スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 緩やかに回復?

ある新聞社が、国内の主要企業100社を対象とした景気アンケートの結果をまとめ
たそうです。その結果が、新聞に取り上げられていました。

景気の現状認識では「緩やかに回復している」と回答した企業が65社となり、前回2009年10
月調査から大幅に改善したということです。「緩やかに悪化している」は0社で、景気が着実
に持ち直しているとの認識が広がっているといいます。

景気が持ち直している要因では、「輸出の回復」を挙げた企業が74社、「政府による景気対策」
が49社、「国内の個人消費の回復」が29社だったそうです。先行きについても「緩やかに回復
する」は68社で、前回調査の29社から2倍以上増えたのです。

以前、雑誌「現代画報」でも取り上げられていた「鳩山政権」への評価を聞いたところ「高く
評価できる」が0社、「どちらかといえば評価できる」も4社にとどまりました。
鳩山政権に対して、企業が厳しい見方を示していることが鮮明になったのです。

「緩やかに回復」とありますが、私はまったく「回復」しているとは思えません。
仕事がない状況が続きます。生活が厳しい状況が続きます。ごく普通の生活ができない状況
が続きます。これが「回復」と感じることができません。きっと回答した企業というのは、大手
だと思うのですが、中小企業ではまだまだ厳しい状況が続いているところが多いと思います。
鳩山政権も、ぜひ中小企業の状況を目で見て肌で感じていただきたいと思っています。

多くの問題を抱えているとは思うのですが、景気回復こそ大事だと思います。
いつになれば、ごく普通の生活ができるのだろう・・・と祈るしかない日々を送っているのです。




国際通信社 取材
keiba.bulog.jp
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
スポンサーサイト

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 高齢者への虐待が増加

高齢者に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌に様々な内容で載っていた
ように思います。また、テレビや新聞などでも高齢者に関する法律や事件、事故など
も大きく取り上げられているように思います。

2009年度に65歳以上の高齢者が家族や親族、そして介護施設職員から虐待を
受けたケースは、前年度から4.9パーセント増加して1万5691件に上ったこ
とが11月22日、厚生労働省の調査で分かったのだそうです。調査開始以来、
3年連続の増加ということになるそうです。7割近くが要介護認定を受けていて、
死亡に至ったのは8人増の32人だったということです。

調査は、高齢者虐待防止法に基づいて都道府県と市町村が把握した虐待件数を集計
したものです。このうち、家族、親族による虐待は4.9パーセント増の1万5615
件。被害者のうち77.3パーセントが女性で、年代別では80代が最も多かったと
いう結果になったようです。
加害者と同居しているケースは86.4パーセント。加害者の被害者との間柄では、
息子が最多で41パーセントだそうです。続いて夫が17.7パーセント、娘が15.2
パーセントの順になっています。
そして、介護施設職員による虐待事例は8.6パーセント増の76件だったという結果も
出ています。

介護というのはとても大変だと思います。地域に頼ろうとしても介護施設側でも虐待が
起きているという例があがっているとすれば非常に残念な話だと思いませんか?
子供の虐待も増えている中、高齢者への虐待も増えているというのは非常に大きな問題
だと思います。


仁の取材 報道通信社ブログ
国際ジャーナルを求めて 国際通信社
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 対岸の火事

今日の国会答弁は北朝鮮による韓国・延坪島への砲撃に対する政府の対応についてのやり取りでした。いやあ 聴いてて辛いものがありました。だって、どう言われても初動が遅かったこと、閣僚が迅速に招集されなかったこと、閣僚会議が発生から6時間以上経っていたこと、外務、防衛両部門会議や外交安全保障調査会総会への出席者が少なく内容もおざなりだったことは否定できませんから。きっと国際ジャーナルで今回の北朝鮮の砲撃について言及する記事や日本の外交問題に関する記事が載ることでしょう。年内にこれ以上の攻撃がある可能性は十分にあるし、日本の防衛体制がガタガタになっている状態では、これからどうなるんだろうという不安が募ります。。でも、正直言って、これが防衛ではなく攻勢に立つことになるのが一番恐いと思っています。有事だ緊急事態だ日米韓の連携だと騒ぎ立てて、憲法を改正して自衛隊を戦地へ兵隊として送り込むことになるんじゃないかと。いきなりここまで進まないにしても、北朝鮮が待ったなしとなれば分かりません。だって、あの人たちの考えてることなんてサッパリ分からないじゃないですか。国民が餓死しようが鉄砲は作る国で・・垢茵・任眄里脇椶世辰討修Δ笋辰読拗餠・爾靴討燭鵑世・蕁ΑΑ・廼瓩離淵轡腑淵螢坤爐旅睛抜兇噺朕夕腟舛離・礇奪廚詫・鬚剖譴靴澆泙后・・・・・・・
books.weblog.vc
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 仕事は最後まで責任を持って・・・

