スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルの対談取材 産後鬱

日本テレビの女子アナで自殺して亡くなってしまった山本真純アナ、良いキャリアに幸せな結婚、出産ときて、どうして自殺してしまったのかということが騒がれていたのを覚えている方もいらっしゃるかと思います。その山本アナのお兄さんが、28日に、フジテレビ系情報番組の「とくダネ!」で、山本アナが実は5月にうつ病(産後うつ)だと診断されていたことを離されていましたよ。お兄さんが話されていたことによれば、山本アナはすべてにおいて自身がなく、すべて自分でやれてるのにやれていないと言っていて、絶望感が襲っていたそうです。もともとの山元アナは、自分でも心臓に毛が生えているといっていたくらい、明るくて芯が強く、信念を持った女性で、お兄さんは今でも山本アナが自殺したのが信じられないそうです。同僚など、まわりの評価も、同期の中では中心的な人で、幹事役を買って出たり、余裕があって、遊びも知っていて、スポーツもやり、うつ病になりやすい人には見えなかったとのこと。男女ともに人気で、友達がたくさんいる女性だったそうです。山本アナがかかってしまった「産後うつ」は、出産後の女性なら1割の方がかかるという病気で、山本アナ以外にも日テレの大杉君枝アナが男の子を出産して数カ月後に自殺、ハリウッドセレブのグウィネス・パルトローさんも、産後うつを患っていたそうですから、周りに出産直後の女性がいたら、いたわってあげたいですよね。

iceland.bex.jp
太陽光発電
スポンサーサイト

国際ジャーナルの対談取材 中川家剛、すい炎に

お笑い好きの人の中でも、「中川家の剛が好き」という方には、ちょっぴり心配なニュースがあります。なんでも、このところ体調不良ということで休養していた剛さんが、慢性すい炎からなる急性すい炎と診断されたそうで、約1ヶ月間の入院が必要となってしまったそうです。ちなみにこれが判明したのが、7月24日の夜、剛さんの所属事務所がFAXで発表したそうですから、今年の夏は療養の夏といった感じになっちゃいそうですね。ちなみに体調不良の原因究明のために、7月20日から東京都内の病院で入院し、精密検査を受けていたという剛さん、きっと悪いことばっかり頭によぎってしまったでしょうね~!剛さんは「誠に勝手ながらしばらくの間休養させていただくことになりました。元気になって、いち早く皆さまの前に戻ってこれればと思います」とコメントしているようですが、仕事復帰の時期はまだ未定のようですね。一応「医師の指導を仰ぎながら決定したい」と、剛さんの所属事務所は話しているようですよ。剛さんの元気な姿をテレビで見られるのは、今年の秋以降ということになりそうですね。ゆっくり静養して、また元気に復帰できるように、ファンの方も応援してあげてくださいね!

press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社
報道ニッポンを求めて

国際ジャーナルの対談取材 家電の買い替えの時期

家電の買い替えの時期はいつですか?良さ気な新商品を見つけたから?前から欲しくて貯金していた?それとも壊れて仕方なくですか?
我が家の場合、だいたい最後のパターンです。。あれーおかしいな調子悪いなと気づいてから騙し騙し使い続け、酷使した結果、ある日突然お亡くなりなる。まあ、ある日突然と思うのは自分だけで、家電のみなさんは日々悲鳴をあげてた訳ですが。
そんな調子で10年選手のボロ掃除機を使っていたら、今朝とうとう「ゴエーーーーーーーッ」とバイクのエンジンが高速回転するような音を出すではありませんか!ものすごい音に焦りつつも、どこがおかしいのかとアッチコッチ調べてみましたが、さーっぱり分かりません。。ただ、吸引力は衰えていないようなので、とりあえずゴエーゴエーと爆音を立てながら掃除してしまいました。いやー明日からどうしよう・・。給料日まであと少し、拭き掃除で乗り切るしかないようです。。炊飯器と洗濯機も怪しいんだけど・・。
だいたい、結婚して10年ともなると、一緒に嫁入りした家電たちも10年、その前から使っていた冷蔵庫なんかもう買ってから15年近いのです。ガタがきても仕方ない。夫婦関係にガタがきても・・まあ仕方ないです(おいおい)。
でも買い換える時に粗大ゴミを出すのは精神衛生上良くないですね。すごく悪いことをしている気分になります。10年使ったからいいや、じゃなくて、もっと大切にすればさらに5年10年お付き合いできるって思うようにしたいですね。



