、高齢者は寒がって厚着をしたり、暖房の温度を上げすぎたりする傾向にあるようです。
しかし、それはかえって熱が出る原因にもなってしまうのだそうです。掛け布団や衣服をこまめに
調整することが必要になってくるようです。それは、高齢者だけではなく幼い子供にも言えること
かもしれません。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
評判の国際ジャーナル
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
スポンサーサイト

国際通信社 月刊 あったらいいな

現代画報に待機児童の記事が載ってますね。子育て支援で一番求められているのが、子どもを安心して預けられる環境だと思うのですが、なかなか現実は厳しいようです。預けられる所も侭ならない状態では話の進めようが無いのですが、子育てしていて何が困るのかと言うと、子どもが病気になったときです。旦那以外に周りに助けてくれる人が居ないと、病院に行きたいけど足がない、兄弟の世話や行事などが重なって身動きがとれない等など、専業主婦でも大変なんです。働いているお母さんは、子どもが病気になったときのことを真っ先に考えて、預けられるところを確保してから働いている復職しているとは思いますが、実家以外で探すのはかなり大変です。病気の子どもを預かってくれるところは本当に稀少ですから。夜間開いている保育園でも病気のときはお断りが普通です。他の子どもたちに移る可能性があるわけで、当たり前の対応だとは思いますが、やはり一番しんどいときに助けてくれるところが欲しいのも本音です。
これは実施している自治体があるかどうか分かりませんが、病院に保育施設を作ってみてはどうでしょう?かなりの需要があること間違いなしですよ。ベッドがいっぱい、小児科医も手が足りない、経営も厳しい・・・ハードルが高いなあ。でも、やってみる価値アリです。産休をおおっぴらに取れるようになるのもいいし、働く環境を整えるのもいいけれど、まずは子どもを安心して預けられる保育所、学童施設を整備すること、これに尽きると思います。






報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際ジャーナルの投稿サイト
報道ニッポンとの巡り合い

国際通信社 月刊 出会いない出会い系サイト

出会い系サイトにはサクラがいるのは常識になっているようです。このサイトは利用料搾取を徹底するために少しシステムを変更したのがいけなかったのでしょうか? ニュースではそこの理由が曖昧で突っ込
み切れておらず中途半端です。このような詐欺に徹した出会い系サイトもあれば、多少のサクラが暗躍するサイトもあります。そして、このようなサイト等で実際に結婚にまで至ったケースも話に聞いたり、実際に自分の周囲にいたりすることを考えると、新聞の使命としてはもう少し、切り口を変えた記事の書き方が望まれます。出会い系サイトは犯罪の温床にもなっているので、良くこんなところで出会って結婚しようと思う気になるのか信じられないと思う人は古い人間なのでしょう。人を見る目があれば、危険な目にも合わずに出会いを楽しめるのかも知れません。そして、それを若者は楽しんでいるかもしれません。古い世代は全くついていけない世界です。その昔は、家出した女性が騙されて転落していったなどと女性の被害者が多かったような気がしますが、最近は、中年女連続殺人疑惑などをはじめ、男性が被害者になるような事件が増えているのは何故でしょう



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い

国際通信社 月刊 これからのビジネスパーソンに必要な技術

ビジネスパーソンにとっては、お客さんを接待するなどの場面がよくあります。
一般的に日本人男性は、もてなし下手という定評もあります。これは、海外経験
の多い専門家などがよく言っているみたいですね。昔から母親が父親をもてなし
ているのを見て育ったのが原因なのかもしれません。相手が今何を欲しているか
に気を配り、それに瞬間的に応えるというサービス精神を鍛える必要が、これか
らの日本人男性には求められるスキルなのかもしれません。とくに、会社などで
地位が上がって、仕事上でつき合う人が増えてくると、もてなし下手のままでは
済まなくなります。グローバル化した社会ですから、仕事の場が海外に広がれば
なおさらだと思います。報道ニッポンでも、もてなしのスキルについて特集して
みると面白い切り口があるかもしれません。では、「この人とだったらこの先も
つき合っていきたい」と思ってもらえるもてなしをするにはどうすればいいので
しょうか。一番大事な事は、いかにして相手に喜んでもらうかという気持ちの部
分ではないかと思います。相手が喜ぶ工夫を凝らして、相手に「楽しかったで
す」と言ってもらえるようになれば、もてなしも一流といえるのではないかと思
います。