新聞記事にも社名が載っていたため、ここでも記載させていただこうと思います。
ヤマト運輸は11月24日に、京都府亀岡市の30歳代の男性委託配達員が
2009年11月から今年11月までの1年間に、法人顧客役1200社が
発送したダイレクトメールやカタログなど約2万1000通のメール便を配達
していなかったうえに、一部を自宅裏の焼却炉で焼却処分していたと発表したのです。

ヤマト運輸によると、この男性配達員は2009年3月に委託契約を結んで、亀岡市
北部の配達を担当していたそうなのですが、2009年11月頃から配達しきれない
メール便が増え始めて、未着の問い合わせが少ないと判断したダイレクトメールや
カタログなどを自宅の物置などで保管していたということなのです。
法人顧客からの問い合わせを受けたヤマト運輸の調査で今回のことが発覚したようです。
そして、11月17日に配達員との契約を解除したそうです。
広報課は「再発防止策を徹底し、信頼回復に努めたい」とのコメントを発表しました。

私の家の周りでもメール便を自転車に乗って配達を頑張っている人の姿をよく見かけます。
仕事なのですから責任を持って、自分に与えられた分を最後まで配達されているのです。
暑い日も、寒い日も、雨でも風が強くても配達されている姿を見かけます。
それに比べて今回の30歳代男性の考えというのは非常に怒りを覚えます。
今、不景気を理由に仕事を探してもなかなか見つからないという状況がある中で、仕事を
することができる環境がある上に仕事放棄とは大人として恥ずかしい行動ではないかと
思いました。



現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
ニッポンの夜明け
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル どうしようもないとき

朝から嫌なことがあって、次々に何をやっても裏目に出る何もかもが上手くいかない日というのがあります。12星座占いで12位のアンラッキーな日です。今日はそんな日でした。で、そういうときは開き直ります。「今日はダメな一日だ。何をやっても無駄だから大人しくしていよう。何があっても仕方ないと諦めよう」と。腹が決まれば少々嫌なめにあっても、「ダメな日だから」と乗り切ることができるというわけです。でもまあ この消極的というか後ろ向きな心の持ちようで居られるのは、何も予定が無い時だけです。他人が関わってくるとすっかりテンパッてしまうので、最悪な日はどんどん酷い様相を呈してきます。一人で居てもどんどん悪くなるときはあるけども。
そんな、どうしようもないときを皆どうやってやり過ごしているのかなと思います。どうやって自分を取り戻すのかな?って。時間が流れてしまえば随分楽になるので、時間を潰すことが一番の近道かもしれません。そして、どうせなら、自分の好きなことで時間を埋めてしまいたいですよね。しんどいときは好きなものにも中々手が伸びないし、億劫になってしまいますが。。私は一番落ち込んでいた時期は、自分の好きなものに縋る余裕すらなかったです。何にもできなくて、ただただ時が過ぎてくれるのを待ってた感じ。DVで苦しんでいる人はきっとそうだと思う。国際ジャーナルで特集を組んでたのを読んで、ホロリとしたのは、何も言えずにうずくまっている被害者がどれだけ多いかということ。
どうしようもないときは。。音楽がいいなと思います。好きなアーティストはもちろんだけど、きれいな音楽は心を癒してくれるから。それに、音楽は時間的芸術なんですって。時間が運ぶ芸術。だから聞いてるうちに時間が経っていく。辛い時がどんどん流れていってくれます。どうしようもないときが過ぎたら、声を出さなきゃね。





現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業
報道ニッポンを手にして

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日毎

あんなに暑い日が続き、立秋もなんのその......
なんて感じでしたが、やっと、日毎夜毎に秋が深まってきたようです。
つるべ落としの陽が、あっという間に沈んでいくと、夏よりも数段濃密な夜が訪れま
す。

田舎にいると、たくさんの虫の音も聞こえ、
秋の夜だなとしみじみ思います。

母のもとへ毎週通うようになってから、早、一年。
昨年聞いた虫の音よりも、今年の方が、さらに胸に沁みる気がするのは、どうやら介
護という名の自己満足に浸っている自分に気づいてしまうからかもしれません。

大好きで大切な大切な母です。
ひとりにさせた申し訳なさをいつも抱いています。

それでも、介護はきれいごとだけではすみません。
繰り返す絶望感に、いつしか、母のため、でなく、
自分の気持ちを押し付けるようになっていたのかもしれないなと、
つくづく思いました。
母を思いやれるのは、遠く離れているとき。
傍にいる時などは、変わっていく母にやりきれず、しかったり、無視したり。

なんのために傍にいるのか......