月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
iceland.bex.jp

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談取材 キャンピングカー内で焼き肉、父子がCO中毒死

この事件では、事件そのものの不可解さ、まず、親子で話をしてくると言って、焼肉の用意をして出かけるのも不自然な気がするが、これは無くはないかもしれない。しかし、何故、高速道路の駐車場内の車の中で焼肉をするのか? これはまず普通なら、しないであろう。2人は外傷もなく、車内の別々のベッドで倒れていたと言う。
ここで気になるのは、これが事件でなく、事故であるとしたら、窓が開いていても一酸化炭素中毒になる可能性があることになるので、もう少し、その危険性について、啓蒙をする必要が新聞社の使命としてあるのではないだろうか。日本ではキャンピンカーの普及率は低いが、キャンピングカーに限らず、狭い室内で同じような道具で料理を行うことはあるので、せめて常識の空気の流れを作るような窓の開け方以外の注意すべきポイントを、書いて欲しいものである。この親子に失礼ではありますが、もう少し知識があれば防げたかもしれない。
-----以下、読売新聞引用要約
先日、愛知県一宮市の名神高速尾張一宮パーキングエリア内の駐車場で、駐車中のキャンピングカー内で同県、保険代理業の父子が2人死亡しているのを県警高速隊員が見つけた。車内で練炭コンロを使って焼き肉を食べた跡があり、血中の一酸化炭素濃度が高かったことなどから、一宮署は一酸化炭素中毒で死亡したとみて調べている。車の窓の一部は開いていた。親子は、家族に「2人で話をしてくる」と言って、焼き肉など食事の材料を持って自宅を出たが当日夕方、夜になっても帰宅しないことから、家族が捜索願を小牧署に出していた。




needle.coresv.net
bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

現代画報社の現代画報の対談取材 お弁当文化

毎朝お弁当を作ってます。下の子も小学校にあがって給食があるので、四月からは旦那の分一つにまで減りました。正直毎日は面倒だけど、弁当が無い日はカップラーメンを食べると旦那に言われてしまっては、持たせないわけにはいきません。早死にしてもらっちゃマジ困る。。借金残ってますからね!(酷っ)まあ あんまり自慢できるような中身じゃないけども。夕飯の残りにちょっと手を加えたり、毎回玉子焼きが入ってるマンネリ弁当です。でも、国際ジャーナルで「日本人の国民性と知恵がぎゅっと詰まった“弁当”という文化」なんて記事が載ってると、こんなショボ弁当でも一応文化だよな!と自分を励ましたくなります。。文化と言えるような弁当・・そう、一度でいいから、懐石料理の老舗料亭の花見弁当を食べてみたいです。立派な漆のお重に、それこそ桜に負けないもう一つの花畑のように美しく詰められた、ウン万円はする超デラックスな花見弁当。毎日作っている弁当の対極にある晴れの日の弁当です。憧れちゃう。。
でもね、先日、小学校の遠足があったのですが、二人ともお弁当のおかずを細かくリクエストしてくれて、ちょっと母は嬉しかったですよ。幼稚園時代の定番好物メニューだったから。舌は覚えてるのですね。中学までにレパートリー増やしとかなくちゃ!



ハッピージャーナル | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
見聞国際通信社

現代画報社の現代画報の対談取材 掃除

掃除、しんどいです。いろんな汚れがしつこいです。日々の掃除の粗さに対して一人ツッコミを入れてる自分が悲しい。。毎日少しずつでも細かいところを掃除してれば、こんな大変な目に遭わずに済んだのに。。と
しかも昨日は障子の張替えをしたんです・・ううう・・今日一日中、体のアチコチが痛かった!特に腿の内側と外側!バッキンバッキンですわ。普段の生活で長時間しゃがんだりしないでしょ?身体がびっくりしてるのが分かる。。これを生業にしている職人さんは偉いよ、ホントに。2年前に替えたときもこんなに辛かっただろうかと自問自答しつつ、今度引っ越すことがあったら絶対に絶対に障子のある部屋は要らないと呪詛のように頭の中で
繰り返してました(痛)。でも、昔の家はもっと大変だったでしょうね~。全部屋障子張りとか・・考えただけでゾワーとします。現代画報で紹介しているような古民家には憧れるけど、障子だけは要らない・・。
お掃除大好き!って人が羨ましいです。自分は料理が好きなので、料理嫌いの人に羨ましがられますが、要するに同じことですね。みんな無いものねだりなのさ。そんでもって、どんなにコツを教えてもらっても身につかない・・。自分も人に料理のコツを教えるけど、基本がなってないから全然出来るようにならない、あと発想が無いですね。こうすれば簡単に出来るとか時間が短縮できるとか、塩を少し入れたら美味しくなるとか、そういうセンスみたいなのが、私は掃除に関してはゼロです。掃除下手はもうどうしようもないので(諦めるなよ・・)物を増やさないようにしてます。唯一の予防法。