「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
point.xrea.cc
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年9月号のご案内 | 現代画報社

国際通信社 月刊 かみつきサルが脱走

昨年から動物に関するニュースがテレビや新聞で大きく取り上げられていました。
また、国際通信社から発行されている雑誌にも動物に関する記事が様々な内容で
載っているようにも思います。

さて、昨年に100人以上にかみつくなどして静岡県三島市で捕獲されたメスの
ニホンザルがいたのです。名前は「らっきー」とつけられたサルなのですが、
この「らっきー」が1月24日の朝に、飼育先の市立公園から逃げ出したそうなのです。
テレビの情報番組でも取り上げられていました。

市立公園近くのJR三島駅周辺でサルが目撃されていて、市は職員20人態勢で
行方を追っているそうなのですが、同じ24日の正午現在になってもまだ見つかって
いないということでした。市は「人にかみつく危険がある」として、近隣住民に
戸締りなどを呼びかけているそうです。

男性職員が同じ日の朝に「らっきー」専用のオリを1人で清掃する際に、外扉に
鍵をかけずに内扉を開けたところ、逃げ出したそうなのです。逃げ出した際、しばらく
はオリのそばにいたそうなのですが、捕獲し損ねたようで「人的ミスだった」と
謝罪しているようです。

人に危害を与えていたサルがまた逃げているということで、不安に思う人も多い
でしょう。いきなり飛びつかれてはどうしようもありませんよね。
早く捕獲していただきたいものですね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポンを手にして
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

国際通信社 月刊 自転車

雑誌「報道ニッポン」にて「自転車利用」に関する記事が紹介されていたように思います。

私の子供が通園する幼稚園では本来であれば「徒歩で通園するように」と言われているのですが
ほとんどのお母さん方は自転車で子供の送り迎えをしています。
もちろん私も当初は自転車を使って子供の送り迎えをしていました。ところがある日、担任の先生
から「あなたのお子さんは足の筋肉があまり強くないように思います。足を鍛えるためにも徒歩で
通園してください」と言われました。そのアドバイスをきっかけに、徒歩での通園をしています。
片道約15分ほど歩くでしょうか。

ここ最近、「秋雨前線」が原因で雨の日が続きました。雨の日には多くのお母さん方は徒歩での
送り迎えをしているのです。そして、私は雨の日には自転車での送り迎えをしています。

なぜならなるべく早く送り迎えをしたかったからです。
雨の日限定で徒歩通園をしているお母さん方に聞くと、「かなり前、雨の日に自転車に子供を乗せて
いたらすべって転んでしまったことがある」という声が多かったのです。
子供を乗せている状態だったために、子供は怪我をしてしまったそうです。

そのお母さん方の声を聞いてから、急に恐ろしくなりました。今まで、自分は雨の日のみ自転車、
降っていないときは徒歩と他のお母さん方と反対のことをしていました。私が今乗っている自転車
はそこそこ古くなってきています。自分が気をつけていても「万が一」ということもあります。
その「万が一」に遭ってしまった場合、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。
それからは、雨でも晴れでも徒歩で幼稚園の送り迎えをするようになりました。
本当に「今更・・・」といった感じなのですが・・・。

徒歩通園がきっかけなのと、幼稚園で体を相当に動かしているのとで子供の足の筋肉はかなり強く
なったようです。私自身にもいい運動になるので、普段運動しない生活を送っている私にはかなり
プラスになっているのです。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社の取材で・・
報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)

国際通信社 月刊 客室乗務員が薬物で逮捕

新聞記事に載っていたものですが、神奈川県警薬物銃器対策課と山手署が
日本航空の客室乗務員の43歳女性を、覚せい剤取締法違反容疑で10月7日に
逮捕したことが分かったのだそうです。
捜査関係者によると「開始やの将来に対する不安と好奇心から、数ヶ月前から使用
していた」と供述しているということで、容疑を認めているそうです。

逮捕容疑は9月23日の午後6時半ごろ、交際相手の無職男性のマンションで
覚せい剤0.9グラムを約3万円で譲り受けたといいます。
県警によると、女性容疑者は国内線に乗務しているそうです。
そして自宅マンションの寝室から覚せい剤が入っていたとみられるポリ袋や
吸引用のストローが見つかっているそうなのです。

