スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 夏を越すにも神頼み

今日8月23日は暦の上では二十四節季の「処暑」。天気予報でも、35℃を超
える暑さはひとまず落ち着く、と言っています。

それにしても今年の夏は凄まじい暑さでした。

今年は熱中症が日本を震撼させましたが、梅雨時は食中毒が起きやすく、かつて
はO-157が発生して死者を多数出しました。このように、日本と言うのはも
ともと高温多湿の気候。じめじめした梅雨入りを皮切りに、夏は何かと病気にな
りやすい季節。

なので日本人の生活は、家屋も夏を過ごしやすく工夫されていることが多いです
ね。冬はどんどん着こんで暖めればいいけれど、夏は脱ぐにも限界がありますか
ら、建物そのもののつくりも風通しよく造られています。

さらに神頼み?でしょうか。梅雨が明けるあたりから、ほうぼうの神社では疫病
除けの「夏越の祓」が行われます。

鳥居に大きな「茅」の輪がしつらえられ、作法にのっとってこの輪をくぐると無
病息災でいられる、「茅の輪くぐり」が見られます。

これは「蘇民将来」とその一族が、茅の輪を腰に巻いたことで恐ろしい疫病神か
ら逃れた故事にちなみます。

日本の三大祭りの一つに数えられる京都の祇園祭。この時に売られる厄除け粽に
は、「蘇民将来子孫也」と書いたお札が添えられています。

現代画報2010年7月号の記事に「夏の病に打ち勝つ」とありますが、暑く長
い日本の夏を乗り切ろうとする知恵が、こんなところにもあらわれているようで
す。



shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年10月号のご案内 | 報道通信社
スポンサーサイト

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 景気が悪い時の家計対策


これだけ景気が悪くなると、各家庭でも防衛策を取らなくてはならないと思いま
す。そのためにはどうすればいいのでしょうか。いままでの様に収入が右肩上が
りで増えていれば、それほど心配はないかもしれません。一方、今の時代の様
に、収入が減るリスクが大きい時は、計画的な家計管理が必要です。一番大切な
ことは収入を増やす事ですが、本業で増やす事が難しい場合、副業を考えてみる
手があると思います。最近は、ネットなどでも副業が探せるようになっていま
す。要は意識の持ち方ではないでしょうか。収入を増やす一方、支出は減らす必
要があります。これは節約の方法ですが、それだけではありません。無駄に買っ
ているもの、惰性で買っているものがないか、今一度見直す事が重要です。例え
ば、銀行口座からお金を下ろす場合の手数料なども、気を使わずにやっている
と、月に数千円かかっている事もありますね。買い物する場合でも、あらかじめ
買い物リストを作ってからお店に行くと、衝動買いをすることもなくなります。
これはお金持ちが行っている方法でもあります。お金持ちになるには、それなり
のお金の管理方法があるという事ですね。皆さんも今一度家計の運営を見直して
みてはどうでしょうか。






国際通信社の取材で・・
報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル やじうまプラスが終わるらしい。

最近、年をとったなあ~と感じるのが、昔からやっている番組が新しい番組に切り替わる時!なんだか、世代交代?!って言われているようで、アラサーの私はいやーな感じを受けます。そんなことを思っていたら、今度はテレビ朝日系列の朝の情報番組で月曜日から金曜日まで、毎朝5時25分、土曜日は朝の6時半からやっている「やじうまプラス」が、9月いっぱいで終了するというじゃありませんか!うーん、よく寝ぼけ眼で仕事行く前に見ていたのになあ。土曜日は、朝起きてとりあえずテレビをつけると、これだったのに。ちなみに「やじうまプラス」は、1981年にスタートした「おはようテレビ朝日」の続きとして、2002年の7月にスタートしたのだそう。そうだったっけ?「おはようテレビ朝日」のことは、全く記憶にないのですが。。。 他の番組に先駆けた、新聞紙面の紹介コーナーなどで人気だったそうですが、最近になって視聴率は4-5%台だったのだそうですよ。うーん、ちょっと朝早すぎるんだよね、たぶん。「やじうまプラス」が終わった後も、新しい情報番組が組まれるようですが、朝のまだ早い時間帯だけに、あんまり視聴者を掴むのは簡単ではなさそうですよね。なにかほかの番組とは違う強いものを持たないと、生き残ってはいけない今日この頃ですね。