経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルへの思い

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 6月22日、参院選公示

昨年夏の政権交代。それは、雑誌「現代画報」でも取り上げられていました。
そして政権交代後初の大型国政選挙が7月の参院選になるのではないでしょうか。
第22回参院選が6月24日に公示され、7月11日の投開票に向けて、各党は17日間の
選挙戦に突入ということになります。

各党が掲げている「マニフェスト」。これを投票の材料にする国民も多いでしょう。
17日間の選挙戦、お金をかけた選挙活動が行われるのでしょうか。
ポスター、選挙カー・・・。人によっては「ポスターはいらない」「選挙カーはいら
ない」という意見もあることでしょう。

まだ幼い子供を育てている母親からの立場で言うと、大変申し訳ないのですが選挙
カーでの活動は困るのです。それは、せっかく寝付いた我が子が選挙カーの声で目
を覚ましてしまうことがあるからなのです。
また受験勉強に追われている学生にとっても、つらい時期になるかもしれません。

今回の選挙、投票率はどうなるでしょうか。政治に対する信用が薄れているように
私は感じ取れるのです。選挙期間中に掲げたものは、選挙後も必ず実行してほしい
と思います。そうでなければ、国民は誰も信用しません。


tigers.ebb.jp
今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談記事 古民家を再生

 最近、京都など、古い町屋を改造して再生して住む、ということが多くなって
きましたね。

 町屋の水回り部分などを修理し、外国人向けの宿泊施設や、独身者の下宿など
になっているようです。
 京都だけではなく、商売で栄えた、という町屋はどこにでもあるもの。手を入
れてレストランにしてうるようなところ、たくさんあります。

 私が時々、1時間ほどかけてドライブにでかける町にも、江戸時代にできた呉
服屋をイタリアンレストランに改装しているお店があります。とてもいい雰囲気
です。
 こういった町屋はたいてい中庭が見えたりして、とてもいい風情です。
 
 各自治体なども町屋の保存に助成金などを出しているそうですね。町屋、とい
うと歴史の古いものでしか対象にならない、と思いがちですが、昭和のものも入
るのだそうですね。
 
 昭和にできた町屋に住む人で、維持をあきらめかけていたのが初めてそのこと
を知って、町屋に住み続けることが可能になったそうです。

 「現代画報」にも、「古民家再生」の記事がありました。
日本の家屋は、日本の四季、自然に対応したすぐれた建築です。

 特に湿気の多い日本の夏、風が抜けていく構造は日本家屋ならではでしょう。
是非、再生、維持してほしいものです。

 

 





trip.coresv.net
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年10月号のご案内 | 国際通信社

国際通信社グループの現代画報の対談記事 監督の評判。

私はそれほどスポーツに興味がない。しかし、さすがに昨日のW杯のデンマーク戦は夜中にも関わらず、奇声を上げてみてしまった。
監督の評判というのは大変なものだといつも思う。負けたらぼろくそに言われ、勝てば褒め称えられ、英雄にさえなる。今の岡田監督はまさにそれだ。負けたら解任などといわれ続け、自分でも自虐的なことを言って、また世間に叩かれた。しかし、W杯が始まって、予選で良い試合をすると、そんな悪い噂などは払拭され、あたかも日本の英雄とでも言わんばかりに新聞などでたたえられている。あまりの手のひらの返しように、苦笑してしまったほどだ。
努力をいくらしていても、報われなければ意味がないのだろうか。結果がすべてだ、とよく言われる。社会でもそうだ。仕事をいくらさぼっていても営業成績の良い営業マンは給料も良い。みんなそれに憧れる。どうやったら楽して儲かるかなどを必死で考える。しかし、本田選手をはじめ、今回の日本のメンバーは計り知れない努力をしている。岡田監督だって、我々が思う以上のプレッシャーの中で、作戦を練り、頭を使っているのだ。
勝てば何も言わせまい。そう思って、必死で努力しているのだろう。私も見習わなければいけない。たゆまぬ努力を惜しんではいけない。サッカーのニュースを見るたびにそう思う。