本当に絶えることのない「薬物」。以前には雑誌「現代画報」にも載っていたよう
に思います。
どんなに自分がつらい思いをしようとも、どんなにストレスが溜まっていようとも
決して薬物に手を出してはいけないのです。薬物は、テレビからの情報で聞いた話
によれば、たった一度でも手を出すと一生壊れた自分と戦っていかなければならない
そうなのです。そんなに苦しい思いをしてまで薬物を使用したいのでしょうか。
自分の身に何か起きた時、発散するには他にも方法はあるはずなのですが・・・。
くどいようですが、自分の身に何かが起こっても決して薬物には手を出してはいけません。
薬物は世の中から消え去るべき物なのです。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
太陽光発電
報道ニッポンの飛躍

国際通信社 月刊 レアアースの確保に対する危機管理の考え方



最近のレアアースの問題について感じているところですが、これからの日本の資
源外交 の弱さが現在の問題を生んでいるのではないかと思います。今回の中国
の対応について、そのように感じ ます。尖閣諸島沖での漁船衝突事件がいい
きっかけになったかもしれません。今後、 中国から日本への輸出通関手続きが
停止された場合、希少資源レアアースについて日本はどのように対応するべきで
しょうか。これは大きな問題だと思います。なぜなら、もし輸 入のストップが
長期化すれば、日本のハイテク産業にとって死活問題に発展する可能性があるか
らです。国際ジャーナルでも、レアアースの危機管理に対する具体的な提言を今
こそ考えるべきではないかと思いますがど うでしょうか。政府でも、今回の事
態の深刻さから、早急な資源確保 の総合対策の必要性を理解したのではないか
と思います。まずは代替材料の開発やリサイ クルの強化が必要です。今回の中
国の動きですが、世界貿易のルールに反する疑いもあるといえます。国際社会と
して、このような対応を認めていくのか、重要なテーマではないかと思います。
日 本政府のリスク管理に対する考え方が、正にクローズアップされた事件では
ないかと感じました。





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
マッサージ 大阪
国際ジャーナルの飛躍

国際通信社 月刊 楽観的な犬、悲観的な犬

英国の研究チームによると、犬にも楽観的なタイプと悲観的なタイプがいて、
その性格というのは飼い主の留守中の行動にも現れるのだそうです。
犬を飼われている人は多いと思うのですが、自分が留守中に飼い犬は一体
どのように過ごしているのか・・・ということを気にしたことはないでしょうか。

研究を率いた英ブリストル大学の教授は「人間の心理状態は判断に影響を及ぼし、
幸せな人は曖昧な状況を楽観的にとらえる傾向があると分かっている。今回の
研究では、同様の傾向が犬にもみられた」と説明したのだそうです。

今回の実験では24匹の犬に、部屋の一方の端にあるボウルには餌が入っていて、
反対側のボウルには餌が入っていないと覚えさせたそうです。
その後、中間にボウルを置くと、楽観的な犬は全速力で走って行ったのに対して、
悲観的な犬は躊躇したり走る速度が遅かったというのです。

また、楽観的だと判断された犬は飼い主の留守中に落ち着いていることが多いのに
対して、悲観的な犬は飼い主が帰ってこないのではないかと不安げな様子を見せて
吠えたり悪さをしたりすることが多かったそうです。

犬も感情のある生き物です。喜ぶ時もあれば悲しむ時もあるのです。それは人間と
同じだと思います。そのような犬を人間の勝手な考えで捨ててしまったりするとい
うのはどう思われるでしょうか。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年10月号のご案内 | 国際通信社
insete.sphere.sc

国際通信社 月刊 フジテレビが不適切表現で謝罪

毎週日曜の深夜に放送されている情報番組「Mr.サンデー」で、

女性誌の特集については、あらかじめ取材した上で登場してもらった

愛読者であったにもかかわらず、偶然、街頭で見つけたような

演出していたそうです。



それについて不適切だったと、同番組内で司会の宮根誠司さんが

謝罪していましたね。



フジテレビによると、内容は女性誌の付録についての特集だったそうで、

8月8日と9月26日の2回放送、テーマは2回とも同じだが、

取材対象者は別で、それぞれの回で同じように演出をしていたことを認め、

今後の再発防止に努めるそうです。



こんなこと、今回に限ったことではないし、やらせはある程度、マスメディアには

つきものではないでしょうか。

「テレビの内容は、半々で見ておいた方がいい」、と言われたことがあったので、

100パーセント信用してみていません。

特に芸能人同士のやり取りは、特に・・・



しかし、最近の傾向ではマスメディアが報道すると、それを信じてしまう感じが、

その上、マスメディアの意見に、同調しちゃう傾向がないでしょうか。



報道は自由ですが、でも、嘘はいけませんよね。

テレビという巨大なマスメディアは特に、本当のことを伝えて欲しいです。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報への思い
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社

