スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 人間も驚いた美少女ロボット

最近、テレビや新聞で人間そのものの動きをするロボットの記事が頻繁に載って
いるように思います。やはり技術の発達がすごいのでしょうか。
国際通信社から発行されている雑誌にも、様々な技術についての記事が角度を
変えて載っていたように思います。

先日の新聞に載っていたロボットの記事なのですが、今回は「美少女ロボット」だ
そうです。
この美少女ロボットが披露したのは「歌」と「踊り」なのだそうです。
披露した歌と踊りは、想像を超えたものだったといいます。
披露された場所は、東京の「デジタルコンテンツEXPO 2010」の会場で
目の当たりにした人からも、またライブ映像を見た人からも驚嘆の声が上がったのです。
会場の空気ががらっと変わったくらいだということです。
「ロボット離れ」した歌と踊りには「人間のダンサーと比べると不自然さはあるけど、
それでもすごい」などの意見が飛び交ったようです。

美少女ロボットは、ある研究所が開発した日本人女性型ロボットで、身長は158センチ
体重は43キロと、人間の女性でもよくある体型だと思います。
そのとおり、体型は日本人成年女性の平均値を参考に作られているそうで、人間に極めて
近い動作が可能だそうです。
子供たちに人気のあるアニメに「ドラえもん」があると思うのですが、この「ドラえもん」
は、ひょっとしたら「夢の中の存在」ではなくて現実のものになってしまう時がくるの
かもしれませんね。


国際ジャーナル 取材
weblog.cms.am
スポンサーサイト

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 最近のニュースで・・・


最近、中学生が同級生や友人に暴力をふるい、死亡させたり重傷を負わせるという事件をよく
テレビで見かけます。
以前、雑誌「国際ジャーナル」で「今どきの子供」というテーマで特集が紹介されていたように
記憶していますが、今どきの子供は「キレやすい」のでしょうか。

以前、小学生の子供が中学生による暴力に遭うという事件がありました。
理由は「自分の自転車を勝手に乗られたから」という理由だったかと思います。
私はそのニュースを見て「そんなことで・・・」と大変驚きました。

話をすればきっと解決することであろう事でも、テレビからは「暴力を」という言葉がよく聞こえ
てくるのです。非常に悲しい事だと思います。

近所に住んでいる小学生の男の子の母親は「うちの子、気に入らないことがあったらすぐにキレる」
ということを私に話してくれたことがあります。少しでも思い通りにならないと、家の物をすぐに
床に投げつけながら泣きじゃくるそうなのです。フライパン、鍋、手鏡など・・・。私に接する
時はいつもニコニコしながらきちんと挨拶をする子供なのです。「まさか」と思いました。
ただ、「まさかこの子が」と思う子が人に危害を与えるようになってしまったら・・・そういった
事もあるでしょう。

そして最近の大人は「学生が悪いことをしていたり、人に迷惑をかけていることをしていても
注意ができない」という声をテレビを通じて聞いたことがあります。理由は「殴られたり、ナイフ
でも持っていたら恐ろしい」というのです。昔は、大人が平気で他人の子供を注意していたもの
です。しかも、頭を叩かれた人もいるかもしれません。
実は私も子供の頃に近所のおじさんに叩かれた経験があるのですが・・・。
時代はすっかり変わり、「人の心」まで変わってしまっているようです。



tiara.happy.nu
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年1月号のご案内 | 現代画報社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 婚活

国際ジャーナルに、結婚活動・・・いわゆる「婚活」に関する記事が出ていました。
最近頻繁に聞かれる言葉となり、ドラマのタイトルにまで登場した「婚活」。

今までは、婚活がはやりだした主な原因を、
女性の社会進出の広がりにより、仕事をがんばるあまり出会いのチャンスがないまま
30代半ばになってしまった女性が増えたことではないかと単純に考えていましたが、
どうもそれだけではないようです。