空虚な心に疲れが潜み始めました。

日々、心はざわざわと揺れ動いて定まりませんが、それでも、
母のために出来ることを探していきたいと思うこのごろなのです


ペットジャーナル
国際ジャーナルで評論

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 旨し国

そろそろ鍋が恋しくなってくる季節です。秋冬の我が家の鍋率は1週間に2回くらい。土日家族が揃うと鍋、というパターンです。そういうお家は多いでしょう。何しろ支度が楽(笑)主婦の味方、鍋なのです。でもね~、家族から「また鍋?」と言われるのもまた真なりで、なかなかレパートリーが増えていかないメニューでもあります。定番の水炊き、しゃぶしゃぶ、豆乳鍋、うどんすき、味噌鍋、すき焼き(登場回数は少ない)、キムチ鍋とモツ鍋はまだ子どもが小さいからちょっと敬遠してて・・あと、カレー鍋もやってみましたが、家族には不評でした。そうそう、蒸ししゃぶは結構美味しかったので、今年は頻繁にやりそうです。
個人的に好きなのはチーズフォンデュ。でも絡める具材がマンネリ化してきているなと思って、フォンデュで検索してみたら。。。「焦がし醤油フォンデュ」なるものを発見しました。フォンデュの範疇に入るのかな?とも思いましたが、焦がし醤油・・・かなりそそられますよね?町田の醤油料理店「天忠」のオリジナルメニューで、焦がした醤油をベースにしたソースに肉や魚介、野菜を絡めて食べるのだそうです。〆はもちろんご飯!俵のご飯を絡めて・・ああ それは美味
しそうだなあ~。300年も続く醤油醸造元が開いたお店だけあって、醤油へのこだわりと醤油を使っていかに食材の旨みを引き出すかを追求している感じです。
国際通信社の雑誌は美食・体を中から美しくするための粗食にスポットを当てて、お店の取材をしてますね。こちらのお店なんか正にドンピシャだなと思いますが。
他にも味噌フォンデュや抹茶フォンデュ、伊豆大島では名産の椿油を使った椿フォンデュが名物だそうですよ!椿油でオイルフォンデュって、どんだけ贅沢なんだ!
きっと、フランス語圏でフォンデュを食べている人たちは、こんな風にフォンデュが変身しているなんて思いもしないでしょうね。日本は本当に他国料理を上手くとり入れる旨し国なんだなあと感心してしまいます。自動車や半導体、アニメもいいけど、日本食の美しさと柔軟さを誇りにしてもいいですよね~。





経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンのSpecialistに学べ!を読み解く

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 塀の中にも不況が

国際通信社から発行されている雑誌には、現在の日本の状況「不景気」に関する記事が様々
な内容で取り上げられているように思います。
この不況の波が「塀の中」にも押し寄せているのだそうです。

ある地域の刑務所が民間企業から請け負っている刑務作業の受注が減少して、2009年度の国庫
に納入する作業収益は、2008年度に比べて1割半~2割近く減額となる見通しだということです。

2010年度の目標設定も下げざるを得ない状況だということで、受刑者の就労意欲の醸成や社会
復帰後に生かすための技術習得への影響が懸念されているそうです。職員も受注確保に懸命に
なっているようです。

この刑務所では、原則26歳以上の約1200人の男性受刑者を収容しています。受刑者の平均年齢
は約43歳で、家具類の製作、排水溝のふたや自動車部品の製造、服飾の縫製など、週に5日、
1日に6時間半の刑務作業を担っているそうです。

また、受刑者の高齢化も課題になっているそうです。60歳以上の受刑者が入所するケースも増え
ているようで、年齢を重ねると「立ち作業は難しくなる」といいます。

不景気は、様々な場所に影響を与えています。この状況が改善される日はいつ来るのでしょう。
生活に支障が出ている人も多いのではないかと思います。この日本には、様々な問題を抱えて
いるとテレビや新聞でも取り上げられていますが、私の中では何よりもまず景気を何とかして
頂きたいという気持ちでいっぱいなのです。不安な生活を送ることなく、普通の生活が送れる
ようになる日はいつ来るのでしょうか・・・。




月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社
cyber.sphere.sc
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 不況が原因の事件