国際通信社 月刊 大きなイワシ

小豆島沖で、熱帯・亜熱帯の海に生息する「カライワシ」が見つかったのだそうです。
これは、新聞記事に載っていました。

体長は93センチの大物で、蚊がわけんん水産試験場などによると、県内で確認された
のは初めてなのだそうです。黒潮に乗って流されてきたらしいのです。

地元の漁師さんが、1月8日の朝に、小豆島町の橘漁港の沖合東約2キロで仕掛けていた
刺し網に、カレイなどに交じってかかっているのを見つけたのだそうです。
漁師さんは、最初はスズキだと思ったそうです。が、イワシだったのでびっくりしたとの
ことです。30年漁師をしていて初めて見たようですよ。
そして、塩焼きにして食べたところ、サバのような味がしたそうです。

高松市にある水族館によると、国内では沖縄県付近で生息していて体長1メートルにまで
成長するようです。「カタクチイワシ」をそのまま巨大化させたような形なのですが、
「カライワシ目」に属していて、別に種類になります。市場にはほとんど出回らないのだ
そうです。

この冬の海水温は例年よりも数度高い状態が続いてるようです。そのために、真冬のこの
時期にまで生きていたとみられています。
新聞に載っていた写真を見ると、確かに大きいというイメージがありました。
サバのような味・・・というのですから、おそらく「食べられない」というものでは
なかったようですね。市場には出回らないというのが少し残念ですが、出回ったとしたら
どれくらいの値段がつくのでしょうか・・・。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社

国際通信社 月刊 最後の企業説明会

新聞記事に載っていたものなのですが、今年の春卒業予定の大学生の
就職内定率が昨年10月1日現在で57.6パーセントと悪化する中で、
大学4年生と既卒者を対象にした合同企業説明会が、1月16日に
東京の江東区で開かれたそうです。
約1500人もの学生らが詰め掛けたということでした。
その様子は、新聞に写真が載っていました。

主催したのは、東京にある就職情報会社です。この会社によると、今春卒を
対象にした大規模な説明会は今回が最後だそうなのです。
参加した企業は85社だったようですが、85社のブースは立ち見が出るほど
の混雑ぶりだったということでした。

内定ゼロの学生の姿も目立っていて、茨城件から来た4年生の女子大生は、
「今回がラストチャンス。今月中に決まらなかったら就職留年する」という
話を新聞取材でしてくれたようです。
また、ある男子学生は70社受けて全敗中だそうです。「大学まで通わせてくれた
親に申し訳ない気持ち。」という気持ちを新聞取材で話してくれました。
「早く親を安心させたい」と、各ブースを回っていたようです。

国際通信社から発行されている雑誌にも「不景気」に関する雑誌が様々な内容で
載っていましたが、就職も決まらずつらい思いをしている人は大勢います。
この状況を政府はどのように感じ取っているでしょうか。まさか、他人事・・・
ではないですよね。
体調には気をつけて・・・就職活動をされている人、十分に自分をアピールして下さいね。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報を再発見
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

国際通信社 月刊 セブン&アイのネット通販がより便利に!

インターネットにハマっている方は、インターネットでいろいろなものを購入したり、オークションを利用して売ったりしているのではないでしょうか?そんなインターネット通販を良く利用される方のために、セブン&アイ・ホールディングスが、ネット通販事業を大幅に拡充する方針を明らかにしたそうです。なんでも子会社が展開していた通販サイト「セブンネットショッピング」と、イトーヨーカ堂が運営する「イトーヨーカドーネットスーパー」を年内に統合し、統合サイトで将来的にはそごう・西武の商品も一元的に取り扱うことも検討するのだそう。ということは、スーパーで買うような生鮮食料品・日用品からデパートで購入していた高級ブランドまでをカバーしてくれちゃうわけで、忙しい主婦や不便な土地に暮らしている方には嬉しいですよね。ちなみに、セブン&アイは2009年12月に、セブン&アイの傘下の各社が運営していたネット通販を「セブンネットショッピング」に統合して、セブンイレブンやイトーヨーカ堂で取り扱う商品を、宅配やコンビニ受け取りといったサービスを展開中ですよね。ネットスーパーも、今のところお年寄りや主婦に人気だそうで、なんと売上高300億円規模まで拡大したそう。というわけで、もっとインターネット通販に力を入れることにしたわけですね。