国際・報道通信社のつぶやき
現代プレス | 現代画報 国際ジャーナル 報道ニッポン
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル スーパーの売上高

新聞に載っていた記事なのですが、日本チェーンストア協会が8月23日に
7月の全国スーパー売上高を発表したそうです。
既存店ベースで前年と同じ月に比べて1.2パーセント減少して、20か月
連続で前年を下回ったという結果が出たそうです。
販売総額は約1兆503億円という数字が出ていました。

今年の夏は「例年にない猛暑」とテレビや新聞でも言われています。
多くの人が「冷たいものを飲みたい、食べたい」と思ったのでしょうか、飲料や
アイスクリームなどは売れたと言うことなのですが、根強い節約志向や7月前半
の西日本を中心とした豪雨の影響で全体としては減少という結果になってしまっ
ているようです。業種によっては「猛暑効果で売り上げ増」というところもある
かと思うのですが、スーパーに関しては「猛暑効果」とはいかなかったようです。

そして部門別でも載っていました。人間にとって必要な食料品が0.5パーセント
減。猛暑により飲料に加えてそうめんやウナギは売れたということですが、刺身な
どの水産物や畜産物の売れ行きが悪かったそうなのです。
衣料品に関しては汗を吸収する機能性肌着や水着は売り上げを伸ばしたということ
ですが、子供服が不振で全体では0.8パーセント減だったということです。
日用雑貨品など住関連品も2.7パーセント減だったそうです。

日本チェーンストア協会は「節約志向が続いており、本格的な消費回復の実感はない」
と話しています。雑誌「現代画報」でも載っていたのですが、やはりまだまだ「不景気」
が続くため、多くの人が「節約」の生活を送っているのですね。私もそうですが・・・


rex.xrea.nu
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年1月号のご案内 | 国際通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 現代人にピッタリのエクササイズ・ヨガ

ハリウッド・セレブの間ではもうすでに「常識」のエクササイズとして定着しているヨガ。日本でもヨガのレッスンが受けられないスポーツ・クラブ/ジムがないくらい、ヨガは多くの現代人のエクササイズの一つとして取り入れられ、定着していますよね。一昔前までは、ヨガといえばジジババのやるエクササイズ、といった目で見られていたようですが、やはりハリウッドのセレブレティーがさっそうとヨガマットを丸めてジムバッグに入れ、持ち歩いている姿や、トップモデルなどが体型維持のためにヨガを取り入れているとされてからは、若い女性を中心に爆発的に需要が伸びているようです。2009年8月号の国際ジャーナルのコラムでも、「ヨガのススメ」といってヨガについて触れられていましたが、やはりヨガは間違いなく「IN」のエクササイズのようですね。また、ヨガは若い人だけでなく中高年の方でも無理なくできるエクササイズで、ゆっくりとポーズを取ることで見た目はキツそうではないのに、実際に行う方にとってはかなり効果的なエクササイズの一つでもあるようです。深く深呼吸をしたり、瞑想を取り入れることで体だけでなく心もリラックスするようで、せわしない世の中を生きる現代人には必要なエクササイズなのかもしれませんね。

飛躍!報道通信社の日記
報道ニッポン インフルエンザ報道と自己防衛/報道通信社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 第一印象って大事

報道ニッポン8月号の地域特集は千葉県ですね。このところ、我が家は千葉贔屓です。5月にマザー牧場へ行って、とても楽しい思い出を作れたことが大きいと思います。広いんですよ、マザー牧場。牧場というか、自然を満喫!って感じで。ホストの人たちもこなれてて飽きなかったし。金銭的にも今アクアラインはETC利用で全日800円ですしね。横浜から千葉へ行くのに木更津経由だと所要時間が全然違います。あと、ラッキーだったのは、海ほたるPAに並ばずにすんなり入れたこと。渋滞にはまることなく、スイ~と駐車できて、晩御飯も美味しかったです。海ほたる=渋滞というイメージが払拭されちゃいました(いや これはツイてただけ)。
そして、先日、南房総へ海水浴に行ってきたのですが、これまた良かった。前日に台風が通り過ぎたばかりだったので、波が高いんじゃないか、透明度が落ちているんじゃないか、Uターンラッシュに巻き込まれるかもと心配したのは杞憂でした。波は非常に穏やかで、砂浜にはワカメが固まっているぐらいでゴミはほとんど無く(海の家の人が片付けてくれた?)、透明度150センチはありましたよ。千葉で泳いだのは初めてだったけれど、来年も来たい!と思わせてくれました。帰りもすごく空いていて、館山の海水浴場から横浜まで2時間で帰ってきましたよ。めっちゃスムーズ!金曜日とはいえ、絶対帰りは渋滞だと覚悟していたのに、肩透かしをくったみたいにラクチンだったなあ。次は千葉のどこへ行こうかと計画するのが楽しみです。