月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
国際ジャーナルとの巡り合い

国際通信社グループの現代画報の対談記事 ヌートリアと闘う人々

先日の新聞に、国の天然念仏の淡水魚・イタセンパラが卵を産み付ける二枚貝
の大量死が、大阪の淀川で相次いでいるということが載っていました。

数年前から住み着いた外来種でねずみの仲間の「ヌートリア」というものが食べて
いるらしいといいます。淀川でのイタセンパラ復活を目指して国などが昨年の秋に
始めた放流作戦に立ちはだかった思わぬ敵が出現しました。
諮問機関の「淀川環境委員会」は事態を重視して、駆除や囲いの設置などを検討
しているそうです。

この被害がわかったのは、イシガイ、トンガリササノハガイの2種類だそうです。
30年以上淀川の生物を観察している大阪市のある大学の教諭が、今年の3~4月
に複数回、本流脇のよどみで中身をえぐられた貝の死骸を多数見つけたそうです。
貝柱が残っていて、動物の食いちぎられた可能性が高いといいます。
教諭は2000年以降、体長50~70センチのヌートリアを本流脇のよどみで
何度も見ていて、事務所が河川敷に設置している観測カメラにも動き回るヌートリア
の様子が映っていたそうです。

動物相手では、対策を考えている人たちも頭を悩ませてしまうことでしょう。
しかし、国の天然記念物であるイタセンパラを守るため、二枚貝をぜひとも守って
いただきたいですね。


国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
ニッポンの夜明け

国際通信社グループの現代画報の対談記事 安心できる場所

現代画報7月号の巻頭特集は「もう一度“ゆとり教育”を見直そう」です。ゆとり教育ね~。ウチには小学生が二人居ますけど、一年生の授業内容はほとんど変わってません。覚える漢字が若干増えたぐらい。でも、三年生の算数は、来年の新学習指導要綱への移行を見据えて、学習範囲が一気に広がりました。いや、元に戻したのか?図形に二等辺三角形、正三角形、円、角、重さの単位、億の概念などなど・・これは一例ですが、ホント、どかーんと増やされた印象があります。がんばれ息子。
自分は受験戦争をくぐり抜けてきた世代なので、勉強の大切さも知っているし、勉強だけ出来ても世の中では通用しないことも知っているつもりです。だからこそ、「ゆとり教育」に対する不信感は強いです。子供は必死に勉強して欲しい。真剣に勉強をする時期は人生に何度もやってくるかもしれないけれど、スポンジが水を吸い込むように知識が身につくのはやはり十代の間なのではないかと思います。
ゆとり教育とは、心の有り方、心のゆとりについて教えるべきであって、ゆとりのある勉強ではないんですよねえ。。そう考えると、ガッコで心のゆとりなんて教えられるわけが無い。先生はやることが多くてテンパってますからね。じゃあ、家庭でってことになります。家庭が安心できる場所なら、それが一番でしょう。問題は家が荒れてる場合です。子供が安心できる場所をつくることが、本当のゆとり教育なのかもしれません。



今日見つけた報道通信社の報道ニッポンから発展して
仁の取材 報道通信社ブログ 現代画報は現代画報社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 一般家庭でとりくむ環境への対応



これからの日本では環境というテーマが重要になって きている気がします。こ
の環境については、企業だけではなくて一般家庭でも気にすることが必要です。
特に太陽光発電を一般家庭で導入すること が、これからの日本にとっては、新
しい産業を生み出すことにつながるかもしれません。まだまだ高価な太陽光発電
の仕組みですが、価格が安くな れば、もっと普及していくのでしょうか。一般
家庭に対する太陽光発電の動向については、国際ジャーナルでも深く取り上げて
もらいたいところで す。実際のところ、再生可能エネルギーである太陽光を直
接電気に変換し、発電時に全くCO2を排出しない、という仕組みは、とても環境
にやさしい発電方法ではないかと感じます。 家庭で電気を作るので、必然的に
購入する電気の量は少なくなり、光熱費を低く抑えることができます。まさに新
しい時代の新しい発電システムで はないかと思います。菅内閣も環境を新しい
成長産業としてとらえていると思いますから、これからは太陽光発電をより一般
的に見る機会がふえて くるのではないかと思います。資源の少ない日本にとっ
て、ちょっと楽しみなテーマではないかと思います。これからも環境の動向につ
いては注目 していきたいと思います。




cars.ebb.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2008年8月号のご案内 | 現代画報社 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki

国際通信社グループの現代画報の対談記事 術中にはまる

最近、お気に入りの皿を割ってしまい、凹んでます。。お気に入りの皿はスウェーデンのインテリアブランド・IKEAのものでした。めちゃくちゃ重宝してたのに~!やはり食器は美しさだけでなく、シンプルで使い勝手良くて、いつでも買えるものが良いのです(よく割る人間にとってはいつでも買えるって大事)。IKEAの商品は皿に限らず、全てがシンプルであり、価格へのチャレンジにあふれています。これで○○円?!とびっくりするようなクオリティとプライスは、IKEAの顔です。
先月の現代画報に「現代に生きる心と技 先人の足跡 イングヴァル・カンプラード」という記事が出ていて、この人って誰?と思ったら、IKEAの創業者でした。知らなかった。。確かにIKEAのビジネススタイルは日本人にとっては新鮮なものだし、魅力的ですよね。売り場を一通にする、大量の目玉商品を売り場のコーナーにしつらえる、商品は倉庫から直接客が持ち出すシステムにして、ラッピング無し、客に買い物袋を持参させて宅配サービスは有料にする、などの徹底したコストダウンの姿勢は、なかなか根性入ってるなあと思います。コストを抑えて、良いものを提供するということにこだわってる結果なんですよね~。倉庫はかなりうら寂しいけれど(苦笑)。あー 早く 食器を買いに行きたい!でもきっと食器だけじゃ済まない・・ソフトクリームも食べたいなあ。すっかりIKEAの術中にはまってます。。


yopの国際通信社
国際ジャーナル 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット

国際通信社グループの現代画報の対談記事 なんじゃこりゃ

テストマッチ4連敗と、直前はまったく期待されなかった日本代表チームの、F
IFAワールドカップ南アフリカ大会。

いざ始まると、開催国だった日韓大会以外で初めて、自力で決勝トーナメントに
進出する快挙をなしとげましたね。

私もあまり期待しなかったものの、予選リーグ初戦カメルーン戦からしっかり見
てしまいました。

オランダ戦も、優勝候補相手に、惜敗したとはいえ1点しか許さなかった戦いっ
ぷりでしたね。

トーナメント初戦のパラグアイ戦、本当に息詰まるような攻防戦で、今大会初の
PK戦まで持ち込み、サッカーに疎い人が見ても本当に見応えのある試合だった
と思います。

「チームワークの素晴らしさ」という言葉が、テレビ画面から滲んでくるようで
した。

その日本代表が帰国した際、関西国際空港に出迎えたファンの数はなんと約42
00人。これは、かつて同空港に韓流スターのペ・ヨンジュンさんが来日したと
きに出迎えたファンの数約3000人を超えたとか。

大会前に見送りにかけつけたファンの数は約30人とも40人とも言われており
、この熱狂ぶりには岡田監督もビックリ。「なんじゃこりゃ」という感想も飛び
出しました。

2010年3月号の現代画報の記事に「2010年FIFAワールドカップ、本当に開催でき
るのか?」とありましたが、日本にとっては大成功だったワールドカップと言え
るでしょうね。


shopping.coresv.com
経済情報誌 報道ニッポン 2008年11月号のご案内 | 報道通信社 wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています

国際通信社グループの現代画報の対談記事 水分補給は本当に大切であり重要

驚いた記事が、先日新聞に載っていました。
それは、水分を十分に取ることで認知症の進行を予防できる場合があると書かれて
いたのです。認知症に傾向や対策などで医療機関に相談される人も多いかもしれま
せん。医療に関する記事が、国際通信社から発行されている雑誌にも紹介されてい
たように思います。

高齢になると体内に保持できる水分が減るうえ、のどの渇きを覚える感覚が鈍るた
め、脱水を起こしやすいのです。ある大学院教授が「脱水症状になると全身の機能
が低下し、頭がぼうっとしたり、ひどければ意識障害が起きたりすることがある」と
説明しています。

標準な成人の場合、1日1500ミリリットルの水分が必要とされています。ある
認知症と診断された女性は1日3回の食事の際に計約700ミリリットルしか水分
を取っていなかったそうです。
家族や利用していたデイサービスでは、1日当たりの水分摂取量をチェックしながら
不足した場合はデザートに寒天ゼリーを加えたり、歩行器を使って散歩した後、また
のどが渇いた時に水分を取ったりして補うようにしたそうです。
すると、家族の話によると「話しかけたときの受け答え方が、以前に比べるとしっかり
した」ということなのです。デイサービスでも家庭でも水分を取ることを気をつけて
いるということなのですが、水分を取るというのは人間にとっては本当に大事なもの
なのだということが、この新聞記事で改めて理解できました。


bus.gob.jp
国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 報道通信社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています

国際通信社グループの現代画報の対談記事 日本の財政再建は実現可能なのか?