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
dolce.cms.am

国際通信社 月刊 輪行通勤

新聞に載っていたのですが、今、折りたたみ自転車を専用の袋に入れて電車や
バスに持ち込んで、駅などから自転車で出社するという「輪行通勤」が人気なのだ
そうです。新聞に目を通すまでは、そのような事が人気を呼んでいるとは
全く知りませんでした。
最近は「エコブーム」と言われていますが、このブームなども相まって新たな通勤
の形として広がりを見せているようです。

折りたたみ自転車といっても、様々な種類が販売されているようです。が、中でも
フレームの真ん中で縦折りするタイプが人気だということなのです。
イギリスで考案された折りたたみ自転車は、値段が6万円前後するそうです。
15秒程度で横が55センチ、奥行きが35センチ、高さが1メートルになるのです。
座席では体の前に抱え込めて、一厘社のように手で押しても移動できるということです。
非常に便利なものがあるのですね。

自転車を持ち込めない公共交通機関もあるようですが、例えばJR西日本は専用の
「輪行袋」に入れればOKだと新聞に書かれていました。もちろん、混雑時などは
安全に気をつける必要があります。
マナーさえ守れば、新しい通勤方法として広まるのでは・・・という声も新聞に
載っていました。
健康のために自転車通勤をしている人が多いと聞きますが、どうしても電車が必要な
距離の場合は、職場近くの駅から自転車で・・・というのも良いかもしれませんね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルで読み解く
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内

国際通信社 月刊 困らないことが困る

時流に疎い我が家は相変わらずアナログ放送を視聴してます。どの番組を観ていても、画面下に鬱陶しく「2011年7月でアナログ放送は終了します~云々」の字幕が延々と流れますが、正直それにも慣れてしまったし、両脇のボーダーにも慣れました(ボーダーはかなり観づらいけど)。子供の友達が遊びに来るとみんな口々に「テレビが分厚いね~」と妙に感心してくれる20年は酷使しているブラウン管テレビを使ってますしね。はは。2011年と言われると、まだまだ先だよと思いますが、来年の7月だよと言われると結構焦ります。テレビ局の人、というか地デジ化対策本部の方、テロップには来年夏には見れなくなるって言った方が効果的ですよ!ここで叫んだところで仕方ありませんが。。国際通信社のwebサイト・異業種ネットのコラムにも「地デジ難民続出の危機── テレビを視られなくなる!?」というお尻をムズムズさせる記事が
載ってます。難民・・まあね、確かにね。でも、テレビが観られなくなって困るのは子供とお年寄りでしょうか。ウチは大して困らない。他所は知りませんが、ウチは困りません。実は他所も大して困らないかも。それぐらい、実はテレビ離れは深刻なんじゃないですかね?最近のテレビって横並びですからね。NHKもすっかり民法化してきたし。みんなでテレビを囲んで一家団欒の構図が失われようとしているのは、今に始まったことではないのかもしれませんが。



現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
press-blog.org | 報道ニッポン | 報道通信社
評判の取材先に行く国際ジャーナル

国際通信社 月刊 一括交付金が与える影響について

地方行政においては、その財源をどうするかが大きな ポイントではないかと思
います。その点から最近注目しているのが、地方が自由に使える資金を増やす方
法です。いま話題となっている一括交付金 がその役割を果たすのかもしれませ
ん。今後も気になる話題です。政府は2011年度予算案で約5千億円を都道府
県に配分する方針を明確にして います。2012年度からは市町村分約5千億
円を加え総額1兆円規模になるとの事です。これからの動きはどうなっていくの
でしょうか。国際 ジャーナルでも、この一括交付金の背景については解説をし
てほしいところです。この一括交付金に対する自治体の対応も重要だと思いま
す。各自 治体がどのように有効に使い道を考えるかによって、その結果は変
わってくると思います。住民にとっても、より充実した自治を実現してほしいと
考えるのではないでしょうか。これからの議論が必要になると思います。既得権
益に執着する中央省庁の抵抗は根強いものが予想されますから、こ の制度を真
に生かすためには今以上の改善が必要かもしれません。これからの政府の対応を
注目していきたいと思います。地方の活性化にどれだけ のインパクトを与える
のか気になりますね。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
商法総則 by 国際ジャーナル

国際通信社 月刊 ビンラディンは生きている?!