報道ニッポンを手にして
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 暑さを逆手に

連日猛暑の記録を伸ばし続けている日本列島。その中でも”日本一暑い町”の座
を争い、抜きつ抜かれつしているのが、岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市、といっ
ていいでしょうか。

多治見市は今年の7月23日にはなんと39.4℃を記録しました。過去には4
0℃を記録したこともありますから、もう、堂々たる首位の座(?)ですね。

一方の熊谷市も、ヒートアイランドにフェーン現象と、「日本一暑い町」の条件
は十分。

さてその熊谷市、「暑さ」をまちづくりに生かそうと、「あついぞ!熊谷」~ホ
ットだ!ヒートだ!チャレンジだ!~の合言葉のもとに、色んなアイデアを打ち
出しています。


熊谷のおいしい水から作られた貫目氷。これを雪のようにふわふわに削り、店ご
とにオリジナルのシロップを使用したかき氷、「雪くま」もそのひとつ。

また市内のデパート「八木橋」のエントランスにはなんと高さ約4メートルの巨
大温度計が設置されています。目盛りは手動で動かすのだとか。

「雪くま」や、最近話題の「冷やしシャンプー」ができる地図などを乗せたその
名も「暑いぞcom」と銘打ったポータルサイトが楽しそうです。

現代画報2010年7月の記事に「夏の病に打ち勝つ」とありますが、暑さを逆
手にとって楽しんでしまおうというのも、猛暑を乗り切る知恵かもしれません。



見聞国際通信社
国際ジャーナル 世界のアイデア商品

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 新しいもみじマーク

新しいマークの誕生です!なんのマークかと言えば、おじいちゃんおばあちゃんが車を運転しているという、初心者マークの老人バージョンのマークです。警察庁が8月19日に、70歳以上のドライバーにつけつようにいわれている高齢運転者標識「もみじマーク」を、四葉のクローバーをモチーフとした新たなデザインに変更すると発表したそうですよ。これから、道路交通法施行規則を改正して、年内にも導入されるとのことですが、もみじマークも当分の間は使用できるとのこと。警察庁によれば、新しいデザインの四葉のクローバーマークは、大阪市のグラフィックデザイナー、松山幹生さん(31)が考えたものだそう。四葉のクローバーとシニアの「S」を組み合わせた、今までよりカラフルで楽しいデザインのマークとなり、元気に老後を楽しまれている現代のおじいちゃんおばあちゃんには、ピッタリなマークですよね。ちなみにこの新しい高齢運転者標識は、1万4573点の応募の中から選んだものだそうで、有識者による検討委員会がもみじマークを含めた5点に絞り、そして70歳以上の高齢ドライバーなどからも意見を取り入れ、「色合いがさわやかで印象がよく、高齢運転者が誇りを持って表示できる」ということで選ばれたそう。初心者マークもこの際変えればいいのに!