昨年より始まった空前の不況で、規模の大きな企業ですら倒産したり、
リストラが横行したりと社会不安が増大したことや、
社会保障の先行きが見えない昨今、
なるべくゆとりある老後の生活が送れるよう、
できる限り安定した大企業に勤める人を結婚相手にしたいと考える女性が増えたことも

大きな原因のひとつのようです。

さらに、最近は男性の婚活も増えてきたとか。
最近の人気は、
自分より少し収入の少ない、しかし長く働ける安定した企業に勤める女性とも言われています。
男女とも、婚活の主な目的は、現在から将来に続く経済的な安定なのかもしれません。


そうであるならば、
先々どんな業界のどんな企業が伸びていくか、
今後求められるのはどのような人材か、
また自分はどのような人間になればよりよい相手と結ばれることができるか、など、
相手を見る目を養い、自分の能力をより高める動機にもなり、
婚活は自分磨きにつながるきっかけとしての役割ももつことでしょう。

tigers.ebb.jp
今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル せんべいで振り込め詐欺防犯

国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように記憶しているのが「高齢者」
に関する記事です。
テレビや新聞でも高齢者にまつわる事故や事件、様々な問題などが報道されている
ように思います。中でも「振り込め詐欺」については、なかなか途切れることのない
悪質な犯罪です。高齢者でなくとも「頭ではわかっていても話に乗ってしまう」という
ある高齢者のインタビューがテレビでも放送されていました。
「弱い立場の人をだます」という考えが沸く人の気持ちが信じられません。

そこで青森県の八戸市では、特産の南部せんべいを活用した「振り込め詐欺」被害の
防止キャンペーンが行われたということなのです。
その名も「振り込ませんべい」と名づけられた南部せんべいを配って、注意喚起を
呼びかけているのです。
八戸地区連合防犯協会が10月16日に啓発イベントなどで配布を始めました。

準備したのは、八戸市のせんべい業者でつくる「八戸せんべい組合」というところです。
組合に所属する業者が発案して1400枚を防犯協会に寄贈したそうなのです。
せんべいの包みには「うまい話にごまかされないで!」「怪しい話はまめに確認を!」
のメッセージを添えているということです。
組合長は「社会問題となっている振り込め詐欺を少しでも減らすことができれば」と
せんべい効果に期待しているそうです。

銀行のATMにも振り込め詐欺には注意するようなステッカーが貼られていますが、
それでも騙されてしまうのです。悔しいですね。


needle.coresv.net
bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル チリの作業員救出

やはり、この日は朝からテレビ各局が話題1本に絞っていたように思います。
日本からもレポーターが現場近くで取材を行っていました。
その日というのは10月13日でした。

チリ北部コピアポ近郊のサンホセ鉱山の落盤事故で、深さ600メートル以上
の地下坑道からカプセルを使った作業員の引き上げが始まったのです。

この日の午前0時10分、日本時間では13日午後0時10分ですが、最初の
作業員が地上に到達し、その約1時間後には2人目も帰還したのです。
救出作業が順調に進めば、地下に閉じ込められた作業員33人全員の帰還が
2日以内に完了すると言われていました。

「奇跡の生還」の第1号となったのは、鉱山勤務歴5年のフロシレンシオ・
アバロスさんという31歳の男性でした。立て坑やカプセルの状態を報告する
責任を負う先人の人選では「知識と経験があり、壮健であることが条件」と
されてその基準に合致したのです。そして2人目はマリオ・セプルベダさんという
40歳男性でした。

この日、1人目が無事に地上に上がってきた瞬間、テレビでバラエティ番組が
一時中断して瞬間をテレビを通じて報道していました。感動的瞬間でした。
家族はこの日をどれだけ待っていたことでしょうか。不安な日々を送られていた
と思いますが、本当によかったです。私はテレビを通じて感動を覚えました。
家族の嬉しい表情、あの表情は心に残ります。