アメリカの9・11テロ以来世界的に有名になった人と言えば、ウサマ・ビンラディンではないでしょうか?国際テロ組織のアルカイダの指導者で、巨額の懸賞金が賭けられているにもかかわらず消息不明に近い状態のウサマ・ビンラディン、人々は密かに、ビンラディンは死んでしまっているのではないだろうかと噂している状態ですよね。ところが、ビンラディンの息子であるオマル・ビンラディンさんは「父はまだ生きてるはず」と述べていると言います!ニュースのインタビューに答えたオマル・ビンラディンさん、インターネット上で発表されるビンラディン容疑者の音声声明は本物だといい、声明は最新情勢について語っていて、父はまだ生きていると話しているのだそう。音声操作ってことは、ないのかな?なんて思ってしまいますが、オマル・ビンラディンさんは本物と指摘している様子。ちなみにビンラディンは19人の子供がいて、オマル・ビンラディンさんはその中の一人であり、2007年にイギリス人女性と結婚したことが騒がれたこともあったそう。オマルさんは2001年にアルカイダの拠点を離れて以来、お父さんとは連絡を取っていないようですが、暴力をやめるなら再開したいと言っているそう。うーむ、本当に生きているのかなあ。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルへの思い
国際ジャーナル オンライン

国際通信社 月刊 予防できるがん

一昨日、ちょっと産婦人科に野暮用があって行ってきたのですが、待合室に「予防できるがんがあるって知っていましたか?」という見出しのポスターが貼ってあって、思わず見入ってしまいました。がんを予防する食べ物や健康法とかなら聞いたことがあっても、「予防できる」とハッキリ明言するなんて余程の自信がなきゃ有り得ないでしょ?がんはがんでも、子宮頸がん、20代から30代の女性が罹り易いがんです。
先生に「ポスター見たんですけど、ホントですか?」って聞いちゃいましたよ。先生は「これね~、ニュースでも取り上げてたけど、オススメですよ」とのたまう。国際通信社の雑誌でよく医療関係の最新事情を扱っていますが、このサーバリックスというワクチンについては見かけてないような気がします。その内載るかしら。
パンフレットをもらってよくよく読んでみると、サーバリックスは、子宮頸がんを予防できるのではなく、子宮頸がんの原因となる発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を予防するものでした。発がん性HPVは数十種あって、子宮頸がんのおよそ7割は、この内の16型と18型のいずれかに感染することが発症のきっかけとなるそうです。つまり、この二つの感染を防げれば、かなり高い確率で子宮頸がんを予防できることになります。ただ、残念なのは感染後に接種しても効果はなく、ワクチンでは治癒できないのです。それでも、やっぱり予防できるっていうのはすごいですよね~。まあ 当然というかお約束で保険が効かないんですけどね・・。3回接種で1回1万2000円なり。お願いだからこういうところに国は金を使って欲しいよ。。






「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
lua.weblog.am

国際通信社 月刊 日本人の髪質

日本人といえば「黒髪」というイメージが強いのではないでしょうか。
そして欧米人といえば「金髪」。日本人は「黒髪」といっても、ファッションで
カラーをしたり、脱色したりと様々な色の髪を見かけますが・・・。
ただ、「金髪にしたい」と思っていても欧米人のようなきれいな金髪にするのは
非常に難しいような気がします。
人種によって髪の形状や質などにも違いはあるのでしょうか。

大きく分けると白色人種、黄色人種、黒色人種の3つに分けられます。
毛髪の縮れ具合を表すのに「トロッター係数」という数値があるそうで、毛髪の
最小直径を最大直径で割り、そこに100をかけて算出するというものですが、
その数値が100に近いほど直毛ということになるのだそうです。
日本人など黄色人種の場合は約75~85で、白色人種は62~72、黒色人種は
50~60となっているそうです。

つまり、黄色人種の毛髪は直毛、白色人種はゆるやかなウェーブ、そして黒色人種は
縮れ毛という大まかな特徴が見えてくるようです。また、毛髪の太さにも違いがある
ようで、黄色人種が1番太く、黒色人種は細く、そして白色人種はその中間くらいと
いわれているのです。

みなさんの髪の質はいかがでしょうか。ちなみに私は「多い、太い、固い」。
そして髪の色は真っ黒なのです。今は少しカラーで明るくみせているのですが、
このカラーがとれてくると、真っ黒の髪が見えてきます。
日本人としての「黒髪」。みなさんは大切にしますか?