経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社
movies.weblog.tc

報道ニッポンと現代画報の特集記事 命あっての物種です

今年の梅雨は、各地で大雨が降り、土石流や床上浸水などが相次ぎ、死者も大勢
出ましたね。

そんな梅雨も明けてみれば、あれだけゲリラ豪雨に悩まされたのが、猛暑の連続


台風が一度来ましたが、今年に入ってから発生はこれで4つだけという少なさ。
降雨量こそ多かったものの、以後雨はほとんど降らず気温は上がる一方。

全国ほぼ33℃超えの日々が続き、各地で熱中症の被害が続出しています。

総務省消防庁によると、今年5月末から8月15日までに、熱中症で搬送された
人は約3万1600人。なんとそのうち32人が搬送直後になくなっています。

東京23区内では、死者は8月16日までの1か月でなんと100人にものぼり、
これは戦後最悪の記録だそうです。

熱中症で死亡する最大の原因が、どうやらエアコンをつけないことのようです。

高齢者は冷房による冷えすぎを嫌う人が多いため、エアコンを使用しないことが
多く、更に最近は熱帯夜を上回る「スーパー熱帯夜」が続き、寝ている間に体温
が上昇しています。
また高齢になるほど、感覚が鈍くなり、自分の喉の渇きに気付かず、脱水状態に
なることが多いのです。

環境のためにエアコン使用を控えるのも大切ですが、今年の猛暑にはそんなこと
は言っていられません。

現代画報2010年7月の記事に「夏の病に打ち勝つ」というテーマがありました。

みなさん、命のためにはしっかりエアコンを稼働しましょう!


国際ジャーナルを見つけて
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト

報道ニッポンと現代画報の特集記事 JALとANAのお盆期間の利用実績

最近経営再建が求められている大企業と言えば、頭に浮かぶのが日本航空(JAL)ではないでしょうか?そんなJALと全日本空輸(ANA)が8月16日に、今年のお盆期間(8月6日~15日の間)の利用実績を発表したそうですよ。その結果、国内、国際線ともに天下のJALは減少してしまったそうですが、その分かANAは増加したそうです。しかも最近の円高傾向が影響しているのか、国際線の搭乗率は両社とも9割近くまで伸びたそうで、経営陣は満足しているかも。今回のお盆は、休みが週末に重なったことで長い日数お休みが取れる人が多かったということで、海外旅行へ行っちゃえとなったのかも?ちなみに、JALとANAの利用実績の詳細はと言えば、JALの国際線旅客数は、去年のお盆期間と比べると11.9%減の約32万5000人だそうで、搭乗率は89.2%。ただし、この高い搭乗率は、座席数を約2割減らしたことで搭乗率が底上げされる形になっているそうです。JALを利用した海外旅行先では、アメリカのハワイ線やオーストラリア線が多かったようです。そしてANAの方はと言えば、
国際線旅客数は12.3%増の約16万6000人だそうで、搭乗率は88.2%。ヨーロッパ線、上海万博を開催中の中国線は座席数を増やしたことから、いつもより多くの利用客を増やすことができたそう。国内線については、JALの旅客数は10.8%減っての約114万6000人で、搭乗率は68.1%、ANAは5.6%増えて約134万1000人で、搭乗率は71.4%だったそうです。

国際・報道通信社のつぶやき
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?

報道ニッポンと現代画報の特集記事 タッキー&翼、活動再開?!

タッキー&翼ファンの方には、良いニュースが入ってきました!というのも、タッキー&翼のタッキーこと滝沢秀明さんが7月15日に行った、神奈川県にある横浜アリーナのソロコンサートで、「次回はタキツバで皆さんの前に立ちたい!!」と話をしたからです!7月15日はツアー最終日だったようで、滝沢さんは、「時間かけてコンサートを作っても、あっという間に終わってしまってさみしい、次は、タキツバで皆さんのとこに戻って来たい」とファンのみなさんの前で語られたようですね。そのことで、ファンからは大歓声を浴びたそうですよ。全国ツアーの最終日を迎えた。タキツバといえば、08年6月にシングルCD「恋詩‐コイウタ‐」を発表してから休業状態でしたが、年内にも活動を再開したいと思っている様子です。そういえば、タッキーは何かと忙しそうだけれど、相方の翼は何をやっているんだろう。テレビを見ていると、時々登場したりしているのかな?何しろ、タッキーファンも翼ファンも、タッキー&翼の活動再開にかなりの期待をしているのは間違いなさそうですね~!ファンにとっては待望の活動再開がいつになるのか、ファンのみなさまは待ち遠しいですよね。きっと良い曲を引っさげて戻ってきてくれるのでは?