国際プレス 国際ジャーナル 国際通信社
報道ニッポンを手にして

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 出産育児金を上回る出産費用

厚生労働省は10月13日に、社会保障審議会の医療保険部会で出産費用の
全国平均が47万3626円に上るとの調査結果を発表したということです。
先ほどの出産費用の全国平均は平成22年8月時点の費用だそうです。
現行の出産育児一時金は原則42万円で、本人負担が5万円上回る実態が
明らかになったのです。

調査は各都道府県の国民健康保険団体連合会に申請された正常分娩に伴う
請求書5万3192件を集計したものです。下位25パーセントの平均費用は
42万5955円でした。最も平均費用が高かったのは東京都の56万3617円。
神奈川県、栃木県、そして宮城県の3県も50万を超えたそうです。
一方で、最低は鳥取県の39万1459円で、続いて熊本県の40万6439円
でした。この数字から地域格差も顕著になったのです。

この出産育児一時金は平成21年10月から22年度末までの暫定措置として、4万
上乗せされて42万となっています。13日の部会では、42万円の恒久措置化を
求める意見があった一方で、38万に戻すべきとする声もあがったようです。

雑誌「現代画報」でも以前に「出産」や「育児」に関する記事が載っていたように
思います。お金が欲しくて子供を産もうと思う人というのは少ないように思います。
一時金でかなりの金額をもらったとしても、育児中にかかる金額というのが相当な
ものになるのです。今の不景気の状態が改善されない限り、「子供がほしい」と
思う人が出産をするとは思えないのですが・・・。


国際ジャーナル通信
占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 日本とアメリカとの経済協調のあり方について



野田佳彦財務相が、ワシントンでガイトナー米財務長官と会談しています。これ
は、日本とアメリカのこれからの経済政 策について、重要な動きになる可能性
があります。これからの日本とアメリカの経済的な関係については、国際ジャー
ナルでも深く分析して欲 しいテーマの一つです。当面は、為替問題などにおい
て、今後の国際 会議などで日米が連携することで一致した模様です。特に通貨
安定がポイントです。そのため の多国間協議の枠組みが必要という認識も話が
でたそうです。今後の日米の連携に注目したいところです。日本は9 月に為替
介入を実施しています。これについて はすでに先進7カ国財務相・中央銀行総
裁会議で説明済みとなっています。これから の大きな話題には、中国の人民元
問題があると思います。これについての動きはどう なんでしょうか。ちょっと
気になるところです。いずれにしても、世界経済の回復のために、経常収支の黒
字国を中心に輸出依存を減らす必要が あります。また、各国で内需を拡大すべ
きだと思います。日本の経済 対策についてアメリカとも共同歩調をとりなが
ら、これからの建て直しに期待したいと思います。いずれ にしても注目すべき
ニュースだと思います。



経済情報誌 国際ジャーナル 2009年2月号のご案内 | 国際通信社
ponyo.cute.bz

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 杉本彩、自伝本発売

40代になって今もなおセクシーな魅力を放ち続ける、タレントの杉本彩さん。そんな杉本彩さんファンの人には、ぜひ読んでみたい本が出版されるようですね。なんでも自分の自叙伝「リベラルライフ」という本だそうです。そのほんの発売記念ということで、都内でイベントを行われた杉本さん、本のことについてもコメントしているようです。なんでも本の内容は、家族との確執だけではなく、なんと自殺を図った経験などを赤裸々につづった1冊だそうで、化粧品会社の経営をめぐって妹と対立したそうで、結果としてはなんと妹と暮らしているお母さまへの仕送りまでをやめたことなどを記しているそうで「さよなら、家族」と決別宣言までしているそうです。うーん、家族とさよならなんて、悲しすぎる気がしますが、家族だからとなんでも許すわけにはいかないのも事実かもしれませんよね。家族は助け合わないといけないのに。。。杉本さん自身は本について、一文ごとに書いていいのかというためらいがあったそうですが、自分の人生を書く上では避けられないことだったのだそう。ちなみに杉本さん、新しい化粧品ブランド「リベラータ」もスタートさせたそうで、本を書いたことで気分もスッキリした模様です。