国際通信社が発行する国際ジャーナルでも「不況」に関しての記事が取り上げられているかと記憶しています。

先日、その不況のあおりを受けた50代男性がとあるスーパーで逮捕されたニュースがありました。
内容は、男性はあるスーパーで小学校5年生の男の子が楽しそうにしていたのを見かけたようです。
すると、男性はその男の子をトイレの個室に閉じこめ、説教をしたそうです。
男の子は怖くなって泣き出したようで、その泣き声を聞いた友達が店員に状況を伝えたそうです。
そして「監禁」の疑いで逮捕されたようなのです。
閉じ込められた男の子に怪我はなかったようです。

テレビからの情報によると、その50代男性は仕事が減ってきてむしゃくしゃしていたようです。
そんな時にスーパー内で子供が楽しそうにしているところを見かけて「腹がだった」という供述
をしているそうなのです。テレビでそのスーパーが映っていましたが、大きな建物で名の知れた
スーパーなのです。そのような大きなスーパーへ行けば子供は楽しそうにするでしょう。

それを見かけただけで事件を起こすとは・・・と思うと正直私は呆れてしまいました。


しかし、この「不況」が原因で数多くの事件が発生しています。テレビニュースで頻繁に見かける
のは「仕事がなく、金に困った」という内容です。
「不況」でなくとも、強盗事件などは多発しているでしょう。ただ「仕事がなくイライラしていた」
「仕事が減って、思うようにいかずにイライラした」などの理由で何の罪もない、また顔見知りで
もない「誰でもよかった」という人の命を奪ったり、重傷を負わせたりする事件が増えている
ように私は思うのです。

なんと恐ろしい国になってしまったのでしょう。「不況」でなくとも、ちょっとしたことから
殺人につながる場合もあるでしょう。
「安心して外を歩けない」と思っている方も少なくはないのではないでしょうか。
私も表には出しませんが、「何があるかわからない」と思っているうちの1人です。
まして子供を連れて外出することが多いので、安心できる国になってもらいたいものです。



国際進のジャーナル
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 小さな命から

先日、我が家で飼っていた熱帯魚のネオンテトラがバタバタと死んでしまいました。原因はまだよく分かっていないのですが、餌のやりすぎと水質の悪化ではないかと思われます。小さな小さなメダカぐらいのサイズのネオンテトラです。でもやっぱり死んでしまうと悲しい。近所の神社下に埋めました。子どもたちは「朝起きたらまた死んじゃうの?」とちょっとナーバスに。。とにかく水を交換して水温を徐々に上げて、餌の回数と量を減らして・・・、やっとのことで水槽の中が落ち着きました。9匹の内、生き残ったのはたった1匹です。小さな命ですが、この数日は家の中がどことなくざわざわと不穏な空気でいっぱいになりました。生き物を育てるというのは、本当に子どもの教育にはもってこいなんだなあと実感しましたよ。。「死」を学ぶために、この小さな命たちを育てるのだなと。命の大切さをいくら美しく説いても、子どもには中々伝わらないのです。言葉だけでは足りないから、先に小さな「死」を目の当たりにすることで、命が儚く、そして尊いものであることを知るんですね。
目で見て、手で触れて、鼻で嗅いで。そういう体験しなければ得られない知識と知恵が、今の教育現場に求められているのでしょう。国際通信社の各雑誌で教育については様々な角度、現場の声が記事にされていますね。ただ、体験学習は、作られた「体験」であってはならないと思います。マニュアル化された体験じゃどうしようもない。昆虫採集に行って、カブトムシではなくゴミムシを見つけたからってそれは間違いじゃないし、蝉の抜け殻を見つけても面白いのです。全てが発見であり体験になるのだということを、大人が子どもに教えないと、「カブトムシいないじゃん、つまんない。帰ってゲームしよ~」になるわけです。ホント、それじゃあつまんない。





あゆみの取材で・・報道通信社
経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 再犯

ある新聞記事に「再犯」の文字が大きく載っていました。

法務省が、2009年度版「犯罪白書」を公表したのです。2008年に検挙された人のうち、再犯者の
占める割合は42パーセントで、1997年以降12年連続の増加になったそうです。
覚せい剤取締法違反で検挙されたのは10776人で、このうち再犯者は57パーセントに上がったそう
です。この57パーセントという数字から、薬物犯罪の常習性の高さが浮き彫りになったようです。
今年は芸能人による薬物事件が相次ぐなど世論の関心も高まっており、再犯防止策の重要性を指摘
しているようです。

白書は、生活が不安定なほど再犯の危険性は高くなると分析し、更生の余地が大きい初犯者や若年者
に対し、早い段階で適切な処置を取る事が重要だとしました。
そして就労状況が不安定なほど、再犯率が高まる傾向も過去にはみられたようです。

また居住状況別に再犯率を見ると、窃盗、覚せい剤ともに家族や友人と同居している人よりも
住所不定やホームレスの人の方が高かったのだそうです。

以前から毎日のように「コンビニ強盗」「引ったくり」とテレビや新聞で取り上げられています
が、今は不景気でなかなか職につけない、お金に困るといった状況が増えているように思います。
そういった理由から犯罪を犯してしまうという状況が増えているのでしょう。

いつになればこの不景気から脱出できるのでしょう。不景気というのが犯罪を増やす大きな理由の
ひとつなのではと私は思うのです。
政権交代が現実となってから時間が経過しています。一刻も早い対応を願いたいものです。




報道通信社|報道ニッポン|記者サイト
取材日記 国際通信社
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 経済の実態を把握するための方法とは?