あゆみの取材で・・報道通信社
経済情報誌 報道ニッポン 2009年6月号のご案内

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 ゴマパワー

報道ニッポンに「ゴマの秘密」というコラムが載っていますね。ゴマ、大好きなので料理でよく使います。ゴマの効能といえば・・、ゴマの中に含まれる有効成分・ゴマリグナンは抗酸化物質であり、豊富に含まれるビタミンEも抗酸化物質なので、ゴマには強力な抗酸化作用があると言えます。また、血管にこびりつく悪玉コレステロールの過酸化を防ぎ、たっぷり含まれる不飽和
脂肪酸が血中の悪玉コレステロールを減らしてくれます。他にはゴマに含まれるセサミンはストレスに対抗するホルモンの分泌を促したり、美容効果、がん予防にも良いとされていますね。まあ あんな小さな粒々がよく働いてくれるんだなあと感心します。
一番よく作るゴマを使った料理は、和え物です。ゴマ和えにすれば、どんな野菜でも美味しく食べれちゃいますから。ポイントは香りを大切にすること、すり鉢ですること、水気の多い野菜を使うときは食べる直前に和えること(野菜の水気でべちゃべちゃのゴマ和えにならないように)。お酢やしょうがを入れると夏でもサッパリ食べられて、大好きです。あと、ゴマ油もよく使いますよ。炒め物の仕上げに入れると香りが立って美味しくなるし、澄まし汁にちょこっと垂らすだけで中華風になるし、春雨のサラダには絶対に欠かせないなあ。食欲を湧かせる香りがしますよね、ゴマって。そんなゴマパワーで猛暑を乗り切りたいものです。



現代画報を再発見
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 日本は寂しい国でしょうか・・・

ここのところ高齢者の所在不明に関するニュースがテレビや新聞で大きく
取り上げられています。以前、雑誌「現代画報」でも「高齢者」に関する記事が
紹介されていたように思います。「所在不明」に関する記事ではありませんが・・・。

先日は、神戸市東灘区の話が新聞に載っていました。本来であれば「国内最高齢」
となる125歳の女性の住所地が29年前から市の公園になっていたというのです。
非常に驚きました。29年という長い期間で誰も気づかなかったのでしょうか・・・。

8月10日、神戸市が発表した100歳以上で住民基本台帳の所在地に居住して
いない高齢者は105人もいるというのです。ですが、市内の9区役所は区内の所在
不明者を把握していたのに、基本台帳を変更していなかったというのですから驚きです。

1995年の阪神大震災後、独居高齢者の増加や孤独死が社会問題になった神戸市で
新たな高齢者に関する問題が浮上したのです。

神戸市だけではありません。多くの地域で所在不明の高齢者が多数いるといいます。
日本は長寿国などといわれていますが、本当に長寿の国なのでしょうか。
それは帳簿上だけなのか・・・と疑ってしまいます。実際、蓋をあけてみれば実は
そうではなかった・・・というパターンにはならないでしょうか。
身内がどのような対応をしているのか家庭によって異なるとは思うのですが、
毎日のようにテレビで報道されているのを見ると、寂しい感じがします。
年金だけが動いているのですから・・・。


国際通信社の取材で・・
報道通信社.com | 報道ニッポン | 国際通信社グループ (国際ジャーナル 現代画報)

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 信じられない「処分」

先日、あるテレビ番組の特集でなんとも悲しく、つらい話が報じられていました。
それは、「捨てられた犬の処分」という内容でした。

私自身、犬がとても大好きで小さな頃から犬のいる生活が続いていましたので、
目を覆う内容でした。途中で、チャンネルを変えてしまったのが事実です。
あまりにもつらい内容でしたので、テーマの冒頭だけしか見る事ができませんでした。


毎年、約10万匹もの犬が「処分」されるんだそうです。命ある動物を「処分」という
言葉で片付けるのも非常に辛い話です。ある保健所の人の話では「ガスによる安楽死」

であるということなんです。インタビューに答えた保健所の人も重い口調で話をしてい

ました。

本来であれば、自分の家に犬が来た日から「家族の一員」なのです。病気になれば
病院へ連れて行き、食べ物を与え、飲み物を与え、人間と同じ生活をするのです。
人によっては、服を買ってあげたりもします。ある飼い主の話では「自分の子供が
小さかった頃、服を買うときにどれにしようか悩んだものです。子供が小さかった頃を