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社
報道ニッポンを発見

国際通信社 月刊 空港をキーとした地方経済の活性化

最近はアジアの経済発展が世界的にも注目を浴びてい ますが、その中で、今ま
でより安い価格を売り物にした航空サービスが話題となっています。北海道の玄
関である 新千歳空港ですが、この空港に 今アジアの格安航空会社の注目が集
まっているという事が報道されています。この背景にはどんな動きがあるので
しょうか。今のところ、韓国の2 社が定期チャーター便の運航を始めていま
す。それに追加して、今後は中国の上海吉祥航空が、上海との定期便を就航させ
ることを検討中との事で す。帆ッ稼動経済にとってはいいニュースかもしれま
せん。国際ジャーナルでも、このような地方の活性化につながる話題を報道して
ほしいと思い ます。今回の背景ですが、空港ビルを運営する北海道空港の子会
社が地上業務に参入することによって、新千歳空港の国際線受け入れ能力が強
まっ たことなどがあるそうです。新千歳空港に乗り入れたり、検討を始めるア
ジアの航空会社が増えることによって、新たなビジネスチャンスが始まる かも
しれません。農産物を始めとした、北海道の食材が輸出されることも考えられま
す。観光客にとってもいいニュースだと思います。地方の空港 を利用した経済
についても注目したいところです。





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルで評論

国際通信社 月刊 初売り商戦

年明けの恒例となっているニュースが、「初売り商戦」ではないでしょうか。
今年の初売り商戦は、都心の百貨店が軒並み前年の売上高わ上回る好調な
滑り出しとなったようです。

個人消費の回復に期待が膨らむという結果になったのですが、大手スーパーや
家電量販店は前年並みの店の多く、本格回復はまだ不透明な状況です。

新聞記事に載っていたのは、東京・銀座の記事でした。
初売り初日の2日は回転前から福袋目当ての買い物客が書く百貨店の前で長い
列を作りました。プランタン銀座では、女性だけで会食を楽しむという「女子会」
を想定した衣料品や調理用品などの福袋が計40個即日完売して、2日の売上高は
前年を3パーセントも上回ったのです。昨年9月に増床オープンした三越銀座店も
2日の売上げ高は40パーセント増と大幅アップしたそうです。
そして、松屋銀座店も3日の午後5時までの売上げ高は前年と比べると5パーセント
増だったのです。

国際通信社から発行されている雑誌には「不景気」に関する記事が様々な内容で
載っていたようにも思うのですが、まだまだ不景気であります。
ですが「お正月くらいは」と思う人が多かったようですね。
中にはお正月でも、厳しい生活を送っている人も多いのです。
今年は、この国が明るい国になるよう、祈っています。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
仁の取材 報道通信社ブログ
報道通信社|報道ニッポン|記者サイト

国際通信社 月刊 特定保健用食品

現代画報に、「トクホ(特定保健用食品)について知っていますか?」という記事がでていました。
特定保健用食品、名前はなんだか体によさそうな、食べたら健康になりそうな名前ですが、
その定義とは?

調べてみたところ、
特定保健用食品とは、身体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含んでいて、

「お腹の調子を整える」など、特定の保健の目的が期待できることを表示できる食品のことだそうです。
このような、「保健の用途」を表示するには、
個別に生理的機能や特定の保健機能を示す有効性や安全性等に関する科学的根拠に関する審査を受け、
厚生労働大臣の許可を受けることが必要で、許可を受けたものには許可証票がつけられているとのことです。
あの、人がぐーっと体をのばしているマークが、許可証票だそうです。

それぞれ各自の状況にあわせて、
上手にトクホ食品を食生活に取り入れていけば、
病を未然に防いだり、症状を緩和したりする効果がでてくるかもしれません。
普段の生活を送るなかで健康に近づけるお得な食品、
せっかく分かりやすく示してくれていることですし、
買い物の際に少しだけ気をつけて表示を見て、少しずつ取り入れていきたいと思います。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナル 取材