最近の経済状況を理解する上で、大切なことはなんでしょうか。国際ジャーナル
の記事などは、日本の経済を理解する上でも、役にたつことが多いと感じていま
す。なんといっても、経済は数字が大切です。例えば、2008年の勤労者世帯
貯蓄額の中央値は757万円となりますが、一方平均値は1250万円です。平
均と中央値ではかなり違いがでてきます。どちらの数字を使うのかは、自分の知
りたい内容によると思います。ですから、マスコミが報道する数字については、
それがどのように計算されているのかを知ることが必要です。単純な数値だけを
真に受けると、正体を誤ってみてしまうかもしれません。数値で実態をごまかす
ことも可能かもしれませんから、注意が必要になります。たとえば、ある会社の
人材募集で平均年収を高く出していても、社員数やばらつきによって、その実態
は見えてくるはずですね。そんな感じで、休日のリラックスした時間には、この
ような経済の数値データをじっくり分析してみるのが、最近のマイブームになっ
ています。これが、日本経済の今後を判断することに対して、役立つのではない
かと思っていますから、これはしっかりと研究を続けていきたいと思います。







iceland.bex.jp
太陽光発電

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ビデオ映像流出で・・・

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡るビデオ映像が流出した事件が、
テレビや新聞などで頻繁に取り上げられているように思います。
番組によっては、放送時間全てを使って特集をしていたところもありました。

この事件について、警視庁などの聴取を受けている神戸会海上保安部の男性は
が動画サイトへの映像登校を上司に申し出たようです。新聞記事に載っていました。
この際に、「罪の意識はまったくない」と話していたことが、海上保安庁関係者への
取材で分かったのだそうです。
固い決意に基づく行動だったことを示唆する発言といえ、警視庁などは具体的な動機
を追求するそうです。

ただ、海上保安庁が刑事告発していることを踏まえて、「任意の聴取があれば応じる
つもり」と述べたということなのです。
神戸海保によると、この男性は当時、淡路島沖をパトロールしていたそうですが、
その際に、映像が神戸の漫画喫茶から投稿されたと報道されていることが話題になると、
急にふさぎこんで、船長が理由をただしたところ、自分が投稿したと打ち明けたと
いうことなのです。

この「映像流出」に関して、あるテレビ番組では街頭インタビューをしていました。
ほとんどの人・・・というわけではありませんでしたが、多くの人が「流出したことに
問題はないのでは」というようなことを話していたように思うのです。映像が流出した
ことで事実が明らかになったと、納得している人の意見を耳にしました。
この事件については考えが様々だと思います。みなさんは、どうお考えでしょうか?


報道ニッポン | 報道通信社 | 国際通信社グループ 国際ジャーナル 現代画報
報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 消費税

国際通信社国際ジャーナルに、「あなたは増額に反対?賛成?── 消費税の使い道と真の役目を知る 」という
記事が出ていました。

消費税が開始されて20年が過ぎようとしています。
20年前、私はまだ小学生だったので、
ただ単純にものの値段が高くなるような気がして、
小学生なりにとても嫌だった覚えがあります。
また、ワイドショーなどでは消費税が始まる前に、高価な電化製品などは買っておきましょうと
声高に宣伝されていたように記憶しています。
当時3%だった消費税は、現在は5%。
20年の間で増額されたのは1度きりでした。
その後もたびたび増額の話題がでながらも、
今のところは据え置きされています。
自分としては、海外の基準から見ると日本の消費税はまだ低い水準ではないかと思いますが、
でもやはりなんとなく、増額されるのはちょっとなぁ。。。という気もします。

政権が変わり、今後は消費税に関する議論も今までとは違った方向に進む可能性もありますが、
ただ単に増額、減額だけに着目するのではなく、
それが過去どのように使われてきたかを明らかにし、
今後の情勢に一番あった方法を選んで欲しいと思います。