思い出しながらこの子(ペットの犬の事)に服を選んでいます。楽しいですよ」という

声もありました。

そうです。ペットを「この子」と言えるくらいに、家族の一員なのです。
私は、ペットを「この子」と呼ぶ気持ちがとてもよくわかるんですよ。
私の母も、飼っていた犬の事を「この子」とよく呼んでいました。
母いわく「自分が産んだわけじゃないけど、自分の子供みたいだから」だそうです。
そのような気持ちで飼っている人もいるんではないでしょうか。

そして、家族の一員である犬は、かわいがられて時には怒られもするでしょう。その家で
最期を迎える・・・。これが、当たり前のことなんです。飼い主の責任でもあるんです。

ただその時は、言葉に表せないくらいに辛いものですが・・・。

それを身勝手な理由で「捨てる」なんて信じられないことです。ありえないことです。

命あるものを粗末にしていいのでしょうか。
どのような気持ちで、無責任な行動をとることができるのでしょうか。
「捨てる」人の顔を見てみたいものです。

それでも、法律によれば動物は「物」として扱われる・・・と聞いたことがあります。

もし、違っていたら申し訳ありません。

私の中では、ペットは「物」ではありません。れっきとした「家族」です。
「家族」は、最期まで世話をしてあげるのが家族としての「責任」です。
家族である「子供」や「親」を捨てますか?捨てないですよね。捨てることはできないですよね。
それは「大事なんだ」という気持ちがあるからだと思います。ペットも同じ気持ちで
育ててあげるべきなんです。育てなければならないんです。
縁があって、家に来た「家族」ですから・・・。

捨てられた「動物」を「処分」だなんて聞きたくないですよね。
絶対に捨てないでください。「物」ではありません。生きています。
そして、かわいいかわいい「家族」なんですから・・・。



国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
ジャーナルライフ

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 梅干しが変身 ウエディングプラムが評判で業績回復

紀州和歌山の梅の本場で農産物の加工・販売を手がけ、梅干が主力商品の株式会社 勝喜梅が、この長引く不況でお中元、お歳暮の需要が細り、売り上げが減少、そこで打開策として、スーパーなどのPB商品を開発し巻き返しを図ろうとしたが、かえって価格競争に巻き込まれ、営業赤字がでるまでの苦境に立たされたという。そこで、会社の原点である高給路線に立ち戻り、結婚式の引き出物に梅干しを提案するというアイデアで、売り上げを伸ばしているという。単に売り上げが伸びるだけでなく、結婚シーズンがお中元、お歳暮シーズンとずれており、年間を通して工場稼動が平準化されるという効果でコストダウンにもなり業績が持ち直していると言う。
如何に先入観念に捉われてはいけないかと言う見本のようなビジネスの新しい需要開拓、チャネル開拓です。通常、結婚式と梅干はあまり繋がらないが、1個ずつ梅干を和紙に個別包装して、洋菓子を思わせる斬新なデザインと一粒から購入できる手軽さで「ウエディングプラム」というネーミングで、販売をしたという。これが、ヒットして主力ブランドまでに成長しているそうである。披露宴の後、梅干しがその日の疲れを癒やすお茶漬けとしても好まれるのではと考えての開発、チャネル開拓であったという。たまたま原点が高級品であったことが、奏功したのかもしれないが、価格競争を早々にあきらめて差別化、新規チャネル開発が会社を救ったようです。




国際ジャーナルから発展して
占い日記

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 ワールドカップと参院選で賑わう日本

6月19日にテレビでも放送されましたが、ワールドカップ9日目の日本対オランダの試合
がありました。
多くの人が興味を持ち、応援したのではないでしょうか。
結果は1対0で日本は敗れ、1勝1敗で勝ち点のままです。次回の日本の試合は6月24日の
グループリーグ最終戦「デンマーク戦」に持ち越されました。

よくテレビでは「オランダは強い」ということを耳にしました。
私自身サッカーのことは全くわかりませんので、どれだけ強いのか、日本がどれだけ
世界に通用するのかというのが分かりませんが、今回のオランダ戦については多くの人
が「頑張った」と認めておられると思うのです。