このところ、日本の財政再建についてはかなり注目を集めています。これからの
日本にとって財政再建は大きなテーマになってきているのかもしれません。国際
ジャーナルでも、この点については検討をしてほしいところです。財政健全化の
目標については世界的にどのようになっているのでしょうか。最近はギリシャで
の話題がニュースになっていますが、米欧諸国では、遅くとも3年後をメドに財
政赤字の比率をほぼ半減させる目標を掲げているそうです。これは実現可能な数
字なのでしょうか。金融危機による一時的な歳出増を減らせる米欧と日本の事情
は違うのでしょうか。日本でも消費税の税率アップが急に話題になってきまし
た。今まで日本は高水準の個人貯蓄で国債を円滑に消化してきましたが、この条
件が将来も続くかは誰にもわかりません。今の時点で債務残高がどんどんと10年
も増え続ける計画では、ちょっとあぶないのかもしれません。名目成長率が平均
1%台後半ですから、それほど大きな成長は望めません。高齢化に伴う社会保障
関係費の増加以外は政策的経費を抑制したとしても、10年後に大きく財源が足
りなくなるという計算もあります。どのように財政を立て直していくのか、これ
からの焦点になっていくと思います。




国際ジャーナル文芸批評
ペットジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報) 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 取材を受ける。

店を始めてから取材を受けることが多くなる。それまでは経験したことのないことであるから、緊張もするし、気も使う。しかし、多くのライターさんやカメラマンさんと接するうちに、いろいろなこともわかってくる。結構いい加減に書いているんだなぁと思うこともあったりする。逆にとても店に興味を持ってくださって、あれこれ聞いてくださる方も多い。全然違う話をしていた、ということもよくあることだ。それもまた出会いで、とても楽しい。
取材、というとなんだか気構えてしまうが、大切なのは店を愛する気持ちと人とのご縁を大切にすることだということに最近気づいた。社会人としては当たり前のことであるが、取材に来てくださった方にもお客様と同様のおもてなしをする。また、取材を終えたあとにきちんとお礼状などで感謝の気持ちを伝えること。
同じように自営業をしている人に聞くと、私の店はとても取材が多いそうだ。なぜかと聞かれたこともある。しかし私はただ普通におもてなしをしただけだと思っているので、返答のしようがなかった。まぁ、かといって、それがすぐに集客に繋がるとも限らず、相変わらずきつきつの生活ではあるのだが・・・。
雑誌などに出ることによって、少しでも人の心に残り、いつか機会があれば寄ってみようと思っていただけることを願ってやまない。取材の依頼があるたびに、そう思う。

nippon-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット wiki 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています

国際通信社グループの現代画報の対談記事 クィディッチショップ

ユニバーサル・スタジオ・オーランドがフロリダにオープンしたハリー・ポッタ
ーのテーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」(The Wizarding World of
Harry Potter)。

テーマパークで気になるのはなんといってもアトラクションですね。
ハリポタワールドのアトラクションは、「ハリー・ポッターと禁じられた旅(Ha
rry Potter and the Forbidden Journey)」「ヒッポグリフの飛行(Flight of
the Hippogriff)」「ドラゴン・チャレンジ(Dragon Challenge)」から構成さ
れるそうです。

ハリーが魔法使いの修業をするホグワーツ城もバッチリ建っており、作品に登場
するホグズミード村も再現されているそうですよ。

全作品を通じて、魔法界の花形スポーツ、クィディッチが登場しますが、主人公
ハリーはこのスポーツの中心選手。このクィディッチ用品が実際に変えるショッ
プもあるそうで、本当にワクワクしますね。ぜひ行きたい!と思ってしまいます


現代画報」の2010年5月号の記事に「魅力的なテーマパークのあり方とは?」
とありましたが、こちらは間違いなく近年では最高に楽しそうなテーマパークの
登場!と思ってしまいました。




nownews.bex.jp
経済情報誌 報道ニッポン 2008年9月号のご案内 | 報道通信社 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 経営者の為の異業種ネット 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。