太陽光発電
現代画報の飛躍
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 一人にしないで

現代画報社の現代画報に載っていた「ITボケ」の記事、あまり聞き慣れない言葉だったのでちょっと調べてみました。ITボケというのは、パソコンや携帯などのIT機器を四六時中使うことによって脳の機能が低下し、記憶障害などのボケ症状が出てくること。脳神経外科の医師の造語なんですね~。もう10年以上前からそんな症状の患者が出てきていたんだそうです。その筑山氏曰く、「ITに100%頼りきった生活をしていたら、半年ほどでITボケになる」そうですが、何しろその症例が恐い。仕事や用事は全てメール、人と会話することなくオフィスに篭りきって働いていたサラリーマンが、ある日電車の切符の買い方が分からなくなっていた、とか。
我が身を振り返ってみると、毎日パソコンに向かって調べ事は大体ネットで済ませているし、文字を書くこともあまりない、携帯でメールしまくってるし、基本的に相手のメアドと電話番号は機械任せで覚えてない、うわー・・・やばいかも。。でも、家族が居るから救いはあるわ。毎日子どもの相手をしてるし、旦那とも話すし。その旦那もコンピューター関係の仕事してますが、漢字が咄嗟に出てこないことが多いと最近ぼやいてました。子どもに教えようにもお父さんがそれじゃマズイわな。
一人暮らしの20代30代の人がボケ易いのは分かる気がします。仕事ばかりで自分の時間が持てない、友人ともなかなか遊べない、同僚とは反りが合わず・・となったら、生のコミュニケーションを取れるところがほとんど無くなりますものね。
ITボケ対策はただ一つ、「人と交流する」ことだそうです。積極的に人と会話をすると結構脳ミソ使いますよね。相手の反応を見て、色んな角度から話題を広げていかないと、なかなか長く話すことは出来ないですからね。でも、そうやって考えて慮って、推測して想像して、人間は考える葦ですよ、コミュニケーションによってその脳を維持しているのかもしれませんよ。人は一人では生きていけないのだから。






現代画報で読み解く
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 精神保健福祉士

国際通信社国際ジャーナルに、
「入院生活にも、社会復帰にも不安のない環境を 大きな役割を担う精神保健福祉士」

という記事が出ていました。

精神保健福祉士とは、1997年に誕生した精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格だそうです。
21世紀はこころの時代と言われていますが、
それを象徴するように、身体的に問題なく、経済的にも人並みで生活に困難はないはずであるにも関わらず、
こころの病によりさまざまな障害を抱える人が増加しています。

現代は多様な価値観が錯綜する時代にあり、こころのあり様は私たちがもっとも関心を寄せる問題といえるでしょう。

特に、日本では、たまたまこころの病を負ったことで、
さまざまな障害を抱えた人々(精神障害者)に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みは、
先進諸国の中で制度的に著しく立ち遅れた状況が長年続いていました。
近年になり、関係法の改正などにより、ようやく精神障害者も私たちと同じ一市民として
地域社会で暮らすための基盤整備が図られることとなりました。
精神保健福祉士は、社会福祉学を学問的基盤として、
精神障害者の抱える生活問題や社会問題の解決のための援助や、
社会参加に向けての支援活動を通して、その人らしいライフスタイルの獲得を目標としています。
さらに、高ストレス社会といわれる現代にあって、広く国民の精神保健保持に資するために、
医療、保健、そして福祉にまたがる領域で活躍する精神保健福祉士の役割はますます重要になってきています。

私はこの記事により初めてこの職を知りましたが、
今後その役割は目が離せないものになると確信します。

tigers.ebb.jp
bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 冬のお楽しみ

我が家のチビっこたちは、夏のうちから「クリスマスまであと何日?」とか「サンタさんにこれをお願いするんだ!」とか、誕生日と同じくらい「クリスマス」は特別な特別なものです。11月にもなると、一日一回は「サンタさん」と「クリスマス」という言葉が飛び交っています。親としては
正直うるさいくらいなのですが、自分もそうだったなあと思い返して、「今日は何をお願いすることにしたの?」と聞いてやることにしています。
ちょっと前に「本当にサンタさんて居るのかな?」と、小2の兄が真剣な顔で聞いてくるので、「サンタさんを信じてないとサンタさんは来なくなるよ」と教えてやりました。ついでに「お母さんは子どもの時、サンタさんなんか居ないよ~と思ったら、その年のクリスマスにはプレゼントをもらえなくなっちゃった」と付け足しました。狙い通り、「居る!絶対に居る!!」と叫ぶ息子。笑えるな~。そうそう、その調子で信じてくれ。世知辛い世の中、ファンタジーがなくっちゃね!と思いつつ、世知辛い財布は、彼が望むプレゼントを叶えられるか、かなり怪しいです。上手く誘導しないとなあ。。
現代画報の映画レヴューに「クリスマス・キャロル」が出てますね。「クリスマス・キャロル」というと、俳優の市村正親氏の顔がどーんと思い浮かんでしまう。以前テレビで1人芝居でスクルージ老人を演じていて、ホントに上手だったのが印象に残ってるんだと思います。ロバート・ゼメキスがどんな世界観を見せてくれるか楽しみですね~。同じ3Dのクリスマス・アニメなら、「ポーラ・エクスプレス」も面白かった。トム・ハンクスが何役もこなしてて、これも上手かったです。吹き替え版の唐沢寿明もすっごいはまり役だったなあ。彼はトイ・ストーリーの吹き替えもやってますよね。何気に声が良いんだわ。インフルが恐いけど、劇場で観たいなあ「クリスマス・キャロル」。