現代画報で読み解く
国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 臨時国会で望まれる多くの課題解決



10月からは臨時国会が開催されますが、今の日本に とっては解決するべき問
題が山積みとなっています。今回の臨時国会は、いわゆるねじれ国会として、参
院で野党が多数を占める状況になっていま す。菅直人首相としても、本格論戦
の場となるはずです。この国会の動向については、国際ジャーナルなどのマスコ
ミ各誌でも、さかんに報道され ると思いますが、詳細な分析がほしいところで
す。民主党としては、野党とも十分に議論する必要があります。数の論理は通用
しません。政策に対 する、個別の部分連合も考えられると思います。ねじれ国
会をうまく乗り切るために、様々な思惑が働くと思います。試金石となる政策は
なんで しょうか。それは2010年度の補正予算案ではないかと思います。最
大4兆6千億円規模の補正予算案の編成が、菅首相から指示されています。 今
の日本では、円高や雇用不安に加えて、地方の経済立て直しも急務です。与野党
とも、景気対策の必要性では相違がないと思います。政府は追加 経済対策とし
て、家電や住宅のエコポイント制度の延長などを盛り込んでいます。これらの緊
急対策に加えて、新たな雇用を創出するための取組み も必要となってきます。
活発な議論を望みたいですね。





ハッピージャーナル | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
見聞国際通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 菅首相に期待する様々な日本の問題解決



閉塞感が漂う日本ですが、菅首相に期待するところ は、本当に広範囲にあると
思います。経済や社会保障の懸案解決が求められています。地域主権改革の推進
も大きなテーマとなっています。補助金 の一括交付金化によってその点を解決
していきたいと菅首相が述べていますので、その効果には期待したいところで
す。実際のところ、地方の疲弊 状態は本当に進んでいると感じます。地方自治
体からは、補助金が減らされることになるのではないかという心配の声も上がっ
ていますから、菅首 相は自治体側と協議して、地域の再生につながる仕組みを
整えてもらいたいと思います。国際ジャーナルでも、地域の経済回復の方法につ
いては、 提言を行って欲しいところです。また、アメリカとの懸案事項となっ
ている普天間問題についても、これからの慎重な取組みが重要です。なによ
り、沖縄県民が納得できる解決方法が重要だと思います。最近大きな話題となっ
ている、尖閣諸島沖での漁船衝突事件をめぐる日中の対立について は、これか
らの中国との外交について、今一度日本としての戦略が必要ではないかと思いま
す。このように菅首相に期待するテーマは沢山あります が、これからもいまま
で以上に頑張って欲しいですね。





国際ジャーナルに掲載
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル ビジネスパーソンとインターネットのスキルについて



今の日本の経済環境においては、どんなビジネスを行 うにしても、インター
ネットの知識はとても重要だと思います。専門的な知識が必要なわけではありま
せんが、最低限のインターネット用語などの 知識はあると便利な知識です。こ
れはどのように身につけるかというろ、本やセミナーで勉強したり、詳しい人に
話を聞いてみるといいかもしれま せん。国際ジャーナルでも、インターネット
とビジネスの関係については、わかりやすい記事を書いて欲しいところですね。
また、経営、経済など について幅広く勉強する事も、これからはビジネスパー
ソンにとって大事な事ではないでしょうか。今の複雑なビジネス環境でうまく仕
事をしてい くには、インターネットのほかにも広い知識が必要です。ですか
ら、時間を作って経営や経済に関連する各分野について、本などを読んでみると
い いかもしれませんね。ビジネスパーソンとしては、様々な知識が必要となり
ます。それらの知識を活用して、前向きに仕事をしたいところですね。 与えら
れた仕事をこなすだけでは、これからの社会ではやっていけないかもしれませ
ん。インターネットで情報収集してみると、そのような知識の 勉強方法も見つ
かるかもしれません。





国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
国際ジャーナルを見つけて
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。