スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル ツイッター

ツイッターが流行っているのは知っていた。友人もすでにずいぶん前からやっているし、実は私も登録している。
しかしいまいち使い勝手がわからないと思っていたところ今朝のとくだねで取り上げていた。発祥の地アメリカでは
オバマ大統領が使っていることに始まり、いろんなビジネスがツイッターで行われているそうだ。面白かったのは、
大学学生寮のランドリーで空いている洗濯機がいくつかということをツイッターで知らせるシステムを作った学生がいる
ということだった。日本でも多くの著名人が使っているのはもちろん、ユニクロのような大手企業や飲食店でもクーポン
をつけたりというように使われ始めているそうだ。140字しかつぶやけないと考えるか、140字も何かを不特定多数の
方に何かを伝えられると考えるか、使い方次第である。ちなみにmixiでもボイスという同様のサービスが始まっている。
ただしmixiではmixiにまず登録しているかどうかから始まるのでツイッターほど簡単ではない。今年の流行ものでかなり
騒がれたので、きっと登録者が増えているだろう。お得な情報も手に入れられて、独り言を聞いてもらえるなんて、便利な
サービスというべきか。早速私もつぶやいてみることにしよう。



評判のお店を取材 報道通信社
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内
報道ニッポンへの思い
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年7月号のご案内
現代画報への思い
経済情報誌 報道ニッポン 2009年1月号のご案内
報道ニッポンを発見
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際進のジャーナル
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルが発刊
ベンチャージャーナル
スポンサーサイト

国際ジャーナル 睡眠。

寝相で性格がわかるそうだ。大の字だと開放的で自分に自信があるとか、足を少し曲げて横向きで眠る人はバランス感覚があって、ストレスを感じすぎないなど。私はほとんどうつぶせである。目が覚めると息苦しい。眠るときは大の字なのに、なぜか朝起きるとうつぶせになっているのだ。ストレスなどを感じているときは確かにちいさく丸まって寝ていることが多い。
最近になってやたらと眠いのだが、寒いからなのか疲れているのか。眠りの重要性も最近とみに感じる。若いころは遅くまで起きていて、朝だらだらと眠っていても元気いっぱいだったが、最近はそんな寝方をしていまうと疲れが取れず、一日体調が悪くなってしまう。きちんと毎日同じ時間、同じ時間数眠るのが一番良いのだろうが、なかなかそうもいかない。
最近は三時間睡眠なども流行っているが、果たしてどうなのだろう。知り合いが挑戦してみたそうだが、やはり眠くなってしまって辛かったと言っていた。なれてくればそれもいいのだろうか。仕事で疲れ果てて睡眠3時間という経験はしていたことがあったが、包丁を持ったまま寝てしまったことが多々あった。やはり睡眠は大事である。
最近は眠る前にアロマランプをたいたり、穏やかな音楽を流したりしている。これはとても効果がある。朝しっかり起きて活動することができるのが何より効率が上がると思う。

現代画報 取材
評判
国際通信社 取材
国際ジャーナル 取材

国際ジャーナル どうしようもないとき

朝から嫌なことがあって、次々に何をやっても裏目に出る何もかもが上手くいかない日というのがあります。12星座占いで12位のアンラッキーな日です。今日はそんな日でした。で、そういうときは開き直ります。「今日はダメな一日だ。何をやっても無駄だから大人しくしていよう。何があっても仕方ないと諦めよう」と。腹が決まれば少々嫌なめにあっても、「ダメな日だから」と乗り切ることができるというわけです。でもまあ この消極的というか後ろ向きな心の持ちようで居られるのは、何も予定が無い時だけです。他人が関わってくるとすっかりテンパッてしまうので、最悪な日はどんどん酷い様相を呈してきます。一人で居てもどんどん悪くなるときはあるけども。
そんな、どうしようもないときを皆どうやってやり過ごしているのかなと思います。どうやって自分を取り戻すのかな?って。時間が流れてしまえば随分楽になるので、時間を潰すことが一番の近道かもしれません。そして、どうせなら、自分の好きなことで時間を埋めてしまいたいですよね。しんどいときは好きなものにも中々手が伸びないし、億劫になってしまいますが。。私は一番落ち込んでいた時期は、自分の好きなものに縋る余裕すらなかったです。何にもできなくて、ただただ時が過ぎてくれるのを待ってた感じ。DVで苦しんでいる人はきっとそうだと思う。国際ジャーナルで特集を組んでたのを読んで、ホロリとしたのは、何も言えずにうずくまっている被害者がどれだけ多いかということ。
どうしようもないときは。。音楽がいいなと思います。好きなアーティストはもちろんだけど、きれいな音楽は心を癒してくれるから。それに、音楽は時間的芸術なんですって。時間が運ぶ芸術。だから聞いてるうちに時間が経っていく。辛い時がどんどん流れていってくれます。どうしようもないときが過ぎたら、声を出さなきゃね。



国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判
国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判

国際通信社 チンパンジーと・・・

以前、雑誌「現代画報」には「動物」をテーマにした特集がいくつか紹介されていたように記憶
しています。

動物というのは数多くの種類がありますが、なかでも「チンパンジー」は、よくテレビや新聞で
も取り上げられるほどの能力をもった動物なのではないかと思うのです。

先日、ある新聞記事にもチンパンジーの記事が載っていました。
それはたった1個の遺伝子の違いが、チンパンジーにはない高度な言語能力を人間にもたらす大きな
原動力となった可能性があるというのです。これは、アメリカカリフォルニア大が明らかにしたそう
なのです。
この遺伝子は他の様々な遺伝子の働きを調節しているため、脳で言語能力をつかさどる部分の発達に
も影響するとみられるそうです。

なかなか理解できない言葉なのですが「FOXP2」という遺伝子なのだそうです。これに異常がみら
れると遺伝性の言語障害を引き起こすものなのだそうです。人間とチンパンジーは、この遺伝子で
作られるたんぱく質がアミノ酸2個分だけ異なるそうです。
人間の培養細胞で両者のFOXP2を働かせてみたところ、人間のFOXP2はチンパンジーのFOXP2に比べて
61個の遺伝子を活発化させ、逆に55個の遺伝子の働きを抑えたそうです。実際の脳組織でも働きの
違いを確認したそうです。
これらの遺伝子は、神経回路の構築などを通じて文法理解や発話の能力に影響するとみられている
そうです。

人間とチンパンジーと比較する機会がテレビや新聞ではよくあるかと思うのですが、実はほとんど
差のないものなのでしょうか。チンパンジーの行動などを見ていると人間に似ている部分も多くあ
るかと思います。今回の記事は私には非常に難しいものだったのですが、「言語能力」に惹かれて
記事を読んでいました。


国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
評判
フリーエリア
プロフィール

SEOjapan

Author:SEOjapan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。