ベンチャージャーナル
現代画報 取材

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 再び使用し始めた化粧品

以前、報道通信社の報道ニッポンにて「美容」をテーマにした記事が紹介されていたように
記憶しています。

「美容」に日常かかせないのが、「化粧品」なのではないでしょうか。
店に行くと数多くの化粧品が販売されています。どれもこれもパッケージに凝っていて、

興味を惹く商品ばかりのような気がします。
以前に、私が使用したことがある商品でパッケージに外国の赤ちゃんの写真が載っている化粧品
が販売されています。「赤ちゃんのような水分たっぷりの肌になろう」というのが、その商品の
売りだそうです。以前使用しているときに何も思わなかったのですが、最近、店で手につけて
みるとかなりアルコールの匂いがきついのです。数多くの化粧品には匂いがあるかと思うのですが
人によっては苦手な匂い、大丈夫だと思う匂いがあるのではないでしょうか。
化粧品の効果が自分の目的にあっているものでも、匂いが苦手で使用するのを諦める方も実は
少なくはないようです。

また、あるインターネットの化粧品クチコミサイトでよく見かけるのが「以前使っていた商品だが
別の商品に浮気していた。でもやっぱり戻ってきました」という文章なのです。
私もそうなのですが、長く同じメーカーの同じ化粧品を使用していると飽きてしまう方も多いよう
です。そしてついつい別の商品を購入してしまう・・・ということ、私自身よくあることなのです。
他の商品に買い替えるということは、やはり今まで使用していた化粧品は自分の中では満足していな
い商品なのかもしれませんね。「他にも値段が安くていいものがあるかもしれない」と思うと、
店に行き、商品調査をし始めるのです。
再び使用し始めた化粧品があるということは、やはりその商品に魅力があるのでしょう。


自分が心から満足できる化粧品に巡り合えたら素晴らしいことではないでしょうか。



報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社
評判のお店を取材 報道通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル NICU満床という状況

先日、新聞を何気なく見ていました。そして、1つの記事に目が止まったのです。

「新生児ICU満床状態」というタイトルでその記事は載っていました。
ある新聞社が重症の妊産婦や新生児の緊急治療にあたる全国の総合周産期母子医療センターに対し
治療体制などについてアンケートを行ったそうです。
早産期などを受け入れる新生児集中治療室(NICU)の今年4月~9月の平均稼働率は93.7パーセント
で「ほぼ100パーセント」「100パーセント以上」と答えた施設も20施設にのぼったそうです。
この「NICU」について、以前に雑誌「現代画報」で取り上げられていたと記憶しています。

調査は10月に全国のセンター77箇所に行い、64施設から回答を得たそうです。
1施設あたりの平均病床数(13床)からみると空き病床数は0.8床程度しかないことになるそうです。
この数字を見ると、緊急入院を受け入れる余裕がないことが理解できます。

出産というのは、「無事出産」という言葉をよく耳にしますがこの「無事出産」が当たり前では
ないように私は思うのです。1つの命をこの世に生み出すのには、多くの難関というのでしょうか、
そういったものを通って赤ちゃんは生まれてくるのです。途中、何かトラブルがあれば医者に頼る
しかないわけですが、その何かあったときに受け入れが厳しい状態では安心して子供を産むことが
できないのではないでしょうか。
現在、ドラマでも産婦人科をテーマにしたものが放送されているようなのですが、命を生み出す
産婦人科の医師というのは休暇もなく、休憩もできず、睡眠もまともにとれないという過酷な状況
であるようです。

「少子化対策」という言葉をよく耳にするのですが、「少子化対策」の中にもやはり安心して子供
が産める状況、そして何かトラブルがあったときには必ず受け入れてもらえる環境が必要なのでは
ないかと私は思うのです。
大変な思いをしてでも我が子を自分で抱けるというのは、親にとって感動以上のものがあるので
はないでしょうか。小さな体で頑張る我が子の姿を見る親の気持ち、理解できますでしょうか。



needle.coresv.net
bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 今こそ国家全体としての戦略が重要