世界ではワールドカップが注目されています。普段、私のようにサッカーに興味がないと
いう人もテレビを通じて応援していることだと思うのですが、一方では7月に行われる
参院選についてもテレビでは取り上げられています。昨年夏に現実のものとなった、「政
権交代」後、今回の選挙では各党がどのようなマニフェストをあげるのでしょうか。
「政権交代」については雑誌「現代画報」でも紹介されていたように思います。
テレビニュースを見ていると「消費税10パーセント」などという庶民としては非常に気に
なる発言がされています。今後の生活、どのように代わってしまうのでしょうか。
悪い方向へ向かわなければよいのですが・・・。


現代画報への思い
opem-press.net | 現代画報 | 現代画報社

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 購買の重要性

企業においては、いろいろな機能がありますが、購買という機能はその中でも重
要な役割があります。では、「購買」と聞いて、一般的なビジネスパーソンは何
をイメージするでしょうか。ちょっと固めにまとめると、「購買とは、企業活動
に必要な資材・設備などを外部から購入・調達すること」、という具合になりま
すが、ここまで正確に理解しているビジネスパーソンはあまりいません。また、
購買業務を行う人の事を、「バイヤー」と呼びますが、「バイヤーをやっていま
す」というと、「洋服とか雑貨を輸入しているのですか?」と言われる事がよく
あります。残念ながら、まだ「購買」という機能は日本ではメジャーではありま
せんが、単に商品の仕入だけではなく、建物、設備、備品、販促、各種サービス
など、その対象範囲は非常に多岐に渡ります。企業においては、購買部や資材部
などの他、総務・人事・開発・宣伝・設備管理・情報システムなど、様々な部門
で「購買活動」は行われています。簡単にいうと、「企業で一番お金を使う」お
仕事です。企業において購買が重要な機能である事は、ビジネスパーソンであれ
ば理解してもらえる内容です。国際ジャーナルなどの雑誌でも、購買の重要性に
ついて分析してもらえると助かります。







現代画報の取材で・・
現代画報 スポーツ選手は取材の名人? 現代画報社

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 正念場が続く菅内閣の行方



選挙が終わって菅内閣の政策についてもこれから注目していきたいところです。
この内閣によって、ど のような政策が実現されるのか、国民にとっても興味深
いものがあります。政治主導による政策決定への取り組みは今後どうなっていく
ので しょうか。これからまた以前の様な官僚頼みの政治に戻るのではないかと
いう心配がちょっとあります。例えば、昨年9月に内閣官房に新設し た国家戦
略室の権限が大幅に縮小されています。このような政策については国際ジャーナ
ルでも分析をしっかり行って欲しいところです。菅直 人首相の考え方はどのよ
うになっているのでしょうか。各省にまたがる政策の総合調整という役割は少し
後退しているのかもしれません。今後 は中長期のビジョンなどを練る組織にな
るという報道がありまs。予算編成や税財政改革をめぐる調整など、これからの
政権運営にとって非常 に重要なものがあります。内閣として、早急に体制作り
をしていく必要があると言えるでしょう。政治家によって具体的な成果を出して
いくた めには、まだまだ時間がかかりそうです。官僚との関係についても、こ
れからの再構築が必要になってくると思います。菅内閣にとっては正念 場が続
くところではないかと思います。




keiba.bulog.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 21世紀型のライフプラン

現代画報に、21世紀型のライフプランという事で、ひとりでどのよ
うに生きていくかという事が特集されていました。これは興味深い話題ではない
かと思います。これからの社会では、高齢化と同時に、一人で暮らしていく人が
増えてくるのではないかと思います。それは結婚の減少というデータにも繋がっ
ていると思います。スーパーなど小売業でも、このトレンドに合わせた商品を展
開しているのではないでしょうか。今までの時代の様に、みんなが同じものを消
費する時代であれば、わかりやすい点もありましたが、これからの時代は、より
個人の好みにあった商品が求められてくると考えられます。そのために、イン
ターネットの流通が、今以上に盛んになってくるでしょう。インターネットも、
パソコンだけではなくて、携帯電話の市場も、これからは開拓されていくと思い
ます。携帯電話の普及率も、ほぼ国民全員が持つくらいになってきましたので、
この分野における動向は、日本の経済やライフスタイルにも、大きな影響を与え
ていくのではないか、そんな風に感じます。携帯電話でショッピングするのに、
まだ抵抗を感じている人もいますが、それも数年たつと変わっていく気がします。