国際通信社 月刊 進んだ金融政策が裏目に出たと評判の欧米諸国

リーマンショックに始まった世界大恐慌ですが、欧米の先進国は軒並み大きなダ
メージを受けています。しかし、そのダメージの差については、各国によって様
々です。では、そのダメージを国別に見ていきたいと思います。もっとも大きな
ダメージを受けたのはどの国でしょうか。まず、アイスランドが上げられます。
アイスランドの経済成長率は2009年にはマイナス8.5%まで落ち込みまし
た。アイスランドは高い金利を武器として、各国から資金を調達しており、その
運用益で高い成長率をキープしていました。いわゆる金融立国です。しかし、今
回の金融危機によって、その構図が大きく崩れてしまったことになりました。そ
のほかにはイギリスも大打撃を受けている状況です。イギリスについても、金融
の自由化を積極的に進めてきたことが、このような世界的な金融危機によって大
きなダメージを受ける事になっています。さらに実体経済においても、急速なイ
ンフレと、失業率の大幅な悪化に苦しめられています。イギリスはEUに加盟し
ておりませんから、ポンドに対する価値下落を一国で受けることになっていま
す。このように、欧米各国の中で、金融に重点をおいていた国が非常に大きなダ
メージを受けたということがよくわかります。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
国際ジャーナルを見つけて

国際通信社 月刊 記号化するデザイン



現代画報にブランドイメージと広告・デザインの関係性についての記事が載っています。有名ブランドのロングセラー商品における共通点を要約していて、とても分かり易い内容です。ブランドイメージを決定づけるのは広告とデザインですよね。だからこそ、商品のパッケージデザインというのはそう簡単にコロコロ変えちゃいかんと思うのです。記事の中でも、ブランドの持つ本質的な意味を捉えたイメージを貫くことの重要性を説いていました。本質を変えず、でもブランドイメージに伝統と革新を持たせることが、時代を超えてその商品を長く愛されるものにするカギだということなんでしょう。消費者にとってそのデザインが記号化するようになるまで、「このロゴを見ると味を思い出せる」域までいくのはなかなか難しいでしょうが。。
記事ではキユーピーを例に挙げてましたが、あの徹底したデザインへのこだわりと広告の打ち方はお見事ですよね~。シンプルでおしゃれ。商品の中身がしっかりしているからこその広告だなあと。マヨネーズを「欠かせない名脇役」というスタンスに押し上げたメーカーだと思います。明治にも頑張ってほしい。板チョコのパッケージ、ロゴデザインを変える必要性を全く感じなかったんですけど。個人的には前の方が好きだったな。。まあ 変えちゃったもんは仕方ない。中身はいつものこれからのブランド戦略に期待したいところです。





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く

国際通信社 月刊 渇いた喉に旨いのは

国際ジャーナル12月号の巻頭特集は「疲弊するビール業界──再起の鍵はどこに?」ですね。第3、第4のビール、ノンアルコールビールなど、ビールのようなもの、に押されているビール。ビールの本当の味を知らない若い子って実は多いのかなと思います。私が大学生の頃はまだ発泡酒なんて無くて、サークルの打ち上げだろうが居酒屋だろうが友達と家飲みだろうが、正真正銘のビールを飲んでました。だから、ビールは苦いもの、酔っ払うもの、麦芽の味がするもの、だったわけです。この当たり前のことが、発泡酒の登場で変わりましたよね。苦くない(わざと苦くしているのもあるが)、アルコール分が低い、麦芽じゃなくて薬っぽい味。ビールっぽくするために投入されている訳の分からない物質のせいで、私は発泡酒を飲むと悪酔いします。。臭いんだよなあ。みんなが平気で飲めることが信じられません。いや お小遣いを減らされたお父さんたちは我慢して飲んでいるとは思うけど。酔いたいだけなら、テキーラとかウォッカを飲んどけばいい。でも、ビールの魅力は渇いた喉にしみ込むときのあの旨さです。あの旨さはビールにしか出せないんだなあ。不況で・・咫璽襪・笋譴覆い里亙・・襪韻鼻▲咫璽覯饉劼呂發辰肇廛薀ぅ匹鮖・辰突澆靴い隼廚い泙后5兇發里埜輕皺修径海韻襪海箸蓮∨榲・量・・・・・からないユーザーを増やすということに気づいて欲しいです。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
国際ジャーナルを手にして
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。