民主党の菅首相もいろいろと大変な局面ではないかと 日々感じます。なかなか
支持率も上昇しません。最近、菅首相が強調したのは経済・財政・社会保障の一
体的な立て直しではないかと思いますが、 その成果はすぐにでるものではあり
ません。これからの国会運営もあわせて、頑張って欲しいところです。国際
ジャーナルでは、菅首相の評価をど のように考えているのでしょうか。その点
は聞いてみたいところです。今の政府の経済政策として、医療、介護、環境など
の分野で雇用を創出する 事を中心に考えているみたいです。これはうまくいく
のでしょうか。国民にとって大きな懸念となっている雇用不安を和らげることが
重要です。そ の結果として、個人消費を活発にして、デフレから抜け出すと言
うシナリオが、求められているのではないでしょうか。そのほかにも、財政再建
が 大きなテーマです。税金の無駄の洗い出しを始めとして、行政のあり方につ
いて根本から考え直す時代になっています。いまこそ年金、介護・医 療、子育
て支援という社会保障の全体像を示す時期ではないかと思います。政府及び菅首
相としての、長期的な戦略を国民にもわかりやすく提示し て、それを実現して
ほしいところです。





今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して
仁の取材 報道通信社ブログ

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 愛し愛され生きるのさ

国際ジャーナル10月号の巻頭特集は「“ふるさと”活性 地域ブランドの課題と将来」です。ふるさと=故郷・生誕地ではなく、現在自分が生活を営む場所、これから生活するであろう場所など人によっていくつもふるさとは存在するのだ、と「ふるさと」の定義についても考察していますね。父が転勤族だったために、生まれてすぐ引っ越し引っ越しを繰り返してきた人間には、「ふるさと」はありません。初めて親友ができた土地、1人暮らしを始めた町、子供を産んだ町、いろいろ愛着深い土地はありますが、ふるさとではないのです。終の棲家であっても、そこはふるさとにはならないでしょう。じゃあ、ふるさとの解釈をもっと広げて、地方分権の見地から見直すべきか、そうは思いません。別にふるさとという括りで地域を活性化させる必要はないんじゃないかと。例えば、都心になるけれど、自由が丘という町は自由が丘を愛する人たちの手で作られ、生かされ、守られている町です。「ゲゲゲの鬼太郎ロード」で有名な境港市は区役所が町おこしのために鬼太郎ロードを作って、商店街の人たちの工夫であそこまでの賑わいを手に入れました。自分の趣味に合う大好きな土地、・・垢・擦濛海韻燭づ效蓮・γ紊里△訶效呂鮓亀い砲靴燭い箸い・廚い・△譴弌・・、海靴呂任④襪鵑犬磴覆い・隼廚い泙后・垢瓦・僖錙爾・廚襪任靴腓Δ韻鼻・擇靴修Δ任后・・・・・・
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年11月号のご案内 | 現代画報社
realestate.ebb.jp

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル インドで虫入り琥珀発見。

動物の化石とかって、昔の地球に想いを馳せるロマンが感じられちゃいますが、特に好きな方は自分で掘ってみたいなんて思われるんじゃないでしょうか?そんな化石好きな方には面白いニュースです!なんでも、インド西部のアラビア海に面したカンバート湾沿岸で、アリやハチ、ハエ、クモなどが入った、なんと5200万~5000万年前の琥珀が発見されたのだそうですよ。ちなみに琥珀は、木の樹脂が固まったもので、確か映画のジュラシックパークでは、琥珀の中に入っていた蚊の血から恐竜を復活されていましたよね。10月28日にアメリカの科学アカデミー紀要電子版に発表された、ドイツのボン大などの研究チームが話すところに寄れば、現在、東南アジアの熱帯雨林に多いフタバガキ類の樹脂とみられている琥珀だそうで、アジア熱帯雨林の最も古い証拠となっているのだそう。また、琥珀の中に含まれているアリやハチなどを分析してみると、ヨーロッパやオーストラリア、南米などに生息した仲間と近いそうで、インドの生態系の独自性があまり高くなかったことが明らかになったのだそう。そうなのか~、と別に余り気にもなりませんけどね。この発見された琥珀、なんと約150キロもあるそうで、中に入っているアリなどの節足動物は約100種の計約700匹に上ったそうですよ~。これは見てみたい!化石より保存状態が良いのが琥珀の特徴だそうで、植物の小さな花や葉、花粉なども見つかっているとのことです。

rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。