国際ジャーナルで取材されました
国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 離党

7月27日の午後、テレビの情報番組では特集が組まれていました。
それは社民党の辻元清美衆議院議員が社民党離党に考えを大阪市内で
開かれた記者会見で表明したのです。
「無所属議員として流動的情勢の中で新たな挑戦に進みたい」とのこと
でした。

辻元さんは「今の日本の政治状況を見て政権交代を逆戻りさせてはなら
ない。野党で批判の急先鋒に立ってきたが、それだけで日本を変えることは
できないという思いが強くなった」と理由を説明したのです。
その様子もテレビで放送されていました。

社民党の政権離脱については「やむを得なかった。政治の場で筋を通す意義
を大切に思う」と話しましたが「政権の外に出ると、あらゆる政策実現が遠のく
ことも心配だった」とのことです。

沖縄基地問題については、これからも沖縄の方たちと力を合わせて頑張っていき
たいと話し、「現実との格闘から逃げずに仕事を具体的に前に進めていきたいと
の思いが強くなってきた」とのことです。
どのような考えを持っておられるのかは私には分からないのですが、私の中で
辻元さんというのははっきり物を言う女性だというイメージがあります。
これからも日本という国のために、日本という国を良くするために頑張っていた
だきたいですね。


ジャーナルライフ
国際ジャーナル|報道ニッポン|現代画報

国際ジャーナルと現代画報の特集記事 袴田さん、グラビアアイドルと結婚

俳優の袴田吉彦さん(37)といえば、なんとなく渋くてまっすぐなイメージが頭に浮かぶイケ面俳優さんですが、来月結婚することになったようです。お相手は、袴田さんより12歳下で、グラビアアイドルの中ではFカップということで有名でもある河中あいさん(25)だそう。お二人の挙式予定日は8月8日のようですよ。袴田さん、密かに巨乳好きだったのか、なんて思っちゃいますよね。ちなみに袴田さんは、来年1月スタートのNHK大河ドラマ「江(ごう)~姫たちの戦国~」の重要な役に出演が決定されたそうで、公私ともに順調ということですね~!袴田さん自身は、周りの人たちに「家庭を持つので、結婚を機により一層気を引き締めて仕事を頑張りたい」と離されていたそうですよ。袴田さんと河中さんが出会われたのは、約2年まえで、共有の友人たちとの食事会のときだったそうです。それ以降は、友達付き合いを続けていたようですが、袴田さんが次第に河中さんに惚れて行ったようですね。袴田さんが河中さんにいろいろ悩み事を相談するうちに恋人同士になったようで、お付き合いがスタートしたのは今年の春くらいからだそうですから、結婚は結構急に決まったという感じかな?1か月前に袴田さんがプロポーズしたそうで、それを河中さんが承諾したということらしいです。

opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルの願い

国際ジャーナルの対談取材 夏といえば・・・

夏といえば・・・

夏本番という暑さが続く今日このごろです。
夏といえば、やはり海でしょうか。砂浜にビーチ
ベットをひいて、パラソルの下に寝転がり、ビールを飲めば、
至福のひとときです。やはりおつまみはイカ焼き、お昼には焼
きそばをほおばりたいものです。東京に住む私としては、湘南
に江ノ島、御宿など海水浴場はたくさんあるのですが、どこも
混んでいて、行きの車の渋滞だけでへばってしまいます。この
間は少し足を伸ばして、伊豆の白浜海岸まで行ってきましたが
、帰りすごい渋滞で5時間も車の中にいました。暑いのは苦手
という人は、涼しいところに旅行に行くのもいいですね。現代
画報の表紙に札幌駅が載っていました。夏の北海道はいいです
よ、私も2回ほど夏に行ったことがあります。どこまでも続く
1本道をドライブするのは快感です。ラフティングで川を下る
のはびしょぬれになりますけども、夏には涼しくてちょうどい
い感じです。自然の風景がとってもすてきです。食べ物もおい
しいです。ウニ、アワビにホタテは夏でもおいしく食べられま
すし、野菜もおいしいですよね。じゃがバターだけで幸せにな
りますよ。国内旅行はまだまだ高いけど、がんばって今年も行
きたいなー。



経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内
国際ジャーナルを発見
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。